『Need for Speed Unbound』Twitterアカウントでの数々の暴言に関しEAが謝罪―“SNS上での返信が一線を越えてしまった” | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Need for Speed Unbound』Twitterアカウントでの数々の暴言に関しEAが謝罪―“SNS上での返信が一線を越えてしまった”

「泣けよ、ブラザー」発言はエッジが効きすぎたようです。

PC Windows
『Need for Speed Unbound』Twitterアカウントでの数々の暴言に関しEAが謝罪―“SNS上での返信が一線を越えてしまった”
  • 『Need for Speed Unbound』Twitterアカウントでの数々の暴言に関しEAが謝罪―“SNS上での返信が一線を越えてしまった”
  • 『Need for Speed Unbound』Twitterアカウントでの数々の暴言に関しEAが謝罪―“SNS上での返信が一線を越えてしまった”

エレクトロニック・アーツは12月2日リリース予定の『Need for Speed Unbound』(NFS)に関して、Twitter公式アカウントによるファンを侮辱した発言を謝罪しました。

きっかけとなったのは11月21日のTwitterでした。『Need for Speed Unbound: Palace Editiond』の事前予約購入者には、3日間の早期アクセス権を与えるというキャンペーンについてつぶやいたところ、とあるファンが「ちょっと待って、3日早くアクセスするためにもっとお金を払えということなの?」「3日早くプレイするために、『NFS』シリーズのファン達に追加料金を請求するのは、搾取だ。全然クールじゃない」とリプライを投稿しました。

NFSアカウントがこれに対して「泣くか、通常版を買ったら?どっちでもいいし」と返答。ファンが「リリース日に買うつもりでしたが、この公式アカウントのせいで買うのをやめます。あなたは自分が思ってるほどクールじゃないし、プロの態度とも思えない」と批判を重ねると、さらに「リプを全部読んでないけど、ゴメンそれともオメデトウかな」とNFSアカウントは返信する始末。

11月24日にEAは「『NFS』発売のPRに少し夢中になるあまり、SNS上の返信が一線を越えてしまったことをお詫びします。(発売日の)来週お会いしましょう」と正式に謝罪コメントを発表し、以前の投稿は削除されましたが、すでに多くのTwitterユーザーがスクリーンショットを保存した後でした。

このやりとり以外にも、互いに「milkshake brain」「milkshake company」といった言葉の応酬があり、海外メディアEurogamerやPCGamerは「“milkshake brain”発言をEAが謝罪」と報じ、「コミュニティマネージャーはファンの苦情に対応するのにうんざりして、やけくそになったのか」と推測しながらも「“エッジの効いた発言を返したつもり”かもしれないが、シリーズファンを不愉快にさせただけで、不当な発言である」と述べています。

『Need for Speed Unbound』はPS5/Xbox Series X/S/PC(Epic Games Store/Origin/Steam)向けに、12月2日発売予定です。

《稲川ゆき》
稲川ゆき

プレイのお供は柿の種派 稲川ゆき

ゲームの楽しさに目覚めたのは25歳過ぎてからの超遅咲き。人やら都市やら、何でも育て上げるシミュレーション系をこよなく愛する、のんびりゲーマーです。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. ブラウザ版も人気のローグライクダンジョンRPG『Buriedbornes』Steam版発表―簡単操作でシビアな冒険を乗り越えろ

    ブラウザ版も人気のローグライクダンジョンRPG『Buriedbornes』Steam版発表―簡単操作でシビアな冒険を乗り越えろ

  2. 西部開拓時代オープンワールド『Wild West Dynasty』早期アクセス開始日決定!

    西部開拓時代オープンワールド『Wild West Dynasty』早期アクセス開始日決定!

  3. 『ニーア』シリーズの好調なセールス記録にヨコオタロウ氏「感謝を通り越して畏怖の感情」

    『ニーア』シリーズの好調なセールス記録にヨコオタロウ氏「感謝を通り越して畏怖の感情」

  4. 航海ストラテジーADV『Sailing Era』体験版に日本語追加―荒波に立ち向かい、異国の港を訪れ貿易しよう

  5. 2年目の新規コンテンツ登場!『ファークライ6』拡張「Lost Between Worlds」発表―詳細は30日午前3時お披露目

  6. 『オーバーウォッチ 2』の新ヒーロー「ラマットラ」の開発映像が公開―2形態を切り替えて戦うタンク

  7. 「スポンジ・ボブ」が『The Callisto Protocol』に与えた影響とは!?アートディレクターが語る「ゲーム体験への貪欲さ」

  8. 『シロナガス島への帰還』PC版販売本数10万本突破―発売から2年8カ月で達成

  9. 初心者から熟練者まで簡単に試作できる電子回路シミュ『CRUMB Circuit Simulator』Steamでも配信開始

  10. 『Valheim』続編の可能性を開発者が語る―没案の主人公は灰色ドワーフ

アクセスランキングをもっと見る

page top