容量100GB超えの『Microsoft Flight Simulator』ついにクラウド経由でスマホ・旧世代機によるプレイが可能に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

容量100GB超えの『Microsoft Flight Simulator』ついにクラウド経由でスマホ・旧世代機によるプレイが可能に

容量100GB超えのハードルが高い作品でした。

クラウドゲーム Xbox Cloud Gaming
容量100GB超えの『Microsoft Flight Simulator』ついにクラウド経由でスマホ・旧世代機によるプレイが可能に
  • 容量100GB超えの『Microsoft Flight Simulator』ついにクラウド経由でスマホ・旧世代機によるプレイが可能に
  • 容量100GB超えの『Microsoft Flight Simulator』ついにクラウド経由でスマホ・旧世代機によるプレイが可能に

マイクロソフトは、リアルなフライトシム『Microsoft Flight Simulator』の提供をXbox Cloud Gaming向けに開始しました。

本作はマイクロソフト独自技術によってまるごと再現された地球を舞台に、さまざまな機体で飛行できるフライトシミュレーターです。プレイ中はクラウドサーバーからマップデータがストリーミングされ、地形変化や天候データなども現実に近い状態でゲーム内に反映されます。

そんな壮大な作品ということもあり、コンソール版は次世代機であるXbox Series X|Sのみのリリース。PC版は100GB以上の空き容量が必要であり、物理ディスクは日本でもズーより販売されていますが、DVD10枚組という驚きの構成となっています。初回ダウンロードに時間がかかることも報告されており、プレイまでのハードルが高い作品でした。

しかし今回ついにXbox Cloud Gaming向けに提供が開始され、スペックの高くないPCやスマートフォン、旧世代機であるXbox Oneでもクラウドを通じてプレイできるようになりました。最大1080p/30fpsでのプレイとなります。

『Microsoft Flight Simulator』は、PC(Steam/Microsoft Store)/Xbox Series X|S/Xbox Cloud Gaming向けに配信中。Xbox Cloud GamingはXbox Game Pass Ultimate会員向けに提供されていますので、加入者の方は一度試してみてはいかがでしょうか。



《みお》
みお

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

クラウドゲーム アクセスランキング

  1. Google「Stadia」のローンチタイトルが12本から22本に!『FF15』や『Metro Exodus』など追加

    Google「Stadia」のローンチタイトルが12本から22本に!『FF15』や『Metro Exodus』など追加

  2. Google Stadiaの入力遅延はどれほどのものか―海外メディアが高速回線で検証

    Google Stadiaの入力遅延はどれほどのものか―海外メディアが高速回線で検証

アクセスランキングをもっと見る

page top