Steamのゲームロゴがスッキリ?9月から“余分なテキストを入れない”など新ルールが適用予定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steamのゲームロゴがスッキリ?9月から“余分なテキストを入れない”など新ルールが適用予定

なお、一部のテキストに関しては一時的な表示が許されています。

ニュース ゲーム業界
Pavlo Gonchar/LightRocket/ゲッティイメージズ
  • Pavlo Gonchar/LightRocket/ゲッティイメージズ
  • Steamのゲームロゴがスッキリ?9月から“余分なテキストを入れない”など新ルールが適用予定
  • Steamのゲームロゴがスッキリ?9月から“余分なテキストを入れない”など新ルールが適用予定
  • Steamのゲームロゴがスッキリ?9月から“余分なテキストを入れない”など新ルールが適用予定
  • Steamのゲームロゴがスッキリ?9月から“余分なテキストを入れない”など新ルールが適用予定

ValveはSteamにおけるゲームロゴに関して、“画像に含められるテキスト”などを定めた新たなルールを9月1日より適用することを発表しました。

Valve曰く新ルール制定の背景には、現在のストアでより多くの“テキスト”や“レビュースコア”などが含まれるゲームロゴが散見されるようになった結果、ゲーム名がわかりづらくなったり、英語テキストだけが表示され非英語話者に内容が伝わらなくなったりと、顧客に混乱を招くケースが出てきたことにあるそうです。

新ルールでは、通常時に表示されるゲームロゴ(ベースカプセル)に“レビュースコア”、“賞の名前”、“セール実施中の宣伝文句”、“他作品の宣伝”などのテキストを含めることが禁止されます。しかし大型アップデートやイベント、DLCといった新コンテンツを紹介するテキストに限り、アートワークオーバーライドを用いて最大1カ月の期間限定で、ゲーム対応言語分のローカライズを用意した上でゲームロゴに含める事が可能とのことです。

Valveによる、適切なアートワークオーバーライドの一例。

Steamライブラリ内で表示される画像に関しても、「ゲームのロゴ」を含めた上で、その他の「文字を一切入れない」とのルールが制定されています。その他、ストア・ライブラリでの画像にはPG-13(米映画協会による年齢指定)の基準に適したアートワークを用意するなど、全体に適用されるものも存在。「ルールに準拠していないゲームは、Steamストアでの露出が制限される場合」があるとして、Valveはゲーム開発者にアートワークオーバーライドなどのグラフィックアセットのチェックを推奨しています。


Logicool G G333-BK ゲーミングイヤホン
¥5,900
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《ケシノ》

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 開発15年で早期アクセス9年のローグライクRPGついに完成か『Caves of Qud』年内の正式リリースに向けたロードマップ公開

    開発15年で早期アクセス9年のローグライクRPGついに完成か『Caves of Qud』年内の正式リリースに向けたロードマップ公開

  2. オンラインRPG『Fallout 76』PCとXbox版がAmazonプライム会員向けに無料配布開始

    オンラインRPG『Fallout 76』PCとXbox版がAmazonプライム会員向けに無料配布開始

  3. Steamにて最大80%オフの『Fallout』シリーズセールが開催!―1週間の『Fallout 76』フリープレイも実施中

    Steamにて最大80%オフの『Fallout』シリーズセールが開催!―1週間の『Fallout 76』フリープレイも実施中

  4. PCエンジン名作RPG『天使の詩』が復活か?日本テレネット作品復刻プロジェクト「テレネットリバイバル」がティザー映像を公開

  5. 【PC版無料配布開始】サイバーパンクSFアクション『ゴーストランナー』Epic Gamesストアにて

  6. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

  7. 【PC版無料配布開始】SFRPG『アウター・ワールド: スペーサーズチョイス エディション』&アクションADV『Thief』Epic Gamesストアにて

  8. KADOKAWAが「悠久幻想曲」の名称を商標登録―商標の取り直しか、新たな“mooゲー”登場なるか?【UPDATE】

  9. 『Dead Space 2』リメイク開発中止の海外報道駆け巡る―が…EA「もともとそんな予定はない」

  10. 『The Elder Scrolls』シリーズのTV化は望み薄?トッド・ハワード氏が後ろ向きなコメント

アクセスランキングをもっと見る

page top