電波実況としてお馴染み「ウメハラがぁ!画面端!」が令和に復活!?格ゲーファンが大興奮 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

電波実況としてお馴染み「ウメハラがぁ!画面端!」が令和に復活!?格ゲーファンが大興奮

『TOPANGAチャンピオンシップ』でウメハラがぁ決めたぁぁーっ!

ゲーム文化 eスポーツ
電波実況としてお馴染み「ウメハラがぁ!画面端!」が令和に復活!?格ゲーファンが大興奮
  • 電波実況としてお馴染み「ウメハラがぁ!画面端!」が令和に復活!?格ゲーファンが大興奮
  • 電波実況としてお馴染み「ウメハラがぁ!画面端!」が令和に復活!?格ゲーファンが大興奮

先日行われた「第4期 TOPANGA CHAMPIONSHIP」AリーグのDAY6に、ウメハラ選手ぷげら選手が激突。早くも“ベストバウト”とまで言われるほどの熱戦を繰り広げ、公式配信では伝説の電波実況が飛び出したそうです。この令和の時代に!

約19年の時を経て電波実況が復活!

あらためて振り返っておくと、電波実況が生まれたのは2003年。かつて国内のゲーム大会の最高峰とされた「闘劇」の『GUILTY GEAR XX』部門で、ウメハラ選手が劇的な逆転を決めた際、がまの油さんがハイテンションな実況を繰り広げました。

そこから有名なネットミームが誕生。「ウメハラがぁ!捕まえてぇぇ!ウメハラがぁ!画面端ぃっ!バースト読んでえぇっ!まだ入るぅ!ウメハラがぁっ!…つっ近づいてぇっ!ウメハラがぁ決めたぁぁーっ!」

あらためて見ると勢いだけでなく、試合の展開を的確に捉えた名実況。後にこの実況は古き良き「ニコニコ動画」で電波実況として広まり、多くの音MADなどが作られました。

それから約19年の時を経て、ネットミームに新展開が。国内最高峰と言われている長期リーグ戦「TOPANGA CHAMPIONSHIP」にて、MCを務めたなないさんと、解説のハメコさんの口から熱い実況が飛び出したのです。

ドラマチックな試合展開と実況内容

その試合ではウメハラ選手とぷげら選手が、人気格闘ゲーム『STREET FIGHTER V CHAMPION EDITION』で激突。ウメハラ選手のガイルに対し、ぷげら選手はリーチの長い技が揃っているポイズンで挑みました。

通常技のリーチで勝るポイズンに対し、ウメハラ選手のガイルはソニックブームなどの飛び道具で地上戦の主導権を取りたい展開。しかしポイズンにはラブミーテンダーという弾抜け技があり、ぷげら選手の反応速度の速さと相まって、厳しい展開が続きました。

3試合先取の2試合をぷげら選手に取られてしまい、後がなくなったウメハラ選手。しかし「Vリバーサル」による攻め継続を狙うなど前に出るスタイルで、主導権を半ば強引に取返し、イーブンに持ち込みます。

両者とも2試合を取り、並んだ第5試合の最終ラウンド。先手を取ったぷげら選手がワンコンボで画面端に追い詰めますが、ウメハラ選手は冷静に対処。その後は逆にぷげら選手を画面端に追い詰め、猛攻で試合を決めてしまいました。

強烈な端攻めの最中に、MCのなないさんは思わず「ウメハラがぁ!」と絶叫。これに解説のハメコさんが「画面端」と返し、あの電波実況を再現。熱すぎる試合展開も相まって、SNS上は「あの名実況フレーズが令和に蘇ってしまったw」「令和版電波実況やん」「伝説の実況再現草」と大盛り上がりでした。

令和の時代でも色褪せない電波実況。そして19年経った今でも、第一線でドラマチックな逆転劇を見せるウメハラ選手は、まさに“進化を続ける伝説”ですね。


勝ち続ける意志力 (小学館101新書)
¥814
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
悩みどころと逃げどころ: (小学館)
¥2,600
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《サワディ大塚》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 2003年、のちのゲーム史を分けたかもしれない「残り開発期間12ヶ月」の判断―幻の旧『Fallout 3』開発中止の裏側を初代『Fallout』主要スタッフが明かす

    2003年、のちのゲーム史を分けたかもしれない「残り開発期間12ヶ月」の判断―幻の旧『Fallout 3』開発中止の裏側を初代『Fallout』主要スタッフが明かす

  2. ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

    ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

  3. 166時間ぶっ続けの配信で『エルデンリング』をクリアした海外ストリーマーがDLCに挑戦―気合いの入った予告映像も公開

    166時間ぶっ続けの配信で『エルデンリング』をクリアした海外ストリーマーがDLCに挑戦―気合いの入った予告映像も公開

  4. 『StS』『マイクラ』にWindowsの『ピンボール』…毎日飽きずにプレイできるゲームは何ですか?

  5. 90年代3D格闘ACT『メタルフィスト』と日本未発売続編を収録した『Fighting Force Collection』発表!

  6. ニューラル・ネットワークがゴーストを制御する除霊Co-opホラー『Bureau of Contacts』早期アクセス開始!

  7. 初代PSのアニメ風アクションADV『Fear Effect』現世代機移植版が2025年発売決定!

  8. 最大4人での協力プレイも可能な街づくり&ライフシム『Go-Go Town!』早期アクセス開始!

  9. 『エルデンリング』原作のギャグ漫画が「DLC休載」へ…「皆さんと同じようにとても楽しみにしています」

  10. 「Nintendo Direct 2024.6.18」ピーク視聴者数が126万超え―「ゼルダ姫」主役の新作や約9年振り『マリオ&ルイージRPG』など意外な内容に

アクセスランキングをもっと見る

page top