DV・不法監禁で訴訟のジャスティン・ロイランドが『HIGH ON LIFE』開発会社を退社―同スタジオは過去にハラスメントで訴訟も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

DV・不法監禁で訴訟のジャスティン・ロイランドが『HIGH ON LIFE』開発会社を退社―同スタジオは過去にハラスメントで訴訟も

2020年にDVの疑いで起訴・逮捕された後、無罪を主張していました。

ニュース ゲーム業界
DV・不法監禁で訴訟のジャスティン・ロイランドが『HIGH ON LIFE』開発会社を退社―同スタジオは過去にハラスメントで訴訟も
  • DV・不法監禁で訴訟のジャスティン・ロイランドが『HIGH ON LIFE』開発会社を退社―同スタジオは過去にハラスメントで訴訟も
  • DV・不法監禁で訴訟のジャスティン・ロイランドが『HIGH ON LIFE』開発会社を退社―同スタジオは過去にハラスメントで訴訟も

「リック・アンド・モーティ」で知られるクリエイター、ジャスティン・ロイランド氏がDVや不法監禁で訴訟された後、『HIGH ON LIFE』の開発スタジオであるSquanch Gamesから退社したことがわかりました。

ジャスティン・ロイランド氏は13日の報道で、過去に交際していた女性から家庭内暴力や不法監禁によって、2020年1月に刑事告訴されていたことがわかりました。その後ロイランド氏は逮捕され、2020年8月に5万ドルの保釈金で釈放、2020年10月に無罪を主張したといいます。

裁判記録によると、ロイランド氏は100フィート(約30メートル)以内に近づかないこと、所持している銃器を放棄することを求められました。この出来事は長らく公に報じられておらず、詳細は不明なことが多いという状態です。

そんな中、ロイランド氏が共同設立者であった『HIGH ON LIFE』の開発スタジオ・Squanch Gamesは、1月16日付でロイランド氏がスタジオを退社したことを発表しました。同氏の退社後もゲーム開発は継続され、『HIGH ON LIFE』のサポートも継続して行われるとのことです。

あわせて、同スタジオが過去にハラスメントで訴えられていたこともわかりました。スタジオに務めていたデザイナー、サラ・ドゥカコス氏が2018年に代理を通じて起こした訴訟は、当時のテクニカルディレクターであったジェフ・ディクソン氏から、セクシャルハラスメントや差別を受けたと主張するものです。

さらに、共同設立者であるターニャ・ワトソン氏に被害を訴えたものの、対処されるどころか業績不振を理由に解雇。ワトソン氏の圧力によって、退職金の一部として責任免除にサインさせられたと述べています。

スタジオは当初訴えを否定したものの、その後和解したとのことです。ロイランド氏のDV報道とあわせて、Squanch Gamesの労働環境・文化に疑念の眼差しが向けられています。


Logicool G ゲーミングヘッドセット G433BK
¥6,550
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
Razer BlackShark V2 X ゲーミングヘッドセット RZ04-03240100-R3M1
¥5,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《みお》

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. スイッチエミュレーター「Yuzu」約3億6,000万円の和解金支払いに合意―ウェブサイトも閉鎖へ

    スイッチエミュレーター「Yuzu」約3億6,000万円の和解金支払いに合意―ウェブサイトも閉鎖へ

  2. またもや過去最多を更新!Steam同時接続数が3,400万人を突破―アクティブユーザーは1,110万人に上る

    またもや過去最多を更新!Steam同時接続数が3,400万人を突破―アクティブユーザーは1,110万人に上る

  3. 独立行政法人・JETROがSteamで「日本産ゲーム特集」ページを公開!インディー中心に珠玉のゲーム作品を紹介、一斉セール告知も

    独立行政法人・JETROがSteamで「日本産ゲーム特集」ページを公開!インディー中心に珠玉のゲーム作品を紹介、一斉セール告知も

  4. ニンテンドースイッチエミュ「Yuzu」開発者が任天堂の召喚状に応じる

  5. 海外でPC版『Ghost of Tsushima』の怪情報…境井仁の誉れはPS以外にも広がるか?

  6. Epic Gamesはやっぱりハッキングされてない―犯行声明のハッカー集団が“負け”を認める、ほんとは詐欺師集団だった?謎の発表も

  7. 『ティアキン』違法DLを助長した―ニンテンドースイッチエミュレーター「Yuzu」を任天堂が提訴

  8. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

  9. 『ヘブンバーンズレッド』はなぜ大ブレイクしたのか―2周年を迎え、まだまだ盛り上がりをみせる本作の魅力に迫る!

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top