「NFTが好きなわけではない」VALORANT公式が「キルジョイ」について釈明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「NFTが好きなわけではない」VALORANT公式が「キルジョイ」について釈明

「キルジョイはプログラミングが好きだから機械生成されたアートを紹介したかっただけ」とのことです。

ゲーム文化 カルチャー
「NFTが好きなわけではない」VALORANT公式が「キルジョイ」について釈明
  • 「NFTが好きなわけではない」VALORANT公式が「キルジョイ」について釈明
  • 「NFTが好きなわけではない」VALORANT公式が「キルジョイ」について釈明

VALORANT公式Twitterは、オンラインタクティカルシューター『VALORANT』の「キルジョイ」をテーマにしたTwitter企画に関して釈明しました。

「キルジョイ」とは2020年にリリースされた『VALORANT』のエージェントであり、ドイツ出身で天才的な発明家というキャラクターです。2022年1月26日から、VALORANT公式Twitterアカウントは「キルジョイとベルリンでの一日」と題された企画をTwitterにて開催。同Twitterアカウントにて、「キルジョイ」がベルリンの様々なスポットを楽しむ一連のツイートが投稿されました。

VALORANT公式は、企画内で写真に「@martinhouraからお気に入り(Lieblingsstück von @martinhoura)」の一文を添えたツイートを投稿。一部のユーザーから、「写真内のアートはMartin Houra氏がNFTとして販売しているものではないか?」との指摘の声が上がりました。

最終的に、「キルジョイ」がNFTアートを楽しんでいることに強い嫌悪感を表明するファンも出現。VALORANT公式は反響を受け該当ツイートを削除して釈明しました。ツイートによると「キルジョイはプログラミングが好きだから機械生成されたアートを紹介したかっただけ」であり、「NFTが好きなわけではない」としています。

なお、執筆時点でMartin Houra氏はこの件に関して反応は示していません。

《ケシノ》
【注目の記事】[PR]

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』第9回「CRカップ」の開催が6月4日に延期-カスタムマッチの「エラー落ち」が改善されないため

    『Apex Legends』第9回「CRカップ」の開催が6月4日に延期-カスタムマッチの「エラー落ち」が改善されないため

  2. 波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

    波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

  3. 小島監督も“感無量”の「LUDENS MASK」は5月末発売―気になる『デススト』続編はノーマン・リーダスが再言及

    小島監督も“感無量”の「LUDENS MASK」は5月末発売―気になる『デススト』続編はノーマン・リーダスが再言及

  4. これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

  5. 『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

  6. ゆったり養蜂シミュレーション『APICO』配信開始! ハチの繁殖や保護を体験

  7. 2人のゲームクリエイターの物語描く『GOODBYE WORLD』2ndトレイラー公開!

  8. 世界中で愛される「アストロ」が“ねんどろいど”でフィギュア化発表

  9. 天の川銀河の中心へ!『マインクラフト』驚愕のブラックホール再現が公開―過去には中性子星なども作成

  10. 迷い込んだのは毎日構造が変わる不思議な塔?『常世ノ塔』Steam/スイッチで6月2日に正式リリース【INDIE Live Expo 2022】

アクセスランキングをもっと見る

page top