ドワーフ生活シム『Dwarf Fortress』にアスキーアート風グラフィックの「クラシックモード」追加アップデート配信 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ドワーフ生活シム『Dwarf Fortress』にアスキーアート風グラフィックの「クラシックモード」追加アップデート配信

有料版ローンチの成功により、開発チームの規模が拡大したことも報告されています。

PC Windows
ドワーフ生活シム『Dwarf Fortress』にアスキーアート風グラフィックの「クラシックモード」追加アップデート配信
  • ドワーフ生活シム『Dwarf Fortress』にアスキーアート風グラフィックの「クラシックモード」追加アップデート配信
  • ドワーフ生活シム『Dwarf Fortress』にアスキーアート風グラフィックの「クラシックモード」追加アップデート配信

Kitfox Gamesは、Bay 12 Games開発のドワーフ生活シミュレーション『Dwarf Fortress』に「クラシックモード」を追加するアップデートを配信しました。

本作は2人の兄弟が開発した有名フリーゲームの有料版で、12月6日にSteam、itch.ioにてリリースされていました。プレイヤーはドワーフに指示をして要塞を管理し、生き残らせることを目指しますが、必要なのは食料などの確保だけではなく敵の攻撃にも対処しなければなりません。

本アップデートではそんな本作に「クラシックモード」を追加。ボタンを押して切り替え可能な同モードでは、グラフィックが文字をベースとしたアスキーアート風になります。またそれにともなって一部グラフィックの追加・変更や、Steamトレーディングカード対応、オーディオ改善なども実施されています。

有料版の成功によって開発チームも規模拡大したという『Dwarf Fortress』は、Windows向けにSteamitch.ioにて配信中です。


怒矮夫風雲録 闇の覇者
¥451
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《いわし》

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

    『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

  2. 『ELDEN RING』DLCで「無限復活するツリーガード」の発見報告相次ぐ―とある手段を踏むことで再出現

    『ELDEN RING』DLCで「無限復活するツリーガード」の発見報告相次ぐ―とある手段を踏むことで再出現

  3. 地下を探索して拠点を拡張して生き残れ!『Diablo』系ARPG作り続けて15年のカルト的人気のデベロッパーが新たに送る2DサバイバルクラフトアクションRPG『Din's Champion』Steamストアページが公開

    地下を探索して拠点を拡張して生き残れ!『Diablo』系ARPG作り続けて15年のカルト的人気のデベロッパーが新たに送る2DサバイバルクラフトアクションRPG『Din's Champion』Steamストアページが公開

  4. 高評価採掘サンドボックス『Core Keeper』7月19日にSteamで価格改定実施―8月27日の早期アクセス終了に伴い

  5. 『Escape from Tarkov』ワイプのない「PVE ZONE」モードが拡張として20ドルで販売開始

  6. 『No Man’s Sky』宇宙全体を刷新し多様性が更に拡大―惑星・動植物種や映像表現等を大幅強化「Worlds Part 1」アプデ配信開始

  7. トレカショップ経営シム『TCG Card Shop Simulator: Prologue』―ブースターパックを販売したり自分でカードを集めることも

  8. イナイレ最新作『イナズマイレブン 英雄たちのヴィクトリーロード』7月18日20時からSteam/PS向け体験版配信!「ゲームへの登場権」が賞品となる初の公式大会も開催決定

  9. 『原神』修正された「ヌヴィレット」の高速回転バグ、批判続出でロールバックへ―「登場後のキャラ修正は、どのような意図でもユーザーを傷つけてしまう」

  10. SWATタクティカルFPS『Ready or Not』DLC第1弾「Home Invasion」は7月24日リリース―ハリケーンの被害を受けた街を守る

アクセスランキングをもっと見る

page top