「Stadia」終了について海外デベロッパーからさまざまな声―Stadia版リリース申請2時間後に知った開発者も【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「Stadia」終了について海外デベロッパーからさまざまな声―Stadia版リリース申請2時間後に知った開発者も【UPDATE】

「Stadia」は2023年1月18日にサービス終了予定です。

クラウドゲーム Stadia
「Stadia」終了について海外デベロッパーからさまざまな声―Stadia版リリース申請2時間後に知った開発者も【UPDATE】
  • 「Stadia」終了について海外デベロッパーからさまざまな声―Stadia版リリース申請2時間後に知った開発者も【UPDATE】
  • Chesnot/Getty Images News/ゲッティイメージズ

2023年1月18日にサービス終了を発表したグーグルのクラウドゲーミング「Stadia」。本サービスの終了発表を受け、さまざまなゲームデベロッパーが反応を示しています。

推理アドベンチャー『Tangle Tower』のStadia版リリースを2日後に控えていたSFB Gamesの開発者Tom Vian氏は、サービス終了をメディア報道で知り、動揺していることを報告。コロニー建築シミュレーション『Maia』開発者のSimon Roth氏は、数ヶ月にわたる作業が「ゴミ箱行きとなった」と嘆いています。

「東京ゲームショウ2022」で試遊出展していた、2023年発売予定のRPG『Demonschool』のデベロッパーNecrosoft Gamesのディレクターbrandon sheffield氏は、Stadiaの開発収益が最も高かったとコメント。間もなくリリースを予定している『Hyper Gunsport』で開発費を回収する予定だったのが厳しくなったとして、Steam版をウィッシュリストに入れてほしいとお願いしています。

そのほか、デベロッパーNo More RobotsのMike Rose氏や、『The Bard's Tale III: Thief of Fate』の開発スタッフRebecca Heineman氏は、11月にStadiaでゲームをリリース予定であることを報告。Mike Rose氏はグーグルからの連絡がないことを明らかにしています(9月30日時点)。pixel gamesは、いくつかのゲームをStadiaで出すための処理を数週間かけて終わらせたわずか2時間後にサービス終了のニュースを見たようです。

大手ゲームデベロッパーでも一部が反応しており、IO Interactiveは『HITMAN』シリーズをStadiaで遊んでいるユーザーに向け、プレイデータを他のプラットフォームへと引き継げる方法を探しているとコメント。Bungieは『Destiny2』について次のステップに向けた話し合いを開始したとして、今後あらためて情報提供を行うことを約束しています。

UPDATE(2022/10/2 3:00):誤字を修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。

《Mr.Katoh》
Mr.Katoh

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

クラウドゲーム アクセスランキング

  1. グーグルの海外向けクラウドゲーミング「Stadia」サービス終了発表―想定より利用者が増えず

    グーグルの海外向けクラウドゲーミング「Stadia」サービス終了発表―想定より利用者が増えず

アクセスランキングをもっと見る

page top