『Stardew Valley』が遊び放題に!次回「いっせいトライアル」6月13日より開催決定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Stardew Valley』が遊び放題に!次回「いっせいトライアル」6月13日より開催決定

Nintendo Switch Online加入者限定イベント「いっせいトライアル」の次回対象ソフトが『Stardew Valley』に決定しました。

ニュース セール・無料配布
『Stardew Valley』が遊び放題に!次回「いっせいトライアル」6月13日より開催決定
  • 『Stardew Valley』が遊び放題に!次回「いっせいトライアル」6月13日より開催決定
  • 『Stardew Valley』が遊び放題に!次回「いっせいトライアル」6月13日より開催決定
  • 『Stardew Valley』が遊び放題に!次回「いっせいトライアル」6月13日より開催決定
  • 『Stardew Valley』が遊び放題に!次回「いっせいトライアル」6月13日より開催決定
  • 『Stardew Valley』が遊び放題に!次回「いっせいトライアル」6月13日より開催決定
  • 『Stardew Valley』が遊び放題に!次回「いっせいトライアル」6月13日より開催決定

任天堂は、Nintendo Switch Online加入者限定イベント「いっせいトライアル」について、次回の対象ソフトを『Stardew Valley(スターデューバレー)』に決定しました。開催期間は6月13日12時00分~6月19日17時59分までです。

「いっせいトライアル」の開催期間中は、対象ソフトを最後まで無料で遊ぶことができます。次回対象ソフトとなる『Stardew Valley』は、祖父から受け継いだ農場で自給自足生活を行うシミュレーションゲームです。

『牧場物語』の大ファンであるアメリカの個人開発者が、同作のリスペクトから生みだした“海外版の牧場物語”とも言える作品。オンラインでは、他のプレイヤーを村に招待し、一緒に農場づくりを楽しめます。

参加方法は、My Nintendo Store、もしくはニンテンドーeショップの『Stardew Valley』の商品ページで、「いっせいトライアル」と表示されている箇所からソフトをダウンロードするだけ。開催期間になれば遊べるようになります。

また、あわせてセールも開催。6月13日12時00分~6月26日23時59分まで、本作を32%オフの1,000円(税込)で購入できます。「いっせいトライアル」のセーブデータは製品版に引き継ぎ可能。「いっせいトライアル」を通して今後も遊びたいと思った人は、このセールを活かしましょう。


マリオストライカーズ バトルリーグ -Switch
¥5,673
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《茶っプリン》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『ときメモ』公式Xが“新情報”を予感させる意味深投稿…5月27日の30周年当日に何かが起こるかも?

    『ときメモ』公式Xが“新情報”を予感させる意味深投稿…5月27日の30周年当日に何かが起こるかも?

  2. 最大70%OFF!『ダンガンロンパ』『極限脱出』などのシリーズ作がセット&セールでコスパ抜群─アクションADVやSRPGもお買い得【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

    最大70%OFF!『ダンガンロンパ』『極限脱出』などのシリーズ作がセット&セールでコスパ抜群─アクションADVやSRPGもお買い得【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  3. 「ずっとやりたかったようなゲームが出るまで待ちくたびれたから、自分で作ることにした」業を煮やした海外名作開発者の次回作とは

    「ずっとやりたかったようなゲームが出るまで待ちくたびれたから、自分で作ることにした」業を煮やした海外名作開発者の次回作とは

  4. 『ディビジョン』シリーズ新作『Tom Clancy’s The Division Heartland』開発中止―発表から3年

  5. 【期間限定無料】地球外の機械を調査する「非常に好評」パズルゲーム『Machinika Museum』Steamにて無料配布!

  6. マイクラセール実施中!『マインクラフト』15周年記念でシリーズ作品が一挙お買い得に

  7. ローグライクにストラテジーにサンドボックス…何度も繰り返し遊べるゲームを集めたSteam「無限リプレイフェス」5月20日まで開催

  8. 『GTA5』の継続的売上が2025年秋発売『GTA6』への自信の根拠、市場の期待は“最高潮”―テイクツーCEOが決算説明会にて語る

  9. 『アサクリ』日本舞台の「Codename RED」のタイトルが『アサシン クリード シャドウズ』に決定!

  10. 「後継会社はない、類似商品に注意」活動最終日のILLUSION(イリュージョン)が声明―元関係アカウントから生じたのは「類似品メーカー」?最後に生まれた謎

アクセスランキングをもっと見る

page top