体が闘争を求め始めた…!フロムの次作が『アーマード・コア』シリーズになるかもしれないと海外で話題に? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

体が闘争を求め始めた…!フロムの次作が『アーマード・コア』シリーズになるかもしれないと海外で話題に?

『アーマード・コア』に関連した話題が増え、戦い続ける歓びを新たに感じられるのか、期待が高まってきています。

ニュース
体が闘争を求め始めた…!フロムの次作が『アーマード・コア』シリーズになるかもしれないと海外で話題に?
  • 体が闘争を求め始めた…!フロムの次作が『アーマード・コア』シリーズになるかもしれないと海外で話題に?
  • 体が闘争を求め始めた…!フロムの次作が『アーマード・コア』シリーズになるかもしれないと海外で話題に?
  • 体が闘争を求め始めた…!フロムの次作が『アーマード・コア』シリーズになるかもしれないと海外で話題に?
  • 体が闘争を求め始めた…!フロムの次作が『アーマード・コア』シリーズになるかもしれないと海外で話題に?

先日、日本ゲーム大賞2022で大賞を獲得した『ELDEN RING』など、数々の人気タイトルを世に送り出してきたフロム・ソフトウェア。今年に入ってその新作が『アーマード・コア』シリーズに関係するものになるかもしれないと、海外で話題になっています。

発端は2022年1月、海外ゲームフォーラムResetEraにて投稿された同社によるアンケート調査依頼です。このアンケートの内容は、フロムならではのSF世界観で描かれるTPSメカアクションに関するものとのこと。依頼内タイトル案の中には、『アーマード・コア』の文言もあったと話します。

さらに6月頃の4Gamerでのインタビューでは、以前より発表されていた開発中の3タイトルのうち、未だ発表されていないタイトルについて触れ、それが既に開発終盤に差し掛かり人員の増強を考えているといった内容を語っています。同時期に発表された求人情報の中では、メカに強い人材を求める文言が多く見られていたことも噂に拍車をかけている様子です。

また、7月にはフロム・ソフトウェアの公式サイトのサイト名が一時的に「armored core」となっていた事も、海外掲示板Redditで話題になっていました。

これらの話題はすべて『アーマード・コア』の発売を公式が直接示唆するものではなく、あくまで憶測や噂に過ぎませんが、今年に入ってこういった話題を多く見かけるようになったのも、また事実です。過去にはIGNとのインタビューで「『アーマード・コア』に取り組んでいる」というディレクターの宮崎氏の発言や、シリーズをこのまま終わらせるつもりはないとの公式による心強いツイートもありました。

2013年の『アーマード・コア ヴァーディクトデイ』発売以降、シリーズを通したサウンドトラックの発売や開発者Twitterのヘッダーに『アーマード・コア』の物が使われるといった話題はありましたが、公式な続編の発表はなく、ある種テンプレ化するほどに新作が待ち望まれた『アーマード・コア』シリーズ。戦い続ける歓びを新たに感じられるのか、期待が高まってきています。


《焦生肉》
焦生肉

ゲームに関わって飯食いたい 焦生肉

ストーリー重視でゲームをプレイするけどシステムも特徴がないとイヤ!なわがままゲーマー。わがままなくせにコンプリート癖もある上つまみ食いも大好きなので積みゲーが溜まる溜まる。ゲームで飯を食うことを夢見てたらほんとにそんな機会に恵まれた。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『スト6』予約開始記念!名作ACT『Capcom Arcade Stadium:ファイナルファイト』を2022年12月12日まで期間限定で無料配布中

    『スト6』予約開始記念!名作ACT『Capcom Arcade Stadium:ファイナルファイト』を2022年12月12日まで期間限定で無料配布中

  2. 20周年特番後の「気長にお待ち下さい」から5年…フロムの小倉康敬氏が『ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON』発表で約束を果たしたことを報告

    20周年特番後の「気長にお待ち下さい」から5年…フロムの小倉康敬氏が『ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON』発表で約束を果たしたことを報告

  3. 今年のGOTYは『ELDEN RING』!その他「The Game Awards 2022」受賞作品もひとまとめ【TGA2022】

    今年のGOTYは『ELDEN RING』!その他「The Game Awards 2022」受賞作品もひとまとめ【TGA2022】

  4. 「楽天」でニンテンドースイッチ(有機ELモデル)が、まさかの50%オフ!ただし3台限定、鬼畜を極めた“無理ゲー”状態に

  5. ユービーアイソフトの「トム・クランシー」シリーズのライターが20年以上務めていた開発スタジオの退社を発表

  6. 日本で買えないSteam版『The Callisto Protocol』購入の“抜け道”が発見されるも、対策される

  7. 果たして今後はどうなる?「まだ『ELDEN RING』でやりたいことはある」GOTY受賞の宮崎英高氏が語る

  8. 『デススト』続編!小島監督新作『DEATH STRANDING 2』PS5向けで発表―トレイラーに隠されたヒントとは【TGA2022】

  9. 『デススト』『アーマード・コア』新作も!「The Game Awards 2022」発表内容ひとまとめ

  10. 米連邦取引委員会がマイクロソフトのアクティビジョン・ブリザード買収差し止め求め提訴―『Starfield』等根拠に

アクセスランキングをもっと見る

page top