キリスト復活!怒りに支配された世界で異端審問官として生きる『I, the Inquisitor』ゲームプレイトレイラーお披露目―ポーランド作家の小説原作ダークファンタジーADV | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

キリスト復活!怒りに支配された世界で異端審問官として生きる『I, the Inquisitor』ゲームプレイトレイラーお披露目―ポーランド作家の小説原作ダークファンタジーADV

磔にされたキリストが復活し、怒りに支配された1,500年代の世界が舞台です。

PC Windows
キリスト復活!怒りに支配された世界で異端審問官として生きる『I, the Inquisitor』ゲームプレイトレイラーお披露目―ポーランド作家の小説原作ダークファンタジーADV
  • キリスト復活!怒りに支配された世界で異端審問官として生きる『I, the Inquisitor』ゲームプレイトレイラーお披露目―ポーランド作家の小説原作ダークファンタジーADV
  • キリスト復活!怒りに支配された世界で異端審問官として生きる『I, the Inquisitor』ゲームプレイトレイラーお披露目―ポーランド作家の小説原作ダークファンタジーADV
  • キリスト復活!怒りに支配された世界で異端審問官として生きる『I, the Inquisitor』ゲームプレイトレイラーお披露目―ポーランド作家の小説原作ダークファンタジーADV

The Dustは、アドベンチャー『I, the Inquisitor』のゲームプレイトレイラーを公開しました。

本作はポーランドの作家Jacek Piekara氏による人気小説を原作としたダークファンタジーアドベンチャー。磔にされたキリストが復活し、怒りに支配されたという1,500年代の世界を舞台に、プレイヤーはキリストに仕える審問官Mordimer Madderdinとして決断を求められるような物語が描かれます。

ストーリー中では複数の事件に向き合うこととなりますが、主人公は審問官として真実に辿り着くために道具を使った尋問や、剣での戦闘も手段として選択することができます。さらには「Unworld」という闇の力に支配された世界へと踏み込む能力で、容疑者の秘密を探ることも可能です。そうした本作の要素の一部を公開されたトレイラーでは垣間見ることができます。

『I, the Inquisitor』は、PS5/Xbox Series X|S/PC(Steam)向けにリリース予定。なおSteamストアページには、日本語にも対応と記載されています。



《いわし》
いわし

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 「無人島開拓」新情報も!『FF14』パッチ6.2は8月下旬公開予定─「第71回PLL」ひとまとめ

    「無人島開拓」新情報も!『FF14』パッチ6.2は8月下旬公開予定─「第71回PLL」ひとまとめ

  2. 【Steamサマーセール】死んでもめげずに立ち向かえ!GSオススメ「ローグライトゲーム」10タイトル

    【Steamサマーセール】死んでもめげずに立ち向かえ!GSオススメ「ローグライトゲーム」10タイトル

  3. 『原神』懐かしき「金リンゴ群島」再び!イベント満載の「Ver.2.8」新情報ひとまとめ

    『原神』懐かしき「金リンゴ群島」再び!イベント満載の「Ver.2.8」新情報ひとまとめ

  4. 『原神』Ver.2.8で「★4 鹿野院平蔵」新登場!キレッキレの“近接格闘風なバトルシーン”は必見

  5. 『Vampire Survivors』パッチ0.8.0は現地7月7日配信―新バージョンのステージ5など実装予定

  6. ハクスラローグライトFPS『Gunfire Reborn』250万本突破―ロードマップでは有料DLCと無料アップデート発表

  7. 『デジモンサヴァイブ』海外向け最新ゲームプレイトレイラー!ドラマパートの選択やバトルの戦術性紹介

  8. 水没世界を船で生き延びるアドベンチャーMMO『Age of Water』クローズドベータテストが今夏開催

  9. ピクセルRPG『Rayless Blade』Kickstarter開始―広大なオープンワールドで暴君から世界を救え

  10. 『ワンピース オデッセイ』は“麦わらの一味らしさ”が光る作品!探索やバトルシステム、そして“原作へのこだわり”が明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top