「MSX 0」がクラファン近日開始!MSX2ゲームが動く公式ゲームボーイ風マシン | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「MSX 0」がクラファン近日開始!MSX2ゲームが動く公式ゲームボーイ風マシン

ついに西氏のMSX 3プロジェクトの関連製品が世に放たれるか!?

ゲーム文化 クラウドファンディング
David De Lossy/Photodisc/ゲッティイメージズ
  • David De Lossy/Photodisc/ゲッティイメージズ
  • Wang Yukun/Moment/ゲッティイメージズ

MSXの生みの親である西和彦氏によるMSX 3プロジェクトは着々と進行し、日々Twitterで進捗状況が伝えられてきました。実際に触れるマシンはまだか!?というユーザーの熱い要望の中、ついにクラウドファンディングの形ですが、プロジェクトの関連製品の販売がアナウンスされました。

しかし今回は「MSX 3」ではなく「MSX 0」。5cm×5cmの超小型マシン「M5Stack」上で動作するMSX2シミュレーターとなります。

◆超小型マシン上で公式MSX2が動く!M5Stackとは?

まず11月17日に、オリジナルの公式エミュがM5Stack上で動いたことが報告されました。

M5Stackは中国シンセン市の企業が開発した超小型マイコンキットです。ESP32というWi-FiやBluetoothにも対応したSoCを搭載しています。CPUコアはARMではなく、XtensaというRISCアーキテクチャの32bit 240MHz デュアルコアのプロセッサを採用しています。

入出力は320×240ドットカラー液晶。3つのボタン、電源兼リセットスイッチ、USB Type-C、そしてセンサー接続などに使うGrove端子を持ちます。このM5StackとMSX2エミュレーターのセットが「MSX 0」のようです。

西氏はMSX 0のGrove端子に300種類以上のセンサーを繋ぎ、BASICでプログラミングできるとツイートしています。

MSX 0のBASICは拡張され、USB3、Grove、クラウド(おそらくWi-Fi経由)に対応するとのこと。 単なるMSX2ではないのですよ。IoTできちゃうMSX2なのです。

◆これは痺れる!掌に載るMSX2マシンでゲームもできる

M5Stackに超小型フルキーボードやゲームパッドなどをセットにした「M5Stack Faces」にMSX2エミュレーターを載せたものが「MSX 0」として今回、クラウドファンディングの対象となるようです。

キーボードとゲームパッドは差し替えることができると思われます。

もちろん、MSXのゲームも動く!

さらにセットには充電ベースやUSBケーブル、ケースも付き、WindowsやAndroidから接続するためのコントロールパネルはWebサイトからダウンロードできるようです。

◆クラウドファンディングは2023年1月15日開始を予定

クラウドファンディングのスケジュールは以下を予定されています。

・1月15日 スタート
・3月31日 締めきり
・4月20日 発送

クラウドファンディングの条件は3,000台売れること。達成しなければ中止。 値段は見積もり中とのことです。

上記のスケジュールなどは、変更の可能性もあります。 興味のある人は、西和彦氏のツイートを定期的にチェックしてみましょう。

◆MSX3の方も大変なことに!

なお「MSX 3」の方は32bit版と64bit版がある他、ガチの現役スパコンに使われている4096コアCPUの搭載の「MSX Turbo S 4096」が計画されています(厳密にはMSX 3とは別の規格のようですが、TAOXというソフト基盤上で互換性が保たれると思われます)。

さらに512コア版のモンスターノートPCの話も。

512コア版は1コア=1000円で50万円台を目指すとのこと。64bitの浮動小数点演算性能は約4.9TFlOPS。NVIDIA GeForce RTX 3080 Laptopが64bitだと0.3TFLOPSぐらいなので、超お買い得になるかもしれません。

ここからは筆者の妄想ですが、流行のAIイラスト作画ソフトウェア、その中でもStable Diffusionはオープンソースなので、この超お買い得なマシンへと移植できる可能性もあります。筆者の妄想ツイートに西和彦氏は「はい」とだけ答えてくれました。

こちらも期待ですね!

《根岸智幸》

編集者、ライター、ソフトウェアエンジニア、メディアビジネス企画開発 根岸智幸

ITと出版とオタクの何でも屋。グルメや女性誌や芸能やBLマンガもやりました。キャンギャルやコンパニオンの写真も撮ったりします。
・インターネットアスキー編集長(1997-1999)
・アスキーPC Explorer編集長(2002-2004)
・東京グルメ/ライブドアグルメ企画開発運営(2000-2008)
・本が好き!企画開発運営(2008-2013)
・BWインディーズ企画運営(2015-2017)
・Webメディア運営&グロース(2017-)
著書
・Twitter使いこなし術(2010)
・facebook使いこなし術(2011)
・ほんの1秒もムダなく片づく情報整理術の教科書(2015)
など

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

    大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  3. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  4. 『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

  5. ZETA DIVISIONにストグラなどで人気の「ファン太」さんが新加入!さっそく得意なベジータの声マネを披露―「邪魔するぜぇ!」

  6. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  7. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  8. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  9. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  10. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

アクセスランキングをもっと見る

page top