ロシアのゲーム産業の42.3%が国外へー家族や費用の問題で留まる人も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロシアのゲーム産業の42.3%が国外へー家族や費用の問題で留まる人も

ロシアによるウクライナ侵攻は、ウクライナのみならずロシア国内のゲーム業界にも大きな影響を与えているようです。

ニュース ゲーム業界
ロシアのゲーム産業の42.3%が国外へー家族や費用の問題で留まる人も
  • ロシアのゲーム産業の42.3%が国外へー家族や費用の問題で留まる人も
  • ロシアのゲーム産業の42.3%が国外へー家族や費用の問題で留まる人も
  • ロシアのゲーム産業の42.3%が国外へー家族や費用の問題で留まる人も
  • ロシアのゲーム産業の42.3%が国外へー家族や費用の問題で留まる人も
国外移動の時期に関して App2top.ruより

ロシアにて携帯ゲームのプロモーションを主に行っているApp2Topは、4月8日にゲーム開発者を対象に自身が行ったアンケート調査の結果を公表しました。

それによれば、回答者のうち42.3%が国外への移動を計画ないし既に行っているとのことで、戦争がゲーム業界に与える影響が浮き彫りとなっています。

今回のアンケートはゲームデザイナーやプログラマー、アーティストといったゲーム業界の関係者が主に回答しており、およそ85%がロシア国内の、残りがロシア語を母語とする他地域からとなっています。また、時間軸では3つに分割し、2月中に移動した人、3月までに間に合わなかったものの移動を計画中の人、それ以降という区分での分析となっています。

移動先に関する回答 App2top.ruより
ロシア国内への帰還に関する回答 App2top.ruより
移動しない理由についての回答 App2top.ruより

今回のアンケートでは、移動先としてトルコ、キプロス、アルメニア、グルジア等の国名が挙げられているほか、回答者が住宅の確保や新環境への慣れといった悩みを抱えていることが明らかになった一方で、なおもロシア国内に留まる理由が「両親や家族、友人知人や仕事の存在」が33.3%と最も高く、ついで「費用の問題」が15.3%となっています。

また、アンケート内ではベラルーシおよびウクライナからの回答もあったとのことです。なお、詳しい結果はこちらで確認できます。


《K.K.》
K.K.

SFとオープンワールドとミリタリー系が主食です K.K.

1990年3月の京都府生まれ。ゲーム好きのパソコン好き。ついでに言えば動物も好き。心理学部卒ゆえに人の心がわかると豪語するも、他人の心にはわりと鈍感で、乙女心となるとからっきし。むしろ動物の気持ちのほうがよくわかるが、本人は「尻尾と耳がないからだ」と弁解中。 2022年から「ゲームスパーク」で執筆中。パソコン代の足しにと始めるも、賃金はほとんど課金ガチャに消えている模様。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. ロボゲーファン必見?ミッション40以上&フルボイスのメカゲーが開発中!低価格での販売を予定

    ロボゲーファン必見?ミッション40以上&フルボイスのメカゲーが開発中!低価格での販売を予定

  2. Steamオータムセール最安値を追え!気になるあの7本のタイトルはお買い得?

    Steamオータムセール最安値を追え!気になるあの7本のタイトルはお買い得?

  3. 「PS6」と次世代Xbox、どちらも2028年以降に―ソニーとMSが英規制当局への文書で明らかに

    「PS6」と次世代Xbox、どちらも2028年以降に―ソニーとMSが英規制当局への文書で明らかに

  4. まるで『ウイニングポスト』!東京競馬場で競走馬トラッキングシステムのテストが実施―各馬の位置関係などひと目に分かりやすく

  5. 中国が若者のゲーム依存症問題を解決したと主張―厳しいゲーム利用規制が背景に

  6. 1ヶ月で約200万人も増えた!オータムセールの影響か、Steam同時接続者数がまた最大値を記録

  7. 『Postal III』DRMと品質の問題によりSteamで販売停止―元来シリーズに携わってきたRWSは“ゴミ”と痛烈批判

  8. インディー開発者に不当な契約を持ちかける悪質パブリッシャーに警鐘―「福岡インディーゲーム協会」が開発者保護に乗り出す

  9. Amazonで「Meta Quest 2」を購入すると最大1万円ポイントバック!12月1日までお得な特別キャンペーン開催中

  10. 50本以上のSteamゲームが入手できるチャリティーバンドル「The Jingle Jam 2021 Games Collection」が登場!

アクセスランキングをもっと見る

page top