注目の新作Co-op戦術ロボゲ『VOIDCRISIS』は非対称型の対戦要素も搭載!開発からのコメントも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

注目の新作Co-op戦術ロボゲ『VOIDCRISIS』は非対称型の対戦要素も搭載!開発からのコメントも

注目の新作ロボゲの内容により迫ります。

PC Windows
注目の新作Co-op戦術ロボゲ『VOIDCRISIS』は非対称型の対戦要素も搭載!開発からのコメントも
  • 注目の新作Co-op戦術ロボゲ『VOIDCRISIS』は非対称型の対戦要素も搭載!開発からのコメントも
  • 注目の新作Co-op戦術ロボゲ『VOIDCRISIS』は非対称型の対戦要素も搭載!開発からのコメントも
  • 注目の新作Co-op戦術ロボゲ『VOIDCRISIS』は非対称型の対戦要素も搭載!開発からのコメントも
  • 注目の新作Co-op戦術ロボゲ『VOIDCRISIS』は非対称型の対戦要素も搭載!開発からのコメントも
  • 注目の新作Co-op戦術ロボゲ『VOIDCRISIS』は非対称型の対戦要素も搭載!開発からのコメントも
  • 注目の新作Co-op戦術ロボゲ『VOIDCRISIS』は非対称型の対戦要素も搭載!開発からのコメントも
  • 注目の新作Co-op戦術ロボゲ『VOIDCRISIS』は非対称型の対戦要素も搭載!開発からのコメントも
  • 注目の新作Co-op戦術ロボゲ『VOIDCRISIS』は非対称型の対戦要素も搭載!開発からのコメントも

ヘキサドライブから2022年8月4日に早期アクセスが開始予定の新作ロボゲ『VOIDCRISIS(ボイドクライシス)』。発表から未だ謎の多いなか、本誌で多くの注目を集める同作について、編集部では開発のヘキサドライブの松浦弘典氏へとお話を聞くことができました。本稿ではその内容についてかいつまんでお伝えします。

発表時の記事はこちらから

開発は2019年以前より。MOBAから「タワーオフェンス」へ

いきなり発表された同作ながら、開発自体もいきなりだったわけではなく2019年より前から始まっていたといいます。当初は「MOBAゲーム」だったものの、思ったより規模が大きく開発期間がかかりそうだったため、MOBAの一部だったPvEモードに焦点を当て、目指していた戦略性は残しつつ、対人戦主体からPvE主体の「タワーオフェンス」へと内容を変え、満を持しての公開となったようです。なお、巨大ロボ物なのは大のロボ好きであったディレクターの意向だそう。

Co-opとしての協力性と戦略性を重視

取材に応じてくださった松浦氏によれば、本作はアクションゲームとしてより、Co-opとしての協力性と戦略性を重視したつくりであり、NPCを引き連れてのシングルプレイは一応できるものの「ぜひともプレイヤー4人で遊んでほしい」とのことです。

そのためのマッチングのシステムについてはEpic Gamesのオンラインサービスを利用しているほか、ルームIDを入力しての直接マッチングなどもできるようです。また、今作ではコミュニティはマッチングの円滑化も兼ねてDiscord上に集約しているのだそう。本作が待ちきれない読者の皆様は、先にアクセスしてみてはいかがでしょうか。

機体の強化要素は?

ロボゲユーザーなら気になりそうなこのポイントですが、機体の補助AIである「IA」の強化のほか、機体自体の性能チューンができるとのこと。マッチの繰り返しの中で徐々に性能を強化していけるようです。外見的な要素としては、ゲームを進めることで機体性能、カラーリング、デカールを特殊チューンアップされた改造機を使用することができるとのこと。なお、マッチ中には手に入るアイテムで機体の一時的な追加パワーアップを行えます。

ゲームクリア後には非対称対戦要素も!

PvE主体の本作ではありますが、なんとゲームクリア後には敵側として、1人で他プレイヤーたちのゲームに乱入する追加モード「ファントムモード」が利用可能になるとのこと。開発としては、MOBAの対戦要素をどうしても残したく、非対称対戦として、ファントムモードの実装を行ったとのこと。したがって、迎え撃つプレイヤーたちはPvEだけではなく、ときおり乱入してくるより強力な敵と力を合わせ戦う4vs1の対戦ゲームとしても本作を楽しめます。


取材中「ぜひともプレイヤー4人で遊んでほしい」とのコメントが多く飛び出し、Co-opの楽しさが気になる『VOIDCRISIS』は2022年8月4日にSteamにて早期アクセス開始予定です。

《Arkblade》
Arkblade

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

【注目の記事】[PR]

特集

PC アクセスランキング

  1. 『S.T.A.L.K.E.R.』インスパイアのサバイバルシューター『ZERO Sievert』11月22日早期アクセス開始!期間限定で最新デモを配信中

    『S.T.A.L.K.E.R.』インスパイアのサバイバルシューター『ZERO Sievert』11月22日早期アクセス開始!期間限定で最新デモを配信中

  2. 『タルコフ』ライクな略奪マルチプレイFPS『Marauders』早期アクセス開始―コンテンツを追加する今後のロードマップも公開【UPDATE】

    『タルコフ』ライクな略奪マルチプレイFPS『Marauders』早期アクセス開始―コンテンツを追加する今後のロードマップも公開【UPDATE】

  3. 初代『オーバーウォッチ』のサーバーが停止、10月5日から“2”となって再開予定!

    初代『オーバーウォッチ』のサーバーが停止、10月5日から“2”となって再開予定!

  4. 大海原を探検するだけじゃない!航海ストラテジーADV『Sailing Era』Steamストアページ公開

  5. 最大40人+αの集団戦!1人称ダンジョン探索『ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団』Steam配信が2023年2月15日に決定

  6. 異世界ソ連舞台の新作サバイバルMMOFPS『PIONER』新ゲームプレイ映像!おぞましい敵との戦闘や武器カスタマイズなどがお披露目

  7. 総プレイ時間は約5億時間超え!配信やSNSが人気の支えか―『New World』が1周年記念で統計情報を公開

  8. 『CoD: MW2』日本語版では表現に変更あり―「CERO」の禁止表現によるものと公式発表

  9. リメイク版『Dead Space』初ゲームプレイトレイラー日本時間10月5日0時公開!

  10. 『Mirror 2: Project X』は“青少年向け(16+)”公式アナウンスから1日で「不評」レビュー激増―本編&DLC購入者への無条件返金も

アクセスランキングをもっと見る

page top