『ディアブロ』シリーズのアート集「ジ・アート・オブ・ディアブロ」発売―500点以上が厳選収録 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ディアブロ』シリーズのアート集「ジ・アート・オブ・ディアブロ」発売―500点以上が厳選収録

『ディアブロIII』を中心にシリーズのコンセプトアート含むラインナップとなっています。

ゲーム文化 ホビー・グッズ
『ディアブロ』シリーズのアート集「ジ・アート・オブ・ディアブロ」発売―500点以上が厳選収録
  • 『ディアブロ』シリーズのアート集「ジ・アート・オブ・ディアブロ」発売―500点以上が厳選収録
  • 『ディアブロ』シリーズのアート集「ジ・アート・オブ・ディアブロ」発売―500点以上が厳選収録
  • 『ディアブロ』シリーズのアート集「ジ・アート・オブ・ディアブロ」発売―500点以上が厳選収録
  • 『ディアブロ』シリーズのアート集「ジ・アート・オブ・ディアブロ」発売―500点以上が厳選収録

誠文堂新光社の翻訳レーベルG-NOVELSは、「ジ・アート・オブ・ディアブロThe Art of Diablo)」を発売しました。

本書は『ディアブロ』シリーズのアート集を翻訳したもので、『ディアブロIII』を中心に『ディアブロ』『ディアブロII』『ディアブロIV』のアートが厳選して収録されています。

コンセプトアートも含むというその内容は総計500点以上となっており、ファン必携の一冊であるとされています。

「ジ・アート・オブ・ディアブロ」はAmazonなどで4,950円で発売中です。

《いわし》
いわし

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「まるで実写のようだ」を超える真のリアル…!本当に“実写”を使ってしまったアドベンチャーゲーム3選

    「まるで実写のようだ」を超える真のリアル…!本当に“実写”を使ってしまったアドベンチャーゲーム3選

  2. 最大4人でのCo-opにも対応したスタイリッシュ煉獄FPS『PERISH』配信!日本語も収録

    最大4人でのCo-opにも対応したスタイリッシュ煉獄FPS『PERISH』配信!日本語も収録

  3. 主張強すぎ!?『バイオハザード RE:4』の“雨”に心配する人続出―『GTA:トリロジー』を思い出す人も

    主張強すぎ!?『バイオハザード RE:4』の“雨”に心配する人続出―『GTA:トリロジー』を思い出す人も

  4. 『Apex Legends』国際大会ALGSでコーチの“イス”に注目集まる―ただのパイプイスが、ほんのちょっとだけ良いイスになった

  5. 『シヴィライゼーション VI』自分の都市を作らずゲームに勝利する海外ストリーマー現る!公式Twitterからも称賛の声

  6. 『ドラゴンエイジ:インクイジション』の馬、サボっていた…同作の乗馬に隠された罪を開発者がネタばらし

  7. ドラマ版「The Last of Us」ビル役俳優が原作をプレイしない理由とは―約25年前最後に楽しんだのは『バンジョーとカズーイ』

  8. 水没都市でのんびり屋上生活を楽しむ『I Am Future』デモ版公開!

  9. 『ドンキーコング』ギネス世界記録保持者のビリー・ミッチェルに新たな不正の疑い?「オリジナルと異なるレバーで操作を有利にしている」との指摘

  10. 『NASCAR 2005』からヒントを得たリアル“壁走り”NASCARが正式に禁止―危険行為として認定

アクセスランキングをもっと見る

page top