サバイバルホラー『Chernobylite』開発チームによるチェルノブイリ旅行記が公開―DLC開発のため実地での素材集めに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

サバイバルホラー『Chernobylite』開発チームによるチェルノブイリ旅行記が公開―DLC開発のため実地での素材集めに

現在のチェルノブイリの様子をうかがい知ることができます。

ゲーム文化 その他
サバイバルホラー『Chernobylite』開発チームによるチェルノブイリ旅行記が公開―DLC開発のため実地での素材集めに
  • サバイバルホラー『Chernobylite』開発チームによるチェルノブイリ旅行記が公開―DLC開発のため実地での素材集めに
  • サバイバルホラー『Chernobylite』開発チームによるチェルノブイリ旅行記が公開―DLC開発のため実地での素材集めに
  • サバイバルホラー『Chernobylite』開発チームによるチェルノブイリ旅行記が公開―DLC開発のため実地での素材集めに
  • サバイバルホラー『Chernobylite』開発チームによるチェルノブイリ旅行記が公開―DLC開発のため実地での素材集めに
  • サバイバルホラー『Chernobylite』開発チームによるチェルノブイリ旅行記が公開―DLC開発のため実地での素材集めに

サバイバルホラー『Chernobylite』を手がけるThe Farm 51は、開発チームの近況を報告する「Weekly Report #99」内でチェルノブイリの訪問レポートを公開しました。

本作はチェルノブイリを舞台としたサバイバルホラーで、実際にチェルノブイリでスキャンした建物の3Dデータなどが開発に用いられています。今回の旅行も本作のDLC開発のための資料・素材集めを目的としたものだったとのこと。新型コロナウイルスの影響で旅行計画の中断を余儀なくされていたものの、規制が緩和されたタイミングで再び現地に足を運び様々な素材を集めることができたとしています。

レポートでは、以前の旅行でスキャンしゲーム内に既に用いられている場所などを再訪する様子や新たに訪れた場所で開発用の資料を収集する様子、ゲーム内で用いるための環境音収録の様子などを多くの写真と共に紹介。新たなロケーションとしてスーパーマーケットに目を付けたことやチェルノブイリの外の街並みも参考になることなどが語られたほか、帰国後に着手したという開発中コンテンツの画像も公開されています。その他、多くの画像を含んだレポート全文はこちらでご覧ください。

『Chernobylite』はPC(Steam/Epic Gamesストア/GOG.com)及び海外PS4/Xbox One向けに販売中。2022年第4四半期までに計5回の大型アップデート/DLC配信が予定されています。

《kamenoko》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ツイートから『DARK SOULS』アイテム説明風文章を生成するbotが登場―ゲムスパはどんな感じに?

    ツイートから『DARK SOULS』アイテム説明風文章を生成するbotが登場―ゲムスパはどんな感じに?

  2. ちょっとした発見がたくさん!『ストII』生みの親・西谷亮氏がTwitterにて(おそらく)ロケテスト時代の資料を公開

    ちょっとした発見がたくさん!『ストII』生みの親・西谷亮氏がTwitterにて(おそらく)ロケテスト時代の資料を公開

  3. ローグライク要素も含む武侠アクションRPG『Bloody Spell』正式リリース!

    ローグライク要素も含む武侠アクションRPG『Bloody Spell』正式リリース!

  4. e-Sportsチーム「ZETA DIVISION」がプロゲーマー・ta1yoさんの加入を発表―公式サイトでは本人からのコメントも

  5. 「彼が与えた影響を思い起こさせるのに相応しい」ユービーアイが故人のプレイヤー名を『レインボーシックス シージ』内に刻む

  6. 物議を醸した『ポケモン』ファンメイドFPSの映像が権利者の申し立てにより削除―ポケモンたちを銃撃する過激な内容

  7. 映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」日本語吹替版声優追加発表―ブライアン警察署長に堀内賢雄さん、バーキン博士は平田広明さん

  8. ドウェイン・ジョンソンが新たなゲーム原作映画を準備中―ファンの予想はクソコラ祭りに発展

  9. イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top