「Steam Deck」サプライチェーン問題はまだまだ続く見通し―Valve担当者は増産の方針を明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「Steam Deck」サプライチェーン問題はまだまだ続く見通し―Valve担当者は増産の方針を明らかに

なお、依然と日本向けリリースは未定のまま…。

ゲーム機 ハードウェア
「Steam Deck」サプライチェーン問題はまだまだ続く見通し―Valve担当者は増産の方針を明らかに
  • 「Steam Deck」サプライチェーン問題はまだまだ続く見通し―Valve担当者は増産の方針を明らかに
  • 「Steam Deck」サプライチェーン問題はまだまだ続く見通し―Valve担当者は増産の方針を明らかに
  • 「Steam Deck」サプライチェーン問題はまだまだ続く見通し―Valve担当者は増産の方針を明らかに

海外メディアGamesRadar+によるインタビューにて、Valveの「Steam Deck」出荷担当者であるローアンス・ヤン氏とデザイナーのグレッグ・コーナー氏は、同デバイスの供給不足について語りました。

「Steam Deck」とは、Valveが開発・発売する携帯ゲーミングPCです。去年には材料不足から出荷延期が発表され、リリース日が決まった後も日本を含めた一部地域では、未だに予約開始の見通しが付いていない状況が続いています。

ヤン氏いわく、Valveがハードウェアやソフトウェアを出荷するのは今回が初めてではないものの、昨今のポータブルPCの需要に対し「(製品を)十分に作ることは難しい」とコメント。コーナー氏も続けて「初日に供給できるデバイス数よりも需要が圧倒的に多い」としながらも、しばらくはデバイスの生産数を増やすことに注力する方針を明らかにしました。

また同時期に行われたインタビューでは、「Steam Deckを多世代に向けたカテゴリとして捉えている」として、Valveは同デバイスを一発屋で終わらせるつもりはないことがコーナー氏により語られています。


《ケシノ》
ケシノ

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 日本語主題歌も! 懐かしアニメ風サイバーパンクVRシューター『<RUNNER>』配信開始

    日本語主題歌も! 懐かしアニメ風サイバーパンクVRシューター『<RUNNER>』配信開始

  2. 「Steam Deck」増産は順調!海外向けに予約無しでの販売が開始―公式ドッキングステーションも海外で出荷スタート

    「Steam Deck」増産は順調!海外向けに予約無しでの販売が開始―公式ドッキングステーションも海外で出荷スタート

  3. オールインワンVRヘッドセット「PICO4」49,000円から予約開始!VR難民の救世主となるか

    オールインワンVRヘッドセット「PICO4」49,000円から予約開始!VR難民の救世主となるか

  4. VRに救世主?ハードとコスパが魅力の「Pico Neo3 Link」はQuest2の代替になるか?

  5. 非Steamゲームの実行やマルチブートも可能!携帯ゲーム機「Steam Deck」Q&Aページ公開

  6. PS VR2の驚くほど深い没入感を紹介する新映像公開―『Firewall Ultra』『Horizon Call of the Mountain』などのゲーム映像も

  7. VR物理アクション実験室『BONELAB』発表! あらゆるものが想像通りに反応

  8. VRコントローラーがロボットの操縦桿に!VR向けメカアクション『ARMS DOLL』配信開始

  9. 「PS VR2」VR非対応ゲームを仮想空間の巨大画面で遊べる!VRで遊ぶ自分の姿を配信する等新機能や新仕様が紹介

  10. 「メガドライブミニ2」『アウトラン』『ふしぎの海のナディア』など第2弾収録タイトル公開―「サイバースティック」同時発売も決定

アクセスランキングをもっと見る

page top