「NFTが好きなわけではない」VALORANT公式が「キルジョイ」について釈明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「NFTが好きなわけではない」VALORANT公式が「キルジョイ」について釈明

「キルジョイはプログラミングが好きだから機械生成されたアートを紹介したかっただけ」とのことです。

ゲーム文化 カルチャー
「NFTが好きなわけではない」VALORANT公式が「キルジョイ」について釈明
  • 「NFTが好きなわけではない」VALORANT公式が「キルジョイ」について釈明
  • 「NFTが好きなわけではない」VALORANT公式が「キルジョイ」について釈明

VALORANT公式Twitterは、オンラインタクティカルシューター『VALORANT』の「キルジョイ」をテーマにしたTwitter企画に関して釈明しました。

「キルジョイ」とは2020年にリリースされた『VALORANT』のエージェントであり、ドイツ出身で天才的な発明家というキャラクターです。2022年1月26日から、VALORANT公式Twitterアカウントは「キルジョイとベルリンでの一日」と題された企画をTwitterにて開催。同Twitterアカウントにて、「キルジョイ」がベルリンの様々なスポットを楽しむ一連のツイートが投稿されました。

VALORANT公式は、企画内で写真に「@martinhouraからお気に入り(Lieblingsstück von @martinhoura)」の一文を添えたツイートを投稿。一部のユーザーから、「写真内のアートはMartin Houra氏がNFTとして販売しているものではないか?」との指摘の声が上がりました。

最終的に、「キルジョイ」がNFTアートを楽しんでいることに強い嫌悪感を表明するファンも出現。VALORANT公式は反響を受け該当ツイートを削除して釈明しました。ツイートによると「キルジョイはプログラミングが好きだから機械生成されたアートを紹介したかっただけ」であり、「NFTが好きなわけではない」としています。

なお、執筆時点でMartin Houra氏はこの件に関して反応は示していません。

《ケシノ》
ケシノ

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

【注目の記事】[PR]

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【G-STAR 2022】公式コスプレイヤー撮影会に振り切った『NIKKE』が大盛況!アリス、ラピ、ネオン、プリムら揃い踏み【写真69枚】

    【G-STAR 2022】公式コスプレイヤー撮影会に振り切った『NIKKE』が大盛況!アリス、ラピ、ネオン、プリムら揃い踏み【写真69枚】

  2. 【G-STAR 2022】『NIKKE』アリスの公式コスプレイヤーの笑顔が最高に愛らしい【写真18枚】

    【G-STAR 2022】『NIKKE』アリスの公式コスプレイヤーの笑顔が最高に愛らしい【写真18枚】

  3. 『R-TYPE FINAL 2』PLUM1/100「R-9Aアロー・ヘッド」レビュー!フォースと合体したR-9Aはボリューム満点だった【特集】

    『R-TYPE FINAL 2』PLUM1/100「R-9Aアロー・ヘッド」レビュー!フォースと合体したR-9Aはボリューム満点だった【特集】

  4. メガドライブ向け新作シューティングを古代祐三氏が開発中!完全オリジナル作品

  5. 【コスプレ】「ならば、全てがまだ美しいうちに止めましょう…このまま…永遠へと。」注目レイヤー・猫野にゃろの雷電将軍コスに注目!【写真9枚】

  6. 「最近Steamの新作ゲーム減ったよね」そんな貴方は検索に要注意?強制的に日本語対応ゲームしか表示されないアップデートが実施。ただし簡単に回避可能

  7. 【G-STAR 2022】『NIKKE』ラピのコスプレイヤーはクールビューティー!抜群のポージングで魅せる【写真14枚】

  8. ほぼ原形なし!『スカイリム』をイカしたバスケゲームに塗り替えるトンデモModを知っているか

  9. 原作以上にサイバーパンク!?な話題アニメ『サイバーパンク エッジランナーズ』配信記念コスプレまとめ【写真24枚】

  10. 今度のAIはチャットが流行る!?日本語対応で自然な回答が可能な「ChatGPT」に色々聞いてみた

アクセスランキングをもっと見る

page top