プロゲーマー2人が熊本で人の温かさに触れる!人情紀行番組「ストリートファイター×e-Travel熊本」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

プロゲーマー2人が熊本で人の温かさに触れる!人情紀行番組「ストリートファイター×e-Travel熊本」

熊本発のe-Sportsチーム「Saishunkan Sol 熊本」の一員として、「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021」に参加するネモ選手とShuto選手が旅バラエティに挑戦!「ほんなこつ楽しか旅だったばい。ふたっでたまがったよ!」の編集中本編の内容をご紹介します。

Game*Spark PR
プロゲーマー2人が熊本で人の温かさに触れる!人情紀行番組「ストリートファイター×e-Travel熊本」
  • プロゲーマー2人が熊本で人の温かさに触れる!人情紀行番組「ストリートファイター×e-Travel熊本」
  • プロゲーマー2人が熊本で人の温かさに触れる!人情紀行番組「ストリートファイター×e-Travel熊本」
  • プロゲーマー2人が熊本で人の温かさに触れる!人情紀行番組「ストリートファイター×e-Travel熊本」
  • プロゲーマー2人が熊本で人の温かさに触れる!人情紀行番組「ストリートファイター×e-Travel熊本」
  • プロゲーマー2人が熊本で人の温かさに触れる!人情紀行番組「ストリートファイター×e-Travel熊本」
  • プロゲーマー2人が熊本で人の温かさに触れる!人情紀行番組「ストリートファイター×e-Travel熊本」
  • プロゲーマー2人が熊本で人の温かさに触れる!人情紀行番組「ストリートファイター×e-Travel熊本」
  • プロゲーマー2人が熊本で人の温かさに触れる!人情紀行番組「ストリートファイター×e-Travel熊本」

誰もが知る格闘ゲームの金字塔『ストリートファイター』と、新しい時代のトラベル体験e-Travelのコラボレーション「ストリートファイター×e-Travel熊本」が実施されます。

e-Travelとは、JTBグループが取り組むデジタル上での非日常・ユニークな体験プログラムであり、令和時代の"デジタル空間だからこそ可能となった楽しい"トラベル体験を提供するプラットフォームです。特定の地域と、ゲーム・アニメ・映画などのサブカルチャーを掛け合わせ、デジタルコンテンツで地域の魅力を発信するというもの。これまでも複数のゲームタイトルと地域のコラボレーションを実施してきています。

今回の舞台は熊本県。熊本発のe-Sportsチーム「Saishunkan Sol 熊本」の一員として、「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021」に参加するネモ選手(ウェルプレイド・ライゼスト所属)とShuto選手(AXIZ所属)が、旅バラエティーを通じて同県の魅力に触れるというもの。そこで本稿では、12月4日(土)に配信される「ほんなこつ楽しか旅だったばい。ふたっでたまがったよ!(#ふたたま)」編集中の本編映像を視聴したレビューをお届けします。

観光では初めて熊本を訪れるふたりの案内人を務めるのは、熊本城おもてなし武将隊の加藤清正公。加藤清正は、熊本のシンボルとも言える熊本城を築城した、肥後熊本藩初代藩主です。2016年の震災から復活を遂げた熊本城の眼前から、ふたりの旅はスタートします。

移動中も撮影

1泊2日で様々な熊本の魅力に触れる番組がゆえに、移動中の車内でも撮影は行われます。加藤清正公から次々と繰り出されるご当地クイズにふたりが回答していきます。

直前の撮影で触れた話題や、移動中の景色から出題される問題の数々に対し、記憶をたどりながら回答している姿は早速新鮮でした。

大自然に触れる!球磨川ラフティング

ふたりがまず挑戦するアクティビティーは「球磨川(くまがわ)ラフティング」。熊本県南部に位置する人吉市は、城下町として栄え、ラフティングと人吉温泉が有名です。また、人吉市を流れる球磨川は日本三大急流のひとつでもあります。ラフティング初挑戦のふたりは、ボートの先頭に座って急流を感じるロデオ体験や、崖から川への飛び込みなど、大自然を直接感じるアクティビティに「普段では絶対経験しないこと」と、笑顔がこぼれます。

そしてその晩、加藤清正公とネモ選手、Shuto選手は、球磨川名物である鮎の塩焼きと、人吉の豊富な水源が育む米焼酎に舌鼓を打ちながら、少しシリアスに語らいます。ストリートファイターにかける思いや、e-Sportsの将来、そして開催中の「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021」への意気込みなどを、真剣な表情で語るふたりの眼差しはプロゲーマーらしい熱い思いに溢れ、加藤清正公との仲も近くなったようでした。

熊本城下で熊本名物に舌鼓

二日目は、熊本城のお隣にある複合観光施設「桜の馬場 城彩苑」からスタート。ここは熊本のお土産や名物を味わえるだけでなく、歴史や伝統を学ぶミュージアムまであり、熊本をこれでもかと堪能できます。ここでは「サラダちくわ探し対決!」を実施。熊本の新しい名物「サラダちくわ」を探せ!というものでしたが、サラダちくわそっちのけで熊本のお土産や、熊本の銘菓「誉の陣太鼓」をソフトクリームにした「陣太鼓ソフト」に夢中になるという展開に。無事サラダちくわは見つかるのか……?気になる結末は本編で確かめてください。

格ゲーの聖地でリアル対戦!

