海外開発者が『モータルコンバット トリロジー』のHDリメイクを提案―スクリーンショットも披露 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外開発者が『モータルコンバット トリロジー』のHDリメイクを提案―スクリーンショットも披露

change.orgでは署名も募集。

ゲーム文化 レトロゲーム
海外開発者が『モータルコンバット トリロジー』のHDリメイクを提案―スクリーンショットも披露
  • 海外開発者が『モータルコンバット トリロジー』のHDリメイクを提案―スクリーンショットも披露
  • 海外開発者が『モータルコンバット トリロジー』のHDリメイクを提案―スクリーンショットも披露
  • 海外開発者が『モータルコンバット トリロジー』のHDリメイクを提案―スクリーンショットも披露
  • 海外開発者が『モータルコンバット トリロジー』のHDリメイクを提案―スクリーンショットも披露
HDリメイク版のスクリーンショット(DSOGamingより)

過去にクリエイターEd Boon氏の全面サポートを受けつつもIPを所有するWarner Bros.に却下されてしまったという、ファンが開発する初代『Mortal Kombatモータルコンバット)』のHDリメイクですが、本格的なデベロッパーに成長した開発チームは新たに1998年に発売された『Mortal Kombat Trilogy』のHDリメイクを提案しています。

『Mortal Kombat Trilogy』は初代『Mortal Kombat』から『Mortal Kombat II』『Mortal Kombat 3』『Ultimate Mortal Kombat 3』までのキャラクターがすべて登場する、言わば2D実写取り込み時代の集大成とも言える作品。国内で販売された最後の『Mortal Kombat』作品でもあります。

PlayStation版『Mortal Kombat Trilogy』

デベロッパーEyeballisticによれば『Mortal Kombat Trilogy』のHDリメイクではUnreal Engine 5を使用し、すべてのキャラクターやステージを詳細な3Dで再現。4K解像度と60fpsのゲームプレイを実現するとともに、現代的なシネマティックサウンドですべての音楽をリメイクするとのこと。もちろんフェイタリティやブルタリティ、フレンドシップやアニマリティなども再現します。

追加機能として標準的なオンラインマッチメイキングとワールドワイドのスコアボード搭載し、PC/PS5/Xbox Series X|S/ニンテンドースイッチを対象に39.99ドルでの発売を想定しているそうです。海外サイトDSOGamingではいくつかのスクリーンショットが公開され、オンライン署名サイトchange.orgではWarner Bros.に打診するための賛同者を募っています

現在は3Dで描かれる格闘ゲームとして人気の高い『Mortal Kombat』シリーズ(2022年でシリーズ生誕30周年)。2D時代の作品も怪しげな洋ゲーの味わいがあるので、モータリアンとしてはHDリメイクの実現を祈るばかりです。


《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ブランド名は“サカ・グッチ”?『FF』シリーズ生みの親・坂口博信氏が『FF14』で裁縫師としてアイテムをマーケットに出品

    ブランド名は“サカ・グッチ”?『FF』シリーズ生みの親・坂口博信氏が『FF14』で裁縫師としてアイテムをマーケットに出品

  2. 映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」日本語吹替版声優追加発表―ブライアン警察署長に堀内賢雄さん、バーキン博士は平田広明さん

    映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」日本語吹替版声優追加発表―ブライアン警察署長に堀内賢雄さん、バーキン博士は平田広明さん

  3. イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

    イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

  4. 西部開拓時代モチーフのサバイバルSLG『Above Snakes』Kickstarterキャンペーン開始!ゾンビと戦い、世界を広げながら生き残れ

  5. 『ペルソナ5』のクイーンとナビが立体化!手に取りやすい「POP UP PARADE」シリーズで予約受付開始

  6. 太ももが“すべ肌加工”でより眩しく!「ライザ」白水着フィギュア、1月21日予約開始

  7. 『クラフトピア』開発元の最新作『パルワールド』第2弾PV公開―不思議な生物「パル」と力を合わせて冒険や戦闘、工場労働も?

  8. 「ファミコン通信」創刊号から3号まで復刻の「復活!ファミコン通信」1月31日まで無料配信中

  9. もっとゲームに集中できる!?ゲーミングピーナッツバターが登場―メーカーは「頭がおかしくなったのでは?」と驚愕

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top