任天堂がARを活用したスマホ向け『nintendogs』を開発中か?気になる特許情報が浮上 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂がARを活用したスマホ向け『nintendogs』を開発中か?気になる特許情報が浮上

長い間動きを見せていないシリーズ、復活なるか?

ニュース ゲーム業界
任天堂がARを活用したスマホ向け『nintendogs』を開発中か?気になる特許情報が浮上
  • 任天堂がARを活用したスマホ向け『nintendogs』を開発中か?気になる特許情報が浮上
  • 任天堂がARを活用したスマホ向け『nintendogs』を開発中か?気になる特許情報が浮上
『nintendogs + cats』(北米版)トレイラー。

任天堂が申請した特許情報から、長らく新作が途絶えている『nintendogs』シリーズの最新作がスマートフォン向けに計画されているかもしれないことがわかりました。

2021年11月に申請され2023年1月17日に申請されたというこの情報は、「情報処理プログラム、装置、システム、および/または方法を格納する記憶媒体」カテゴリで申請されています。内容は仮想上のものをカメラを通して現実世界にあるように見せるAR技術になっており、添付の画像では勉強机などが置いてある部屋に犬が配置されようとしているイメージ図が載っています。

画像は『nintendogs + cats』(2011)。

現時点で公式の発表やそれを思わせる他の情報はなく、この情報は新作の存在を必ずしも裏付けるものではありません。しかし、よく見られるタイトルだけの商標申請と異なり、これまでシリーズで登場していないスマートフォンを使ったイメージ図が登場していることは、信憑性を高める大きな情報と言えます。

『nintendogs』シリーズはまずはじめに、2005年にニンテンドーDS向けに発売されました。犬の飼育やお世話、ふれあいをバーチャルで楽しめるという内容で、DSのタッチ操作を活用した作品でした。6年後の2011年には3DSのローンチタイトルとして『nintendogs + cats』が登場し、猫も飼えるように。また3DS付属のARカードを用いて、現実世界にペットを出現させることができるという今回の特許情報に通ずる機能もありました。

画像は『nintendogs + cats』(2011)。

DS版は『New スーパーマリオブラザーズ』に次ぐ売上を誇るヒット作となりましたが、最新コンソールであるニンテンドースイッチ向けには新たな作品が発表されていません。そのため、このスマートフォン向け『nintendogs』が発表された場合は、実に12年ぶりの新作となります。


ニンテンドープリペイド番号 5000円|オンラインコード版
¥5,000
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
ニンテンドープリペイド番号 3000円|オンラインコード版
¥3,000
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《みお》
みお

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. モバイル版『バトルフィールド』の開発中止が決定…今後は『BF2042』と次回作のプリプロに注力

    モバイル版『バトルフィールド』の開発中止が決定…今後は『BF2042』と次回作のプリプロに注力

  2. Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

    Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

  3. Epic Gamesの基本無料バトロワ『Rumbleverse』がサービスを終了…日本でのリリースは叶わず

    Epic Gamesの基本無料バトロワ『Rumbleverse』がサービスを終了…日本でのリリースは叶わず

  4. ベラルーシ政府が『World of Tanks』開発元の幹部を「テロ支援者」に認定…政治的な圧力によるものか

  5. 国内のPCゲームプレイ経験者は1千万人以上!「今後プレイしたい」という潜在ユーザー数も同程度存在するという調査結果が公開

  6. 『World of Tanks』開発のWargamingがロシアとベラルーシから完全撤退―この決定でかなりの損失を想定

  7. 2022年「ゲーム業界」関連記事ランキング!『真・女神転生』MMO訴訟、オランダのルートボックス規制法案など【年末年始特集】

  8. Amazonで『トゥームレイダー』の新作ドラマシリーズが準備中!脚本は映画「007」にも携わった脚本家が担当

  9. スクエニ魔法ACT『FORSPOKEN』が1位!Steam売上ランキングまとめ―『Dead Space』リメイクも上位に

  10. 『モンハン』『バイオハザード』シリーズが貢献!コンシューマ販売本数2,910万本で前年超え―カプコン第3四半期決算

アクセスランキングをもっと見る

page top