競技性の高いSteamユーザーは特に注意!大会登録を模したフィッシング詐欺がSteamで横行中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

競技性の高いSteamユーザーは特に注意!大会登録を模したフィッシング詐欺がSteamで横行中

ポップアップウィンドウで偽のSteamアカウント情報の入力画面を表示し、SSL証明やURLによる判別が難しくなっています。

ニュース ゲーム業界
競技性の高いSteamユーザーは特に注意!大会登録を模したフィッシング詐欺がSteamで横行中
  • 競技性の高いSteamユーザーは特に注意!大会登録を模したフィッシング詐欺がSteamで横行中
  • 競技性の高いSteamユーザーは特に注意!大会登録を模したフィッシング詐欺がSteamで横行中
  • 競技性の高いSteamユーザーは特に注意!大会登録を模したフィッシング詐欺がSteamで横行中
  • 競技性の高いSteamユーザーは特に注意!大会登録を模したフィッシング詐欺がSteamで横行中

サイバー犯罪やハイテク詐欺の防止および調査を行う大手国際会社GROUP-IBは巧妙なフィッシング詐欺がSteam上で横行していると報告しました。

本件で利用されている手口はブラウザの中でポップアップブラウザによるフィッシングサイトを表示するBrowser In The Browser(BITB)攻撃の一種で、ダイレクトメッセージでの偽のトーナメントへの勧誘でフィッシングサイトに誘導し、大会登録と偽ってアカウント情報を盗むという物。ユーザーはSteamアカウント情報と2段階認証コードを要求される完成度の高いトーナメント登録サイトに誘導されるそうです。

この詐欺で主にターゲットとされるのはプロゲーマーや競技プレイヤーで、こういったアカウントはアカウントへの総支出額も高いであろうと目論んでのことと予想しており、同社は一部のアカウントには数十万ドルの価値があるとの見解も示しています。アカウント情報をフィッシングサイトに入力してしまうとログイン資格情報を変更されるなどして復旧が難しくなるほか、スキンなどの仮想グッズがなくなったり、クレジットカード情報が漏洩したり、フレンドリストを使用してさらにターゲットを絞るのに利用される可能性があります。

利用されているフィッシングサイトはトーナメント参加登録やDiscordNitroの無料配布といったおとりページを表示後、そのサイト内のリンクからポップアップウィンドウで偽のSteamアカウント情報の入力画面を表示するもので、SSL証明やURLによる判別が難しくなっています。またページ自体も正規のWebページから完全にコピーされて、サードパーティのリソースに保存されているデータに関するアラートや、言語の変更などにも完全に対応しているそうです。

GROUP-IBは報告内で以下の様な識別方法を述べています。

  • ポップアップウィンドウのヘッダーデザインとアドレスバーを比較します。ブラウザでは、偽のページが実際のページとは異なって見える場合があります。フォントとコントロールボタンのデザインに注意してください。

  • タスクバーに新しいウィンドウが開いたかどうかを確認します。そうでない場合、ブラウザウィンドウは偽物です。

  • ウィンドウのサイズを変更してみてください。ウィンドウがフェイクの場合、サイズを変更することはできません。このような場合、ヘッダーの対応するボタンを使用して最大化することもできません。

  • ウィンドウを移動してみてください。偽のポップアップウィンドウのサイズはブラウザウィンドウに制限されているため、最初のウィンドウのコントロール要素の上に移動することはできません。

  • ウィンドウを最小化します。ウィンドウが偽物である場合、「最小化」ボタンでウィンドウを閉じます。

  • 証明書を示す鍵の記号が単なる絵ではないかどうかを確認してください。ウィンドウが偽物である場合、ロックをクリックしても何も起こりません。信頼できるブラウザはSSL証明書情報を表示します。

  • 偽のアドレス バーは機能しません。場合によってはユーザーが別のURLを入力できず、入力したとしても、ユーザーは同じウィンドウでそのURLを開くことができません。

  • ブラウザの設定でJSスクリプトの実行を無効にすると、フェイクウィンドウは表示されません。

また、不審なダイレクトメッセージからのリンクにはフィルタリングをかけたり、そもそも無視するといった一般的な対策も、もちろん有効です。大切なアカウント情報を奪われないようお気を付けください。



《焦生肉》

ゲームに関わって飯食いたい 焦生肉

ストーリー重視でゲームをプレイするけどシステムも特徴がないとイヤ!なわがままゲーマー。わがままなくせにコンプリート癖もある上つまみ食いも大好きなので積みゲーが溜まる溜まる。ゲームで飯を食うことを夢見てたらほんとにそんな機会に恵まれた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 【PC版無料配布開始】ドーナツ工場パズル『Freshly Frosted』本編&最大20人の対戦乱闘『Rumble Club』インゲームアイテム―Epic Gamesストアにて

    【PC版無料配布開始】ドーナツ工場パズル『Freshly Frosted』本編&最大20人の対戦乱闘『Rumble Club』インゲームアイテム―Epic Gamesストアにて

  2. 高評価レビュー投稿者にSteamキー配布か?インディーパブリッシャーBD GamesがSteamからBAN…『バイオプロトタイプ』や『アーティファクト・シーカー』がプレイ不可に

    高評価レビュー投稿者にSteamキー配布か?インディーパブリッシャーBD GamesがSteamからBAN…『バイオプロトタイプ』や『アーティファクト・シーカー』がプレイ不可に

  3. Paradox自身ゲームの出来に満足していたはずなのに―開発中止の生活シム『Life by You』元開発者、法的措置覚悟の必死の告発

    Paradox自身ゲームの出来に満足していたはずなのに―開発中止の生活シム『Life by You』元開発者、法的措置覚悟の必死の告発

  4. 『真・女神転生V Vengeance』発売3日で販売50万本突破!無印と合わせて160万本以上を売り上げる

  5. リメイク版『デモンズソウル』開発元のBluepoint Gamesは今もオリジナル作品を開発中―レイオフ続きもリメイク・リマスターの名手が送る新作は継続

  6. 『逆転裁判』シリーズもお買い得!カプコンの人気タイトルがセール対象になった「CAPCOM JUNE SALE」が開催

  7. 2024年8月、ドイツの「gamescom 2024」ジャパンブースへ『ウィザードリィ外伝 五つの試練』を含む3タイトルが出展決定―経産省の国産インディーゲーム海外展開支援施策

  8. 初代『バイオハザード』オリジナル版がPCに再び?海外レーティングページに掲載

  9. ポルトガル商人が封建時代日本で富を求めるゲームボーイ風ADV『Rota: Kurofune』リリース!

  10. ついにベールを脱いだ『メトロイドプライム4』!サムスの戦いを振り返る2作品の30%オフセールが実施中

アクセスランキングをもっと見る

page top