お腹が満たされたふたりが向かったのは、熊本で最も古い歴史を持つ「大江ゲームセンター」。昔ながらのゲームセンターの姿をそのまま残し、全国から遠征に訪れるプレイヤーがいるほどの人気店であり、格ゲーの聖地と呼ばれているようです。ここではネモ選手とShuto選手が対戦!その結末は如何に……!

Shuto選手は試合後、「オンライン対戦が多い昨今、向かい合って対戦するアーケードの良いところが味わえた」と感慨深く感想を語りました。

伝統工芸「肥後象嵌」に大会より緊張!?

肥後象嵌(ひごぞうがん)とは、金細工の刀の鍔(つば)や鉄砲を装飾する技術として産まれ、現代まで受け継がれてきた伝統技術です。ふたりと清正公は、装飾を打ち込む肥後象嵌体験に挑戦。少しのミスで大きく形が崩れてしまう繊細さに、「大会に出るよりも緊張した」とネモ選手。

ここでネモ選手とShuto選手が制作した肥後象嵌とふたりのサイン入り色紙が、視聴権を購入された抽選2名様へプレゼントされます。

2日間の旅を終えて

熊本を味わう2日間の旅を終えたふたりは、おもてなし精神や人の良さが、より良い体験を作り出してくれたと振り返りました。清正公は「検索すれば情報が出てくるが、そこにいる人達との味わいというのは、実際に訪れてみないとわからない、ふたりはそれを肌で感じてくれた」と満足げです。少しだけ情勢が落ち着いてきたこの頃、熊本へ足を運びたくなるような温かい人々との触れ合いと、日本各地にはまだまだ知らないことがたくさんあることに思いを馳せるような番組でした。

プロゲーマーとのコラボの取組は、ファッションやゲームデバイスなどは増えてきたもののまだ珍しく、このような施策はプロゲーマーの可能性を広げることになるかもしれません。

普段では見られないプロゲーマーの表情や、地域の人や現地ならではのアクティビティーとのふれあいは必見です!

熊本の魅力とネモ選手、Shuto選手のリアクションが楽しい「ほんなこつ楽しか旅だったばい。ふたっでたまがったよ!」は、12月4日(土)14時00分より配信(番組購入は同日23時59分まで)です。購入者にはオフショットを含めた、特典映像もプレゼントされます!さらに1月1日まではアーカイブ視聴も可能です。

また、特設サイトではユリアンとコーリンが登場する、ストリートファイター×e-Travel熊本限定グッズも販売されているだけでなく、映像本編でネモ選手とShuto選手が食した熊本産天然鮎と、くまモンのお土産セット、パッケージに熊本おもてなし武将隊が登場する、熊本銘菓3種詰め合わせギフトなどもお取り寄せできます。なお、グッズ・お取り寄せ品の販売は12月18日までなのでご注意を。


番組の購入や視聴・グッズ購入の詳細は公式サイトをご覧ください。

公式サイト:https://esportsport.jp/etrvl21_SF/

《Okano》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【毎週土曜はTwitter懸賞】“圧倒的に好評”の怪作ホラーカードゲーム『Inscryption』を1名にプレゼント!

    【毎週土曜はTwitter懸賞】“圧倒的に好評”の怪作ホラーカードゲーム『Inscryption』を1名にプレゼント!

  2. 『レインボーシックス エクストラクション』のアーキエンが近くに現れて明日倒しに行くことになるかもしれないので、我々編集部は教えを請うため埼玉の奥地へと向かった!

    『レインボーシックス エクストラクション』のアーキエンが近くに現れて明日倒しに行くことになるかもしれないので、我々編集部は教えを請うため埼玉の奥地へと向かった!

  3. 最新DLC配信の超王道RPG『キングダムズ オブ アマラー:リレコニング』で年末年始を堪能しよう!

    最新DLC配信の超王道RPG『キングダムズ オブ アマラー:リレコニング』で年末年始を堪能しよう!

  4. 冒険者必読!『ウィザードリィ外伝 五つの試練』簡易マニュアル

  5. ゲムスパ編集部が贈る!『バトルフィールド 2042』最強武器アワード!

  6. 『バトルフィールド 2042』の「ハザードゾーン」が楽しすぎる…沼にハマって抜け出せなくなったプレイヤーが贈る戦術指南!

  7. ぼくたち、わたしたちにはゲーミングPCが必要!小学生がゲーミングPCを買ってもらうための「おねだり攻略法」を考えて実践してみた

  8. 【特集】『初代プレステの名作/迷作ギャルゲー』7選―20年前の黄金期を振り返る

  9. 【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

  10. 【特集】クリア不能?『猛烈にムズいゲーム』10選

アクセスランキングをもっと見る

page top