9年前の傑作をリメイクする意義とは?PS5機能フル活用の『The Last of Us Part I』で感じた“決定版”としての良さと、グラフィックへの思い出補正【先行レポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

9年前の傑作をリメイクする意義とは?PS5機能フル活用の『The Last of Us Part I』で感じた“決定版”としての良さと、グラフィックへの思い出補正【先行レポ】

PS5技術によって圧倒的没入感で蘇る傑作。

連載・特集 プレイレポート
9年前の傑作をリメイクする意義とは?PS5機能フル活用の『The Last of Us Part I』で感じた“決定版”としての良さと、グラフィックへの思い出補正【先行レポ】
  • 9年前の傑作をリメイクする意義とは?PS5機能フル活用の『The Last of Us Part I』で感じた“決定版”としての良さと、グラフィックへの思い出補正【先行レポ】
  • 9年前の傑作をリメイクする意義とは?PS5機能フル活用の『The Last of Us Part I』で感じた“決定版”としての良さと、グラフィックへの思い出補正【先行レポ】
  • 9年前の傑作をリメイクする意義とは?PS5機能フル活用の『The Last of Us Part I』で感じた“決定版”としての良さと、グラフィックへの思い出補正【先行レポ】
  • 9年前の傑作をリメイクする意義とは?PS5機能フル活用の『The Last of Us Part I』で感じた“決定版”としての良さと、グラフィックへの思い出補正【先行レポ】
  • 9年前の傑作をリメイクする意義とは?PS5機能フル活用の『The Last of Us Part I』で感じた“決定版”としての良さと、グラフィックへの思い出補正【先行レポ】
  • 9年前の傑作をリメイクする意義とは?PS5機能フル活用の『The Last of Us Part I』で感じた“決定版”としての良さと、グラフィックへの思い出補正【先行レポ】
  • 9年前の傑作をリメイクする意義とは?PS5機能フル活用の『The Last of Us Part I』で感じた“決定版”としての良さと、グラフィックへの思い出補正【先行レポ】
  • 9年前の傑作をリメイクする意義とは?PS5機能フル活用の『The Last of Us Part I』で感じた“決定版”としての良さと、グラフィックへの思い出補正【先行レポ】

『The Last of Us』のリメイクが開発中である――そんな噂を聞いたとき、筆者は多くのネット上の反応と同じく「さすがにリメイクには早すぎるだろう」と思いあまり信じていませんでした。

そもそもオリジナルPS3版は9年前といえど、開発元・Naughty Dogの技術力やハード末期ということも手伝いグラフィックはかなり高品質。PS4でもハード初期とは言えリマスター版が発売されており、それをプレイした際は十分に綺麗だったと記憶していました。

しかし、人の思い出補正能力とは恐ろしいもの。正式発表された際の比較映像(2:29頃~)を観た際、筆者は現代技術で描き直されたエリーやジョエルを見てその進化にとても感動しました。否定的な意見も見られる今回のリメイクプロジェクトですが、果たして実際手にとって見るとどのように感じるのでしょうか。

そんな『The Last of Us Part I』PS5版の発売日が2022年9月2日(PC版は後日)まで迫る中、編集部では先行プレイの機会を得ることができました。本稿では、PS5で蘇る傑作はどのように進化しているのか、PS4リマスター版との比較も交えつつご紹介していきます。

自らの思い出補正力を痛感……!よりリアルに進化し、表現力が増したグラフィック

先述しましたが、やはり最大の進化点はグラフィック。『Part II』水準のグラフィックで描かれる世界は原作からよりリアルに作り直されており、Naughty Dogが大事にする本作の世界観の説得力が増しています。モデルのディティールやテクスチャが向上したのはもちろんですが、絵作りや背景の雰囲気もグッと変わっており、表現の質が段違いです。

PS4『The Last of Us Remastered』
PS5『The Last of Us Part I』

キャラクターモデルも作り直されているため、顔の印象が大きく変わったキャラクターも存在します。頼りがいがある反面、敵には容赦のない強い女性・テスは最もわかりやすく顔が変わった人物。造形はかなりリアルになっており、肌のくすみなども描かれているので、まるで別人のような見た目です。ほうれい線がしっかりと描かれていることもあり、原作より若干加齢したような印象でしょうか。

