「従業員と家族が生き残るために」『S.T.A.L.K.E.R.2』開発中断―ウクライナの勝利を信じ開発継続を明言 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「従業員と家族が生き残るために」『S.T.A.L.K.E.R.2』開発中断―ウクライナの勝利を信じ開発継続を明言

『S.T.A.L.K.E.R.』シリーズを開発しているGSC Game Worldが『S.T.A.L.K.E.R.2』の開発中断を発表しました。

ニュース ゲーム業界
「従業員と家族が生き残るために」『S.T.A.L.K.E.R.2』開発中断―ウクライナの勝利を信じ開発継続を明言
  • 「従業員と家族が生き残るために」『S.T.A.L.K.E.R.2』開発中断―ウクライナの勝利を信じ開発継続を明言
  • 「従業員と家族が生き残るために」『S.T.A.L.K.E.R.2』開発中断―ウクライナの勝利を信じ開発継続を明言
▲Twitterにて声明に添付された動画

2月24日から始まったロシアによるウクライナ侵攻の影響が、ゲーム業界にも急速に広がっています。『S.T.A.L.K.E.R.』シリーズを開発しているGSC Game Worldは、現在開発中の新作『S.T.A.L.K.E.R.2』の開発中断を発表しました。また、映像も公開されており、平穏・平和が瞬時に変化しうることを痛感させる内容となっています。

公開された映像は、カットシーン作成の一部始終を紹介するためのモーションキャプチャーの映像から始まります。跳んではねて、テーブルの上を転がる。静止する相手に銃を突きつけるなど、完成すればどのようなものになるのか楽しみになるような撮影場面となっています。

その直後、「先週はとうの昔に」という字幕とともにシーンは一転します。テレビ塔に着弾し爆発するミサイル。瓦礫の山と化した建物に燃え盛る炎。クラスター爆弾と思しき連続した小爆発。低空飛行する戦闘機に装甲車。ともすれば映画かゲームのワンシーンかと思ってしまいそうな、しかし現実に今現在起きている戦争の様子が次々に流れていきます。そして「ウクライナに栄光あれ」、この一言が、重い余韻を残しつつ締めくくりとされています。

S.T.A.L.K.E.R.』シリーズは、チェルノブイリ発電所周辺に突如出現したZONEと呼ばれる領域を舞台に、その領域内でのみ発見できるアーティファクトと呼ばれる超常的な性質を持つ物体を巡って、軍や国家主導の研究機関といった多くの派閥と関わりつつ話を進めていくFPS。タルコフスキー監督の映画「ストーカー」やストルガツキー著の「願望機」といった作品をモチーフとしたゲームで、今までに『Shadow of Chernobyl』『Clear Sky』『Call of pripyat』の3作が発売されています。

今回、開発中断が発表された『S.T.A.L.K.E.R.2』は、当初2011年に発表されましたが、続くGSC Game Worldの経営難もあり、2022年4月発売の予定で開発が進められていました。この発売予定日は更に2022年12月8日に延期されています。1作目の『Shadow of Chernobyl』はアナウンスされた2003年から最終的には2007年発売と4年近い発売延期がなされており、「STALKER FOREVER」という呼び方もされるほどで、「待つのにはもう慣れた」とのファンの声も散見されています。一方で、今回の開発中断は文字通り不可抗力・不測の事態によるものであり、今までの発売延期とは全く異なるものであることは言うまでもなく、ゲームの完成よりも、ただただゲームに関わる全ての人の安全と生活を最優先にしてほしいというのが率直な願いであります。

なお、GSC Game Worldからは開戦当初に次のような声明が発表されているほか、ウクライナ軍への支援を呼びかけています。

このGSC Game World以外にも、ウクライナ・ロシアの両国には多くのゲーム会社が存在しており、今後さらなる戦争の影響が出てくることが予想されます。事態の早期解決を心から願うばかりです。


《K.K.》

SFとオープンワールドとミリタリー系が主食です K.K.

1990年3月の京都府生まれ。ゲーム好きのパソコン好き。ついでに言えば動物も好き。心理学部卒ゆえに人の心がわかると豪語するも、他人の心にはわりと鈍感で、乙女心となるとからっきし。むしろ動物の気持ちのほうがよくわかるが、本人は「尻尾と耳がないからだ」と弁解中。 2022年から「ゲームスパーク」で執筆中。パソコン代の足しにと始めるも、賃金はほとんど課金ガチャに消えている模様。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. スイッチエミュレーター「Yuzu」約3億6,000万円の和解金支払いに合意―ウェブサイトも閉鎖へ

    スイッチエミュレーター「Yuzu」約3億6,000万円の和解金支払いに合意―ウェブサイトも閉鎖へ

  2. またもや過去最多を更新!Steam同時接続数が3,400万人を突破―アクティブユーザーは1,110万人に上る

    またもや過去最多を更新!Steam同時接続数が3,400万人を突破―アクティブユーザーは1,110万人に上る

  3. ニンテンドースイッチエミュ「Yuzu」開発者が任天堂の召喚状に応じる

    ニンテンドースイッチエミュ「Yuzu」開発者が任天堂の召喚状に応じる

  4. 海外でPC版『Ghost of Tsushima』の怪情報…境井仁の誉れはPS以外にも広がるか?

  5. Epic Gamesはやっぱりハッキングされてない―犯行声明のハッカー集団が“負け”を認める、ほんとは詐欺師集団だった?謎の発表も

  6. 『ティアキン』違法DLを助長した―ニンテンドースイッチエミュレーター「Yuzu」を任天堂が提訴

  7. 独立行政法人・JETROがSteamで「日本産ゲーム特集」ページを公開!インディー中心に珠玉のゲーム作品を紹介、一斉セール告知も

  8. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

  9. 『ヘブンバーンズレッド』はなぜ大ブレイクしたのか―2周年を迎え、まだまだ盛り上がりをみせる本作の魅力に迫る!

  10. 『ハーヴェステラ』などで知られる高Pこと高大輔氏、スクウェア・エニックス退職を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top