小島監督の『メタルギアソリッド』開発裏話に“1.3万件”のいいね─24周年を迎えた名作にまつわる話は令和でも大人気に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

小島監督の『メタルギアソリッド』開発裏話に“1.3万件”のいいね─24周年を迎えた名作にまつわる話は令和でも大人気に

ゲームクリエイターの小島秀夫氏が、24年前に世に放った『メタルギアソリッド』の開発裏話を通して、クリエイト術の一端を覗かせました。

ゲーム文化 カルチャー
小島監督の『メタルギアソリッド』開発裏話に“1.3万件”のいいね─24周年を迎えた名作にまつわる話は令和でも大人気に
  • 小島監督の『メタルギアソリッド』開発裏話に“1.3万件”のいいね─24周年を迎えた名作にまつわる話は令和でも大人気に
  • 小島監督の『メタルギアソリッド』開発裏話に“1.3万件”のいいね─24周年を迎えた名作にまつわる話は令和でも大人気に
  • 小島監督の『メタルギアソリッド』開発裏話に“1.3万件”のいいね─24周年を迎えた名作にまつわる話は令和でも大人気に

『DEATH STRANDING』や『ZONE OF THE ENDERS』シリーズなど、数多くの作品を生み出してきた小島秀夫氏。ゲームクリエイターとして作品の陣頭指揮を執ることも多く、ファンからは「小島監督」とも呼ばれ、親しまれています。

そんな小島氏の名前が一躍知られるようになったきっかけが、『メタルギア』シリーズです。ステルスアクションの楽しさを国内に広く伝え、1998年発売の『メタルギアソリッド』では3Dステルスアクションを確立。その優れたゲーム性でシリーズ人気を高めただけでなく、同ジャンルの後続作品にも大きな影響を与えました。

先日視聴したゲーム配信をきっかけに『メタルギアソリッド』を振り返った小島氏は、自身のTwitterにて本作の開発裏話をお披露目。そのコメントに対して、1.3万件もの“いいね”が寄せられ、話題となっています(記事執筆時点)。

本シリーズの物語は、軍事や政治、科学といった分野に深く踏み込む面があるため、普段聞きなれない特別な用語や、本作独自の造語などが会話に登場することがあります。そうした単語が出てくる場合、主人公のスネークは必ずおうむ返しで聞き返す、と小島氏が語りました。

スネークに行わせるおうむ返しの狙いは、その特別な単語をプレイヤーに印象付けるためと説明。ゲームは、会話以外の情報量も多く、またプレイヤーは操作で忙しいため、おうむ返しで単語を繰り返す形で強調しているとのことです。

今回は『メタルギアソリッド』を一例に取り上げていますが、こちらの作品に限った話ではなく、「僕の過去ゲームでは必ず問いただす」とも補足。これも小島氏のゲームクリエイト術のひとつなのでしょう。

今月の9月3日で、24周年を迎えた『メタルギアソリッド』。二回りも昔の作品ですが、ちょっとしたきっかけだけで再び注目を集める人気ぶりは、さすがの一言に尽きます。

また、「有野課長」こと有野晋哉さんが様々なレトロゲームに挑む「ゲームセンターCX」の第19弾DVDボックス(12月16日発売予定)には、テレビ未放映特典として『メタルギアソリッド』に挑戦する映像が収録されます。

その歩みが四半世紀に近づきつつも、今もなお話題が絶えない『メタルギアソリッド』。ステルスアクションの名作として、これからもその名を輝かせ続けることでしょう。

ちなみに小島氏は、『メタルギアソリッド』の裏話を報告した際に添えたポスター画像についても言及。グループ子会社のトイ&ホビー事業から「小島監督の直筆限定ポスターを売るので」といった要請を受け、置いていった200枚ほどのポスターにサインをしたと明かしました。「このポスターには苦い思い出がある」と小島氏がこぼしていますが、その労力を想像すると無理もない一言です。


創作する遺伝子―僕が愛したMEMEたち―(新潮文庫)
¥624
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES + THE PHANTOM PAIN - PS4
¥2,180
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《臥待 弦》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ダークファンタジー小説「ブレイド&バスタード -灰は暖かく、迷宮は仄暗い-」日本語/英語版同時リリース!『ウィザードリィ』モチーフに紡ぐ新しい物語

    ダークファンタジー小説「ブレイド&バスタード -灰は暖かく、迷宮は仄暗い-」日本語/英語版同時リリース!『ウィザードリィ』モチーフに紡ぐ新しい物語

  2. 「The Game Awards」GOTY授賞式に不審者が乱入―その後逮捕とジェフ・キーリー報告

    「The Game Awards」GOTY授賞式に不審者が乱入―その後逮捕とジェフ・キーリー報告

  3. 「ライザ」がシリーズ最新作『3』の姿で最速フィギュア化!より大人になった彼女を忠実再現、予約開始

    「ライザ」がシリーズ最新作『3』の姿で最速フィギュア化!より大人になった彼女を忠実再現、予約開始

  4. 人気ストリーマーEuriece(ユリース)が「SCARZ」へ加入!“KSGK”デザインの記念限定アイテムの販売も

  5. 今度は“歩くCPUママ”現る?一見なんの変哲もない妊婦さん、しかしてその実態は…驚愕のCPU密輸法

  6. 激しい攻めに耐えられるか…アダルトグッズと連動して激しく振動するハイスピードFPSの“公式Mod”が登場

  7. 新世代版『ウィッチャー3』での人気Mod互換性リスト公開! アップデート後は専門チームによるアドバイスも提供

  8. アーケード版『ストリートファイター6』の開発が決定! ゲームセンターにも最新作が登場へ

  9. 『R-TYPE FINAL 2』PLUM1/100「R-9Aアロー・ヘッド」レビュー!フォースと合体したR-9Aはボリューム満点だった【特集】

  10. オープンワールドのサイバーパンク賞金稼ぎTPS『Vigilancer 2099』最新ゲームプレイ映像!

アクセスランキングをもっと見る

page top