任天堂×DeNAの合弁会社「ニンテンドーシステムズ」設立へ―目的は任天堂の“デジタル化”を強化すること | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂×DeNAの合弁会社「ニンテンドーシステムズ」設立へ―目的は任天堂の“デジタル化”を強化すること

2023年4月3日に設立予定。任天堂のビジネスのデジタル化を強化することを目的として設立されます。

ニュース ゲーム業界
任天堂
  • 任天堂
  • ディー・エヌ・エー

任天堂は、ディー・エヌ・エー(DeNA)との合弁会社「ニンテンドーシステムズ」を2023年4月3日に設立予定であると発表しました。

ニンテンドーシステムズは、任天堂のビジネスのデジタル化を強化することを目的として、ユーザーとの関係性をより一層深めるための研究開発と付加価値創造を行うべく設立するもの。

任天堂はニンテンドーアカウントを中心としたユーザーとの関係性の維持・拡大を目指しており、その一環として2015年にDeNAと業務・資本提携を締結。新たな基幹システムの開発と運用に取り組んでいました。

今回のニンテンドーシステムズ設立に際し、7年以上におよぶ両社のノウハウの蓄積とニンテンドーアカウントを基盤とした様々なサービス開発の経験を元に、提携・パートナーシップを強化していくといいます。

◆合弁会社(特定子会社)の概要

  1. 名称:ニンテンドーシステムズ株式会社

  2. 所在地:東京都

  3. 代表者の役職・氏名:代表取締役社長 佐々木 哲也

  4. 事業内容:任天堂のビジネスのデジタル化強化を目的とした研究開発及び運用と付加価値創造

  5. 資本金:50億円

  6. 設立年月日:2023年4月3日(予定)

  7. 決算期:3月期

  8. 出資比率
    ・任天堂株式会社:80%
    ・株式会社ディー・エヌ・エー:20%

  9. 上場会社と当該会社との間の関係
    ・資本関係:当社が80%出資する子会社となります。
    ・人的関係:当社より若干名の役職員が当該会社の取締役を兼務する予定です。
    ・取引関係:当社は、当該会社に対して当社ビジネスのデジタル化強化を目的とした開発及び運用を委託する予定です。
    (注)本合弁会社の設立は、各国の競争法上の許認可その他の本合弁会社の設立を実行するために必要な許認可の取得等を前提としております。


Nintendo Switch(有機ELモデル) スプラトゥーン3エディション
¥38,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《茶っプリン》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

    Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

  2. モバイル版『バトルフィールド』の開発中止が決定…今後は『BF2042』と次回作のプリプロに注力

    モバイル版『バトルフィールド』の開発中止が決定…今後は『BF2042』と次回作のプリプロに注力

  3. Epic Gamesの基本無料バトロワ『Rumbleverse』がサービスを終了…日本でのリリースは叶わず

    Epic Gamesの基本無料バトロワ『Rumbleverse』がサービスを終了…日本でのリリースは叶わず

  4. ベラルーシ政府が『World of Tanks』開発元の幹部を「テロ支援者」に認定…政治的な圧力によるものか

  5. 国内のPCゲームプレイ経験者は1千万人以上!「今後プレイしたい」という潜在ユーザー数も同程度存在するという調査結果が公開

  6. 『World of Tanks』開発のWargamingがロシアとベラルーシから完全撤退―この決定でかなりの損失を想定

  7. 2022年「ゲーム業界」関連記事ランキング!『真・女神転生』MMO訴訟、オランダのルートボックス規制法案など【年末年始特集】

  8. Amazonで『トゥームレイダー』の新作ドラマシリーズが準備中!脚本は映画「007」にも携わった脚本家が担当

  9. スクエニ魔法ACT『FORSPOKEN』が1位!Steam売上ランキングまとめ―『Dead Space』リメイクも上位に

  10. Steamで非常に好評の『Raft』ゲーム機版発売決定!イカダを広げて海をゆく一味違うサバイバル

アクセスランキングをもっと見る

page top