駅や観覧車でのプレイにぴったり?「Steam Deck」パッケージが公開―「コンパニオンキューブ」の姿も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

駅や観覧車でのプレイにぴったり?「Steam Deck」パッケージが公開―「コンパニオンキューブ」の姿も

64GBと256GB向けのキャリーケースも公開。

ゲーム機 ハードウェア
駅や観覧車でのプレイにぴったり?「Steam Deck」パッケージが公開―「コンパニオンキューブ」の姿も
  • 駅や観覧車でのプレイにぴったり?「Steam Deck」パッケージが公開―「コンパニオンキューブ」の姿も
  • 駅や観覧車でのプレイにぴったり?「Steam Deck」パッケージが公開―「コンパニオンキューブ」の姿も
  • 駅や観覧車でのプレイにぴったり?「Steam Deck」パッケージが公開―「コンパニオンキューブ」の姿も
  • 駅や観覧車でのプレイにぴったり?「Steam Deck」パッケージが公開―「コンパニオンキューブ」の姿も
  • 駅や観覧車でのプレイにぴったり?「Steam Deck」パッケージが公開―「コンパニオンキューブ」の姿も

Valveは携帯型ゲーミングPC「Steam Deck」のパッケージを公開しました。

指示マークに「コンパニオンキューブ」の姿

2022年2月の出荷を予定している本ゲーム機。同社はSteamニュースにてパッケージと同梱品を公開しました。外見はありふれた箱に見えますが、荷扱いの指示マークの中には『Portal』に登場する「コンパニオンキューブ」の姿があります。箱を開けると、中には日本語を含めた様々な言語で駅や観覧車などのプレイできる環境が隙間なく記されています。

本ゲーム機以外の同梱品として、64GBと256GB向けのシンプルなデザインのキャリーケースも公開。また各地域に適した電源ケーブルも付属するとのことです。

「Steam Deck」の初期販売地域はアメリカ、カナダ、欧州連合、イギリスで、2022年2月に出荷開始予定です。


《三ツ矢》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る

    無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る

  2. 剣よ魔法よ鮮やかに―VR対応MMORPG『Zenith: The Last City』リリース日が決定

    剣よ魔法よ鮮やかに―VR対応MMORPG『Zenith: The Last City』リリース日が決定

  3. 「Steam Deck」待望のリリース日決定!しかし日本向けの予約は未定

    「Steam Deck」待望のリリース日決定!しかし日本向けの予約は未定

  4. PCへのデータ移動もラクラク!Steam Deckのクラウド機能がアップデートにより改善

  5. 時代を先取りしすぎ?任天堂が開発していたゲームボーイカラー向け無線通信アドオン「PageBoy」の存在が明らかに

  6. 卓を囲んでサイコロを振るVRTRPG『Demeo』がSteam/Oculus Quest向けに配信開始

  7. JRPGやアニメから影響受けた米国産異世界ものVRACT『剣の夢語』早期アクセス開始―二刀流の勇者として世界を救え

  8. 往年の傑作ハードに対応した『(GC/N64/SFC/NewFC用) HDMIコンバーター』発売

  9. 『Half-Life: Alyx』の新たな非VR化Modが登場―ゲーム全体をVRヘッドセット無しでプレイ可能に

  10. VRゾンビアクションADV『The Walking Dead: Saints & Sinners』が日本語に対応!

アクセスランキングをもっと見る

page top