PS4『The Last of Us Remastered』
PS5『The Last of Us Part I』

ジョエルの相棒として共に冒険し、『Part II』では主人公にもなるエリーもわかりやすいでしょう。原作では11,2歳くらいの印象を受けますが、本作では14歳という年齢に見合った大人びた見た目になっています。

このように比較してみると、テスもエリーも原作よりも実際の年齢(テスは明確な言及がないが、30代前半ほどと推測)にふさわしい顔つきになっているように感じます。フェイシャル(表情)やモーションのアニメーション品質もさらに向上しており、より俳優の演技に近い動きになっているとのことです。

PS4『The Last of Us Remastered』
PS5『The Last of Us Part I』

環境のグラフィックも大きく進化しています。ゲーム序盤、感染者から逃げ出すシーンではガソリンスタンドの光がかなり強くなっており、夜間に起こる大混乱というシチュエーションの表現力が向上しています。

PS4『The Last of Us Remastered』
PS5『The Last of Us Part I』

建物の見た目や構造自体が作り直されている場面も存在します。マップもほぼ全てが1から作り直されているように見え、有刺鉄線が少なかったバリケードはより守りが強くなり、バスケットゴールがある水たまりでは、背景の大きな壁がより現実的な構造に変化。見張りがいる部屋も窓から光が差し込む表現が映えるようになっています。

PS4『The Last of Us Remastered』
PS4『The Last of Us Remastered』
PS5『The Last of Us Part I』
PS4『The Last of Us Remastered』
PS5『The Last of Us Part I』

十分に綺麗だと思っていた原作も、こうして比べてみると9年という歳月を感じさせます。もちろん当時を考慮すると凄まじい作品であることは変わりありませんが、筆者は本作をリメイクする価値は間違いなくあったと考えます。

PS5ならではの機能によって没入感が向上

PS5に搭載された、アダプティブトリガーやハプティックフィードバック、3Dオーディオといった機能はゲームの没入感をより高めます。銃を構えるときには軽い抵抗があり、射撃の反動もトリガーを通して伝わってきます。

ハプティックフィードバックによる豊かな振動表現は武器をカスタマイズする、銃を腰に仕舞う、といった細かい動作にも連動しています。今回のプレイではたどり着けませんでしたが、弓やショットガンはアダプティブトリガーの本領が発揮されるとのことです。

音響の表現も優れており、音の方角や人物のセリフなどがより鮮明に聞き取りやすくなっています。また、オブジェクトの破壊表現はPS3と比べ物にならないくらい表現できるように進化しており、触覚や音を通じての精細な表現を味わえるのはリメイク版ならではの魅力のひとつです。表現のリッチさが堪能できる『The Last of Us』シリーズですが、PS5の機能を活用した本作は“次のステージ”に踏み込んだ表現となっています。

本作ではストーリーDLC「Left Behind -残されたもの-」ももちろんリメイクして収録されているほか、死亡時データ削除、新たなタイムアタックモード、ポイントで解除できるさらなるコスメティックアイテムの増加といったプレイヤーからの要望があった機能を搭載しています。

また、アクセシビリティオプションも充実。ボイスや振動でカットシーンや戦闘時の状況を伝えるといったハンディキャップを持つゲーマー向けの機能もありますが、進路が矢印で示されたり、敵の行動を制限して難易度を調整したりといった幅広いゲーマーが対象の機能も搭載しているため、誰でも本作を楽しむことができるでしょう。


PS5が持つ性能や各種機能で傑作を改めて「完成」させたと言っていい本作は、Naughty Dogが意図しただろう「決定版を作る」という目的を達成できていると感じます。『Part II』はさすがにまだリメイクには早いと感じるのも確かですが、それでも本作のようにPS5独自機能を搭載した版がいずれ登場しないか待ち遠しいほどです。

いずれにしても、PS5もしくはPCを持っていて、『The Last of Us』シリーズを未プレイだという方は迷わず本作の購入をおすすめします。一方で、大まかな話の流れは変わっていないので、最近原作またはリマスター版をプレイしたユーザーにとって改めてフルプライス購入するほどの強い価値があるかというと、ちょっと厳しいというのが正直なところ。それでも、クリアしたのが何年も前という方の再訪を促すには十二分な完成度でしょう。

『The Last of Us Part I』はPS5向けに2022年9月2日発売予定。PC版は後日の発売を予定しています。


《みお》
みお

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top