真夜中の泥棒は隣の店からこんにちは!?海外カードショップで25万ドル相当のポケモンカード盗まれる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

真夜中の泥棒は隣の店からこんにちは!?海外カードショップで25万ドル相当のポケモンカード盗まれる

犯人は隣店の壁に穴を開けて店舗に侵入した。

ゲーム文化 カルチャー
真夜中の泥棒は隣の店からこんにちは!?海外カードショップで25万ドル相当のポケモンカード盗まれる
  • 真夜中の泥棒は隣の店からこんにちは!?海外カードショップで25万ドル相当のポケモンカード盗まれる
  • 真夜中の泥棒は隣の店からこんにちは!?海外カードショップで25万ドル相当のポケモンカード盗まれる

2月10日夜中、25万ドル相当のポケモンカードと現金が盗まれる事件が発生しました。

この事件を報ずる海外メディアKARE 11によれば、舞台となったのは米ミネソタ州にある、ビデオゲームや貴重なトレーディングカードの買い取り、販売店「Punch Out Gaming」。

そして驚くべきはその手口でしょう。監視カメラにはカードを盗み出した犯人が、真夜中、なんと隣店の壁に穴を開け、そこから店舗の倉庫に侵入し、2時間をかけてポケモンカードを盗む様子が映しだされていました。

店舗が公開した犯人の画像

今回盗難にあった、「ポケモンカードゲーム」は継続して需要がある人気トレーディングカードゲーム。先日もオークションなどで超高額パックのやり取りがされるなど、人気のある商品でした。

経営者のジェイソン・ピーターソン氏は監視カメラの映像を見て、KARE 11の取材に対し「何年も必死に働いて築き上げたものを奪われるのを見ていることしかできない」と落胆したコメントを残しています。

しかし、ジェイソン氏に訪れたのは不幸だけではなかったようです。同地域で長年営業を続けていた「Punch Out Gaming」には地域のポケモンファンたちからの有形・無形の温かい支援が行われているとのこと。犯人が捕まるかは未知数ですが、同店の将来が明るいことを願いたいものですね。


《DH》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

    ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

  2. 最大4人での協力プレイも可能な街づくり&ライフシム『Go-Go Town!』早期アクセス開始!

    最大4人での協力プレイも可能な街づくり&ライフシム『Go-Go Town!』早期アクセス開始!

  3. ポータル使いが密室からの脱出賭けて騙し合い!『Baba Is You』作者の最新ボードゲーム『Porti』無料公開

    ポータル使いが密室からの脱出賭けて騙し合い!『Baba Is You』作者の最新ボードゲーム『Porti』無料公開

  4. ドワーフがメックに乗って探検!オープンワールドサバイバルARPG『First Dwarf』Steamで早期アクセス開始

  5. 動物たちの乱闘ACT『Party Animals』日本初公式POP UP STOREが6月26日より東京ソラマチで開催!

  6. 「Nintendo Direct 2024.6.18」ピーク視聴者数が126万超え―「ゼルダ姫」主役の新作や約9年振り『マリオ&ルイージRPG』など意外な内容に

  7. プレイヤーの言動に応じて生成AI技術が幽霊の行動を管理!Co-opホラー『Bureau of Contacts』近日早期アクセス開始

  8. 「Steamフレンドの最長オフライン記録はどのくらい?」何気ない質問が浮き彫りにする…オンラインの友人との「別れ」に向き合う人々の姿

  9. 『エルデンリング』原作のギャグ漫画が「DLC休載」へ…「皆さんと同じようにとても楽しみにしています」

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top