『CS:GO』とある公式戦を巡って八百長疑惑が浮上、有名プレイヤーの関与も…元メンバーがSNSで告発 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CS:GO』とある公式戦を巡って八百長疑惑が浮上、有名プレイヤーの関与も…元メンバーがSNSで告発

わざと試合に負けることによって、利益を得ていたとのこと。

ゲーム文化 eスポーツ
『CS:GO』とある公式戦を巡って八百長疑惑が浮上、有名プレイヤーの関与も…元メンバーがSNSで告発
  • 『CS:GO』とある公式戦を巡って八百長疑惑が浮上、有名プレイヤーの関与も…元メンバーがSNSで告発
  • 『CS:GO』とある公式戦を巡って八百長疑惑が浮上、有名プレイヤーの関与も…元メンバーがSNSで告発

Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』における過去の公式試合について、八百長疑惑が浮上しています。

この疑惑は、Rustam Alimkulov氏が自身のTwitterならびにYouTubeにて告発を始めたことがきっかけ。同氏はかつて『CS:GO』のメジャー戦デビューを目指しPARTYというチームに在籍していた、「5TRYK#R」と呼ばれるプレイヤーです。

動画はこの他にも2つアップされています(記事執筆時点において)。

Alimkulov氏が主張するところによれば、2015年12月に開催された「Starladder Regional Minor Championship」における試合で八百長を行い、それにより当時のチームメンバーがおよそ5,000ドルの利益を受け取ったとしています。

また同氏は、試合中における「操作キャラクターの不自然な動き」などの録画映像、さらにはプレイヤー「HObbit」ことAbay Khasenov氏が関与していることを示す会話を証拠として公開。Khasenov氏といえば、PGL Major Kraków 2017での優勝など、いくつもの国際大会でタイトルを獲得したプロプレイヤーとしても有名です。

なお今回の告発に対し、Khasenov氏は自身のTwitterにて関与を否定。eスポーツ競技の不正を取り締まる団体Esports Integrity Commission(ESIC)の調査を受ける用意はできているとして、これまでの実績は全て弛まぬ努力と忍耐によって得られたものだと語っています。

今回とは別件ですが、過去にも海外『CS:GO』プロプレイヤーが調査を受けていたこともあり、この告発に端を発する一連の状況がどのように展開していくのか要注目です。



《麦秋》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. まるでコントのようなグダグダ感!爆笑必至な『モンハンライズ:サンブレイク』狩猟動画に、「3人吹き飛ぶところでダメだった」

    まるでコントのようなグダグダ感!爆笑必至な『モンハンライズ:サンブレイク』狩猟動画に、「3人吹き飛ぶところでダメだった」

  2. 『レッド・デッド・リデンプション2』法執行システムを大幅改良するMod登場

    『レッド・デッド・リデンプション2』法執行システムを大幅改良するMod登場

  3. 【週刊トレハン】「ゆっくりザコシ」2022年6月29日~7月2日の秘宝はこれだ!

    【週刊トレハン】「ゆっくりザコシ」2022年6月29日~7月2日の秘宝はこれだ!

  4. takej選手は涙のツイート…「REJECT」Zepher選手がLFTを表明、『VALORANT』エースプレイヤーの次なるチームは? 

  5. バットマン俳優ロバート・パティンソンが『FF7』のエアリスとティファとの秘められた三角関係を明かす

  6. イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

  7. 「父ノ背中」の『レインボーシックス シージ』部門、再編ートップリーグ経験もある選手が加入

  8. 『ボンバーガール』が『ボンバーガール レインボー』へ!近日公開の予告とともに新規ビジュアルも公開

  9. 『ELDEN RING』の世界を再現する『マインクラフト』アドベンチャーマップ公開! 15時間以上のメインストーリーも用意

  10. 非日常なドレス姿にドキッ!『FF7 リメイク』ティファが立体化―PLAY ARTS改・スタティックアーツ二種の予約開始

アクセスランキングをもっと見る

page top