"再生医療"テーマの本格サバイバルホラー『Project SZ(仮タイトル)』制作決定―ゲーム実況者「島津の鉄砲兵」氏監修 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

"再生医療"テーマの本格サバイバルホラー『Project SZ(仮タイトル)』制作決定―ゲーム実況者「島津の鉄砲兵」氏監修

「回復」がゲームのコアになっており、これまでにない切り口のサバイバルホラー体験となるようです。

PC Windows

個人ゲーム開発者727 Not Houndは、サバイバルホラーADV『Project SZ(仮タイトル)』をPC(Steam)向けに制作を決定したと発表し、告知トレイラーを公開しました。

本作は、怪談の噂がある病院を舞台にしたサバイバルホラーアドベンチャー。「再生医療」をテーマに掲げており、アイテムの残数や敵の配置などを考慮しながら探索、目的を遂行していきます。また戦闘を中心にしたゲームプレイを想定しているとのことで、その中で「回復」行為は本作品のコアであり、これまで見られなかった切り口で恐怖表現とゲームプレイの融合が図られるようです。

今回の発表では、Youtuberラファエル氏など数多くのクリエイターを擁するKiii所属で、実況者/Vtuberである「島津の鉄砲兵」氏を本作品の監修および主人公のモデルとして起用することが判明しています。727 Not Hound氏いわく「珍しくなりつつある"顔出しのゲーム実況者"である点を生かして島津氏を主演モデルに起用した」とのことです。

告知トレイラー

トレイラーでは、ブラウン管テレビ風の画面が映し出され開発者である727 Not Hound氏が、本作のコンセプトや開発時期などを語っています。Steamページでの投稿によれば、2023年7月頃から本格的な開発が開始され2023年末または来年2024年内のリリースを目指すとのことで、現在はゲームの設計、シナリオプロットの大まかな制作、作品のイメージを固めるためのコンセプトアートの制作などを行っている段階のようです。

人気ゲーム配信者を起用した"再生医療"サバイバルホラー『Project SZ(仮タイトル)』は開発初期段階で、発売日は未定となっています。



《DOOMKID》

心霊系雑食ゲーマー DOOMKID

1986年1月、広島県生まれ。「怖いもの」の原体験は小学生の時に見ていた「あなたの知らない世界」や当時盛んに放映されていた心霊系番組。小学生時に「バイオハザード」「Dの食卓」、中学生時に「サイレントヒル」でホラーゲームの洗礼を受け、以後このジャンルの虜となる。京都の某大学に入学後、坂口安吾や中島らもにどっぷり影響を受け、無頼派作家を志し退廃的生活(ゲーム三昧)を送る。その後紆余曲折を経て地元にて就職し、積みゲーを崩したり映像制作、ビートメイクなど様々な活動を展開中。HIPHOPとローポリをこよなく愛する。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. HD-2Dリメイク版『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』だけでなく『ドラゴンクエストI&II』もSteamストアページ公開!両作品の「日本語音声対応」表記とは…?

    HD-2Dリメイク版『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』だけでなく『ドラゴンクエストI&II』もSteamストアページ公開!両作品の「日本語音声対応」表記とは…?

  2. ついに正式版を迎える『7 Days to Die』1.0リリースノート公開!新たなキャラクリやセット装備、探索スポット、ランダム世界改善など超盛りだくさん

    ついに正式版を迎える『7 Days to Die』1.0リリースノート公開!新たなキャラクリやセット装備、探索スポット、ランダム世界改善など超盛りだくさん

  3. 『7 Days to Die』V1.0正式版の全ユーザー向け配信は現地7月25日!まもなくSteamで始まる任意参加の「Public Experimental」など今後のスケジュールを再確認

    『7 Days to Die』V1.0正式版の全ユーザー向け配信は現地7月25日!まもなくSteamで始まる任意参加の「Public Experimental」など今後のスケジュールを再確認

  4. クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』ついに6月25日正式リリース!約12年の早期アクセス期間経て

  5. 並行世界で狂気のAIと戦うシングルプレイFPS『INDUSTRIA 2』ゲームプレイ映像!没入感あるインベントリシステムを紹介

  6. 本体販売方式変更で初心者は最新DLCと本体がセットで楽しめる、オープンワールド宇宙シム『X4: Foundations』大型DLC第5弾「X4: Timelines」リリース―非オープンワールド新モードでよりお手軽に

  7. お蔵入り作品が復活!GBAで出るはずだった『Shantae Advance』ゲームプレイ映像!PC/コンソール/GBAで2025年発売へ

  8. 物理演算農業シム『Southfield』約2週間前に発表された現地6月24日の発売を延期―「開発者保護がとても重要であり、準備できていないゲームのリリースもしたくない」

  9. Steamでは40万人以上の褪せ人が同時に狭間の地へ帰還…!『エルデンリング』DLC効果でSteam版同時接続者数再び50万人突破

  10. 終わってしまった世界の夏、通話しながら少女の旅を見守る『ナツノカナタ beyond』Steam向けにリリース―Steam“圧倒的好評”ノベルゲームの完全版がついに登場

アクセスランキングをもっと見る

page top