フィル・スペンサー「クラウド専用Xboxは延期」と認める。十分に安くできなかったため | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

フィル・スペンサー「クラウド専用Xboxは延期」と認める。十分に安くできなかったため

米マイクロソフト(以下、「MS」)は低価格のクラウド専用Xboxを開発中だと、約2年前から明らかにしていました。

ゲーム機 ハードウェア
Phil Spencer/Twitter
  • Phil Spencer/Twitter

米マイクロソフトが開発していた「低価格のクラウド専用Xbox」は、当面のあいだ発売されないことが分かりました。

「クラウド専用Xbox」は数年前からうわさになっており、マイクロソフトも約2年前に存在を認めています

有志によるデータマイニング、すなわちOSなどのコード解析による未公開情報の発掘から浮上した新型ハードウェア「Keystone」の存在も、MSは事実だと認めました

続いてXbox部門責任者フィル・スペンサー氏も思わせぶりに試作機らしきデバイスをチラ見せし、いやが上にも期待は盛り上がっていました。

が、そのスペンサー氏がいったん本製品は棚上げし、発売するとしても数年後だと発言。少なくとも2022~2023年には登場しないことが確定してしまいました。

なぜ、クラウドXboxが発売延期となったのか? それは要するに「値段が高すぎるから」だと明かされました。

スペンサー氏はThe Vergeとのインタビューのなかで、ざっくりした真相を語っています。その理由の核心はハードウェアのコストにありました。

「実際に社内でハードウェアで作り上げると、望んでいたより高価だった」と振りかえっています。

そのため開発努力をスマートTV用のストリーミングアプリ開発に集中した、とのこと。

どれぐらいの価格を狙っていたかといえば、99~129ドルの間だったそうです。これは現行モデルXbox Series Sの299ドルをはるかに下回っていますが、本体コストのほかコントローラーも同梱したことで近づいてしまったと仄めかされています。

クラウドゲーミングでは『Fortnite』や『マイクロソフトフライトシミュレーター』などXboxのゲームそのものをスマホで遊ぶことができ、タッチ操作に最適化したタイトルも増えてはいますが、ゲーム機に近い体験にはやはり物理的なコントローラが必要です。

クラウドゲーミングサービスにコントローラーをセット販売する考えは、もうすぐ短い生涯を終えるGoogle Stadiaも行っていたこと。

しかし、当時の「Stadia Founder's Edition」はChromecast Ultraやコントローラー込みで129ドルだったことから、Keystoneはかなりリッチな仕様となっていたのかもしれません。

またスペンサー氏はKeystoneプロトタイプが「ユーザーインターフェースはXboxに近く、完全に機能する」とコメント。実際に家に持ち帰って満足のいく動作をしたとしつつ、自分のオフィスでチラ見せした試作機はチームが9ヶ月で作り上げたものだと語っています。

その一方で「我々はまだ関心を持っているし、適切なコストになる時期を見計らっている」と述べ、完全に発売中止したわけではないと仄めかしているようです。

MSは2023年度第1四半期(7~9月期)の決算説明会で、これまでXbox Cloud Gamingを利用したユーザーが2,000万人を突破したと発表していました。この数字は、Epic Gamesと提携して『Fortnite』無料プレイ提供(Xbox Game Passの加入必要なし)を始める前に発表された1000万人の倍となります。

不況がハイテク業界を直撃しているなか、MSはあえてコストもリスクも高い新型ハードウェアを投入するよりも、すでに普及している他社製のスマートフォンやスマートTVに(アプリの形で)相乗りした方が得策と判断したのかもしれません。


Xbox
¥0
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2
¥17,073
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Kiyoshi Tane》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. Steamゲームのコントローラー対応がわかりやすく!PS系を中心に対応表記が大幅拡充

    Steamゲームのコントローラー対応がわかりやすく!PS系を中心に対応表記が大幅拡充

  2. 【Steam Deckお悩み解決】日本語入力のやり方は?スクリーンショットの取り出し方は?

    【Steam Deckお悩み解決】日本語入力のやり方は?スクリーンショットの取り出し方は?

  3. 携帯ゲーミングPCに「Ryzen 7 7840U」搭載モデル続々登場!重量わずか400gのシリーズ最新モデル「AYANEO AIR 1S」はクラウドファンディングを7月11日開始

    携帯ゲーミングPCに「Ryzen 7 7840U」搭載モデル続々登場!重量わずか400gのシリーズ最新モデル「AYANEO AIR 1S」はクラウドファンディングを7月11日開始

  4. ソファに座ってPCゲームをしたい?できます「COUCHMASTER」ならね【購入レポ】

  5. 去り行く「ILLUSION」に、『VRカノジョ』をプレイしながら敬礼! “とっておき”に触れた別れの夏

  6. Steamプライバシーポリシー変更の影響根強い「SteamSpy」、機械学習利用の新アルゴリズムで再起図る

  7. エログロ地獄巡りホラーがVRでさらに残酷にセクシーに!地獄完全没入ホラー『Agony VR』リリース

  8. オープンワールドVR『Stormland』新トレイラー!アンドロイドとなって大自然に飛び込め

  9. NPCとのリアルタイム音声会話を可能にする「Smart NPCs」発表!AIを利用したUnreal Engine向けプラグイン

  10. 話しかける度違った反応でヒントをくれる!?知能を持ったNPCを作り出すテクノロジー「NVIDIA ACE」最新デモ公開

アクセスランキングをもっと見る

page top