『Escape from Tarkov』ワイプ実施!パッチ0.12.12登場後の注意したい新要素【タルコフ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Escape from Tarkov』ワイプ実施!パッチ0.12.12登場後の注意したい新要素【タルコフ】

『Escape from Tarkov』のパッチ0.12.12の新要素と注目すべきポイントをお届け。

PC Windows
『Escape from Tarkov』ワイプ実施!パッチ0.12.12登場後の注意したい新要素【タルコフ】
  • 『Escape from Tarkov』ワイプ実施!パッチ0.12.12登場後の注意したい新要素【タルコフ】
  • 『Escape from Tarkov』ワイプ実施!パッチ0.12.12登場後の注意したい新要素【タルコフ】
  • 『Escape from Tarkov』ワイプ実施!パッチ0.12.12登場後の注意したい新要素【タルコフ】

Battlestate Gamesが開発するハードコアシューター『Escape from Tarkov』。12月12日にパッチ0.12.12が適用され、ワイプが実施されました。今回も今までのワイプ時と同様に新要素が追加されていますので、まとめてお届けします。

  • 新マップLighthouseの追加

新マップ、Lighthouseが追加されました。Reserveと隣接しており、元USECのローグと呼ばれる新しいAIタイプが登場。彼らのテリトリーに入らない限りは、USECのプレイヤーには発砲せず、USECとBEARの混合チームであれば、警告なしに攻撃をしてきます。また、USECプレイヤーが攻撃した場合は次の数レイドは裏切り者として認識されます。

  • リアルな動作のための慣性が追加

歩きや横移動、走る、走っている最中の急な方向転換といった動作に慣性が適用されます。慣性の強さは装備の重さとStrengthのスキルレベルに依存し、Strengthレベルが0だった場合は0kgから、Eliteだった場合は10kgから計算され、最大で70kg(Strengthレベルが0時)まで増加します。

  • しゃがみと起き上がりの拡張

しゃがみと起き上がりのモーションが拡張され、動作にかかる時間は重量過多の度合いによって決定されます。これにより、消費されるスタミナ量が重量過多の度合いとスタンスバーの位置(どの程度高く立っているか)によって異なります。

  • 武器の動作不良の拡張

武器の動作不良が排莢不良、給弾不良、ボルトのジャムの3種類に増えました。新品の武器では動作不良は起きず、耐久値が93%以下の時に発生しますが、オーバーヒートによる発生は除きます。動作不良を治すためには、武器の確認をした上で、動作不良を治す必要があります。トラブルシューティングレベルがEliteだった場合は、武器の確認なしに治すことができます。

  • 武器のオーバーヒート要素の追加

弾薬を発射するたびに武器が熱くなります。どれだけ熱くなるかは弾薬、バレルといった熱に関係するパーツによって決められます。また冷却度合いも同じように決められています。どれだけ熱くなっているかはマズルを見てわかるようになっており、4段階で描写されます。

  • 弾薬の飛び方の変更

弾薬の飛び方が変更され、より直線的に飛ぶようになりました。弾薬のエネルギー量は距離によって決められ、速度が上がれば上がるほど、威力と貫通力が増加します。

  • ボイスチャットの追加

Push to Talkで使用可能なボイスチャット機能が追加されました。侮辱したり音楽を流したりといった不適切な使用方法をすることで、機能を無効にしたりBANをされる場合があります。また、連続して15秒以上使用できず、20秒あたり15秒間使用することができます。不適切な利用をしているプレイヤーをジェスチャーメニューから通報することもできます。ボイスチャットで話すことでScavが注意を向けるようにも変更されています。

  • 食べ物等の使用についての変更

食べ物をどの程度使用したかで使用時間が変わるようになり、バフやデバフは最大でも元の値までに制限されるようになりました。Metabolismのレベルにより、デバフに対する免疫や効果量に変化があります。

新マップのLighthouseは、ひとまずオフラインでプレイしてみたところ、場所によってはFPSがかなり落ち込むようで、従来のマップから比べるとかなり重めになっているよう。プレイヤーによってはプレイに支障が出る程度には落ち込む可能性もあるため、注意が必要だと感じました。また、慣性はワイプ直後の初期装備(16kg)でもかなり体が慣性で引っ張られる感触があり、少し違和感を感じます。プレイしていれば慣れるとは思いますが、戦闘時はよりバッグを一時的に捨てておくといった、身軽にするメリットは大きくなりそうです。

飲食についてもジュースで1だけ消費した時と残りの39を消費した時を比べてみましたが、1は口を付けてすぐ離すような感じで、残りを飲んだ時は従来の飲食のモーションといった時間のかかり方でした。Aquamariのような1回で消費しきれないアイテムの場合は、より実感できそうです。

『Escape from Tarkov』は現在ベータ版としてサービス中です。


《kuma》

kuma

作詞家/作編曲家/元Esports競技勢。FPS、アクションRPG、シミュレーター系が主食。ハードウェア・ソフトウェアレビュー、インタビューなどをやっています。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 初登場から10年以上…ついに完成版V1.0テスト開始の定番ゾンビサバイバル『7 Days to Die』フレンドとだけ一緒に遊びたい?専用サーバーの立て方をチェック!

    初登場から10年以上…ついに完成版V1.0テスト開始の定番ゾンビサバイバル『7 Days to Die』フレンドとだけ一緒に遊びたい?専用サーバーの立て方をチェック!

  2. 人気サバイバルホラー『7 Days to Die』V1.0テスト版開始!誰でも簡単な手順で参加可能、方法をチェックしよう【UPDATE】

    人気サバイバルホラー『7 Days to Die』V1.0テスト版開始!誰でも簡単な手順で参加可能、方法をチェックしよう【UPDATE】

  3. ついに正式版を迎える『7 Days to Die』1.0リリースノート公開!新たなキャラクリやセット装備、探索スポット、ランダム世界改善など超盛りだくさん

    ついに正式版を迎える『7 Days to Die』1.0リリースノート公開!新たなキャラクリやセット装備、探索スポット、ランダム世界改善など超盛りだくさん

  4. 6月28日午前2時より開催予定の「Seamサマーセール 2024」予告映像が公開!『パルワールド』『Manor Lords』『Supermarket Simulator』などがセールに

  5. 寄生を駆使してサバイバーの目を欺く新たなレイダー「ベビー」襲来!『ドラゴンボール ザ ブレイカーズ』シーズン6ローンチPV公開

  6. 七英雄「ロックブーケ」フィギュアの新画像がお披露目!『ロマサガ2 リベンジオブザセブン』限定版に同梱―魅力たっぷりな姿をチェック

  7. クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』ついに6月25日正式リリース!約12年の早期アクセス期間経て

  8. 自ら作り上げた城を防衛するタワーディフェンスRTS『Cataclismo カタクリズモ』ウィッシュリスト20万突破を報告―7月16日リリース予定

  9. 『Days Gone』続編の台本やアウトライン、マップ、コンセプトアートは全てある…あとはソニーの判断次第―クリエイター語る

  10. シンプルで奥深い冒険を繰り広げるWSC向けRPGのリマスター『Riviera~約束の地リヴィエラ~』操作性が更に向上したSteam版は7月17日発売!

アクセスランキングをもっと見る

page top