未知のウイルスに立ち向かえ!パンデミック都市管理シム『Isolate ME!』Steam早期アクセス開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

未知のウイルスに立ち向かえ!パンデミック都市管理シム『Isolate ME!』Steam早期アクセス開始

未知のウイルスが広がる街で感染者の隔離に奔走。

PC Windows
未知のウイルスに立ち向かえ!パンデミック都市管理シム『Isolate ME!』Steam早期アクセス開始
  • 未知のウイルスに立ち向かえ!パンデミック都市管理シム『Isolate ME!』Steam早期アクセス開始
  • 未知のウイルスに立ち向かえ!パンデミック都市管理シム『Isolate ME!』Steam早期アクセス開始
  • 未知のウイルスに立ち向かえ!パンデミック都市管理シム『Isolate ME!』Steam早期アクセス開始
  • 未知のウイルスに立ち向かえ!パンデミック都市管理シム『Isolate ME!』Steam早期アクセス開始

インディーデベロッパーLBeastwoodはパンデミック都市管理シム『Isolate ME!』の早期アクセスをSteamにて開始しました。

本作は、未知のウイルスが広がりつつあるのどかな街で、全権限を与えられた警察官として感染拡大を制御しようと奮闘するパンデミック都市管理シミュレーションゲーム。プレイヤーは、感染者の隔離や街を管理する警察官の増員、予防接種センターの設置などを一手に担うことになります。

ゲームは2つの段階に分かれて進行。最初の段階ではウイルスが周囲に感染しないため、体温計やサーモグラフィーカメラなどを用いて街中に存在する最初の感染者らをできるだけ多く発見し隔離することに集中します。その後、第2段階が始まってしまうと隔離しきれなかった感染者から感染が拡大。パニックに陥る街でバリケードの設置などで市民を制御しながら感染者数の増加を一定水準以下に抑え込むことを目指します。

感染拡大を抑えて第2段階の突破に成功すると、街の人口が増加するとともに新たな未知のウイルスの魔の手が街に迫ることに。第1段階からウイルスとの戦いを繰り返し人口の8割が感染してしまうとゲームオーバーとなります。なお、舞台となる街はプレイ毎にプロシージャル生成されるため遊ぶたびに異なるプレイ体験を得ることができるとしています。

『Isolate ME!』はSteamにて310円(税込)で早期アクセス中。早期アクセスの期間は1~3か月ほどが予定されています。






《kamenoko》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 圧倒的ハイクオリティ!「ホロライブ」非公式ファンゲーム『ホロキュア』無料リリース

    圧倒的ハイクオリティ!「ホロライブ」非公式ファンゲーム『ホロキュア』無料リリース

  2. 【Steamサマーセール】死んでもめげずに立ち向かえ!GSオススメ「ローグライトゲーム」10タイトル

    【Steamサマーセール】死んでもめげずに立ち向かえ!GSオススメ「ローグライトゲーム」10タイトル

  3. ファンタジークラフトサバイバルACT『Force of Nature 2: Ghost Keeper』オンライン4人協力プレイに対応!

    ファンタジークラフトサバイバルACT『Force of Nature 2: Ghost Keeper』オンライン4人協力プレイに対応!

  4. 公式警告!「使用者をBANする予定」―『VALORANT』APIを不正利用するサードパーティアプリに要注意

  5. 新たな敵・マップ、ストーリーの最終章…新コンテンツ盛りだくさんで漂流サバイバル『Raft』ついに正式リリース!

  6. 不条理の激流に身を任せろ!『AI:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』が現代のADVファンを飲み込む理由

  7. 『マイクラ』が『ELDEN RING』に変身!アドベンチャーマップ「ELDEN WORLD」デモ版公開中

  8. 『モンハンライズ:サンブレイク』体験版の「メル・ゼナ」をどうしても倒したい人向け!ちょっと楽になる攻略チャート解説

  9. リアルな自然が待ち受けるオープンワールド狩猟FPS『Way of the Hunter』現地時間8月16日リリース

  10. 『Fall Guys』基本無料になって新シーズン「Free for All」開幕!クロスプレイ対応でPS5/スイッチ/Xbox/EGS向けにも配信開始

アクセスランキングをもっと見る

page top