海外開発者が『モータルコンバット トリロジー』のHDリメイクを提案―スクリーンショットも披露 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外開発者が『モータルコンバット トリロジー』のHDリメイクを提案―スクリーンショットも披露

change.orgでは署名も募集。

ゲーム文化 レトロゲーム
海外開発者が『モータルコンバット トリロジー』のHDリメイクを提案―スクリーンショットも披露
  • 海外開発者が『モータルコンバット トリロジー』のHDリメイクを提案―スクリーンショットも披露
  • 海外開発者が『モータルコンバット トリロジー』のHDリメイクを提案―スクリーンショットも披露
  • 海外開発者が『モータルコンバット トリロジー』のHDリメイクを提案―スクリーンショットも披露
  • 海外開発者が『モータルコンバット トリロジー』のHDリメイクを提案―スクリーンショットも披露
HDリメイク版のスクリーンショット(DSOGamingより)

過去にクリエイターEd Boon氏の全面サポートを受けつつもIPを所有するWarner Bros.に却下されてしまったという、ファンが開発する初代『Mortal Kombatモータルコンバット)』のHDリメイクですが、本格的なデベロッパーに成長した開発チームは新たに1998年に発売された『Mortal Kombat Trilogy』のHDリメイクを提案しています。

『Mortal Kombat Trilogy』は初代『Mortal Kombat』から『Mortal Kombat II』『Mortal Kombat 3』『Ultimate Mortal Kombat 3』までのキャラクターがすべて登場する、言わば2D実写取り込み時代の集大成とも言える作品。国内で販売された最後の『Mortal Kombat』作品でもあります。

PlayStation版『Mortal Kombat Trilogy』

デベロッパーEyeballisticによれば『Mortal Kombat Trilogy』のHDリメイクではUnreal Engine 5を使用し、すべてのキャラクターやステージを詳細な3Dで再現。4K解像度と60fpsのゲームプレイを実現するとともに、現代的なシネマティックサウンドですべての音楽をリメイクするとのこと。もちろんフェイタリティやブルタリティ、フレンドシップやアニマリティなども再現します。

追加機能として標準的なオンラインマッチメイキングとワールドワイドのスコアボード搭載し、PC/PS5/Xbox Series X|S/ニンテンドースイッチを対象に39.99ドルでの発売を想定しているそうです。海外サイトDSOGamingではいくつかのスクリーンショットが公開され、オンライン署名サイトchange.orgではWarner Bros.に打診するための賛同者を募っています

現在は3Dで描かれる格闘ゲームとして人気の高い『Mortal Kombat』シリーズ(2022年でシリーズ生誕30周年)。2D時代の作品も怪しげな洋ゲーの味わいがあるので、モータリアンとしてはHDリメイクの実現を祈るばかりです。


《RIKUSYO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 基本プレイ無料の物理ベース車両構築ゲーム『Techblox』Steamページ公開!

    基本プレイ無料の物理ベース車両構築ゲーム『Techblox』Steamページ公開!

  2. 武侠スタイル2.5DピクセルRPG『Code Name: Wandering Sword』Steamページ公開

    武侠スタイル2.5DピクセルRPG『Code Name: Wandering Sword』Steamページ公開

  3. ゾンビ禍なのに出社強要上司、あなたのPCに美少女が迷い込むADVなど珍ゲーム続々!ゲムスパ注目インディーWavesその2【ILE2022】

    ゾンビ禍なのに出社強要上司、あなたのPCに美少女が迷い込むADVなど珍ゲーム続々!ゲムスパ注目インディーWavesその2【ILE2022】

  4. 名画の中へダイブ!ゴッホ作「星月夜」が『マインクラフト』で“立体的”な探索可能マップで再現

  5. 松本人志?や和田アキ子?、東ブクロまで登場する『龍が如く』実写パロディ!

  6. 基本プレイ無料WW2協力ゾンビFPS『Projekt Z』Kickstarterをキャンセル

  7. 感染禍の東京を描いた珈琲ゲーム、自分を古墳と思い込む男の子のADVに要注目―ゲムスパ注目インディーWavesその1【ILE2022】

  8. 小島監督も“感無量”の「LUDENS MASK」は5月末発売―気になる『デススト』続編はノーマン・リーダスが再言及

  9. 「ゆっくり茶番劇」ドワンゴが商標登録への4つのアクション発表―所属コミュニティーからは権利抹消申請の報告も

  10. この動き絶対見たことある! 現実の渋谷でオープンワールドゲームの動きを再現する超力作映像が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top