『ストリートファイター』主人公・リュウ、開発当初は名前が違った!当時の企画書から明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ストリートファイター』主人公・リュウ、開発当初は名前が違った!当時の企画書から明らかに

『ストリートファイター』開発当時の企画書が公開。主人公・リュウの名前が今とは異なります。

ゲーム文化 カルチャー
『ストリートファイター』主人公・リュウ、開発当初は名前が違った!当時の企画書から明らかに
  • 『ストリートファイター』主人公・リュウ、開発当初は名前が違った!当時の企画書から明らかに
  • 『ストリートファイター』主人公・リュウ、開発当初は名前が違った!当時の企画書から明らかに

対戦格闘ゲーム『ストリートファイター』の主人公・リュウ。彼の名前が企画書段階では「隆一」だったと判明しました。

これは、カプコンのアートワークチーム公式アカウント(@CAPCOM_AWT)で公開された、開発当時の企画書から明らかになったもの。STORYの項目にて、「隆一は空手、拳法、カンフーを身につけた格闘技の天才である~~」と記載されています。

今でこそ一般的になった「リュウ」ですが、この表記は『ストリートファイターII』からのもの。第1作目では「隆(リュウ)」と表記されていました(ちなみに、ケンは「拳」でした)。

企画書段階では、ここに「一」をつけた「隆一」だった模様。語呂を意識したのか?ケンと同じく一息で言える名前を目指したのか?結果的に「一」は取られ、現在の表記につながる「隆」となったようです。

なお、リュウの名前は『ストリートファイター』のディレクター・西山隆志氏が由来。元カプコンの安田朗(あきまん)氏は「西山さんの部署で作ったゲームの主人公は西山さんの名前をとってリュウという名前になるのが決まりっぽかったです。ブレスオブファイア、無頼拳、戦いの挽歌、ストライダー飛竜はその亜種デスネおそらく」と、2010年にTwitterで言っています。今回の「隆一」も、もともとは亜種的な名前として付けられていたのかもしれません。

リュウにまつわる意外な事実が明らかとなった本企画書は、2月10日~3月27日に開催される「俺より強いやつらの世界展(渋谷会場)」で展示されます。肉筆で書かれた生原稿には、操作説明やボーナスステージなどの初期設定も記載。貴重な資料を生で見たい方は、開催概要をチェックしておきましょう。

《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ツイートから『DARK SOULS』アイテム説明風文章を生成するbotが登場―ゲムスパはどんな感じに?

    ツイートから『DARK SOULS』アイテム説明風文章を生成するbotが登場―ゲムスパはどんな感じに?

  2. ちょっとした発見がたくさん!『ストII』生みの親・西谷亮氏がTwitterにて(おそらく)ロケテスト時代の資料を公開

    ちょっとした発見がたくさん!『ストII』生みの親・西谷亮氏がTwitterにて(おそらく)ロケテスト時代の資料を公開

  3. ローグライク要素も含む武侠アクションRPG『Bloody Spell』正式リリース!

    ローグライク要素も含む武侠アクションRPG『Bloody Spell』正式リリース!

  4. e-Sportsチーム「ZETA DIVISION」がプロゲーマー・ta1yoさんの加入を発表―公式サイトでは本人からのコメントも

  5. 「彼が与えた影響を思い起こさせるのに相応しい」ユービーアイが故人のプレイヤー名を『レインボーシックス シージ』内に刻む

  6. 映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」日本語吹替版声優追加発表―ブライアン警察署長に堀内賢雄さん、バーキン博士は平田広明さん

  7. 物議を醸した『ポケモン』ファンメイドFPSの映像が権利者の申し立てにより削除―ポケモンたちを銃撃する過激な内容

  8. 映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」国内公開日が2022年1月28日に決定!新たな国内向け予告映像も

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

アクセスランキングをもっと見る

page top