『オーバーウォッチ 2』チーターと頻繁に組むプレイヤーも不正として罰則適用へ。迷惑ボイチャのAI検出も強化 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『オーバーウォッチ 2』チーターと頻繁に組むプレイヤーも不正として罰則適用へ。迷惑ボイチャのAI検出も強化

2月7日から第3シーズンも始まる予定のFPS対戦ゲーム『オーバーウォッチ2』の開発元Blizzardは、ゲーム中で不正行為をはたらくチーター(Cheater)と頻繁に組むプレイヤーの特定を行うことを明らかにしました。

ニュース ゲーム業界
Blizzard
  • Blizzard

2月7日から第3シーズンも始まる予定のFPS対戦ゲーム『オーバーウォッチ2』の開発元Blizzardは、ゲーム中で不正行為をはたらくチーター(Cheater)と頻繁に組むプレイヤーの特定を行うことを明らかにしました

チーターとは、オンラインマルチプレイにおいて、ゲームを自分に有利になるように不正に改変するプレイヤーのこと。FPSゲームなら、たとえばきちんと照準を合わせなくても銃弾が勝手に敵に命中するようにしたり、障害物の向こうにいる敵を透視可能にするようなツールを使って他のプレイヤーのゲームを台無しにしてしまいます。Blizzardはこれまでに5万を超えるアカウントで不正行為が確認され、対処してきたと述べています。

当然ながらチートは禁止行為であるため、チーターはゲームの運営企業への通報などによってゲームから一定時間閉め出されたり、アカウント追放(BAN)されたりします。

また、ゲームによってはランク制が儲けられており、チーターが正規のプレイヤーと組んでそのプレイヤーのランクアップをサポートする「ブースティング」と呼ばれる行為も問題視されています。Blizzardは、チーターと「積極的かつ頻繁に」チームを組むプレイヤーは、チートからの利益を得るためにそれを故意に行っているとみなし、本人がチート行為をしていなくてもアカウントを処罰する方針です。

チーター本人の場合、罰則は即座に永久BANがほとんどですが、チーターとグループで不正なブーストを行うプレーヤーについては「長期間のアカウント停止、極端な例では無条件でBAN」といった処分を下していくと述べています。

Blizzardはオーバーウォッチ2の第3シーズンからカスタムゲームモードをモデレートするシステムも導入すると述べており、不適切なタイトルやコンテンツを含むカスタムゲームは自動的に削除するとのこと。またプレイヤーにも不適切なカスタムゲームを発見した場合は報告するよう促しています。

他にも、Blizzardはゲーム内ボイスチャットのテキスト文字起こしとAIを用いて、他のプレイヤーに乱暴な言葉を使い虐待的な行為をはたらくプレイヤーを特定し対処するシステムが新たに稼働したことを告知しており「すべてのプレイヤーに安全で楽しく公正なゲームを提供できるようにすることは、私たちのチームにとって常に重要な領域であり、将来的にさらに多くのアップデートを共有できることを楽しみにしています」と述べています。




Nintendo Switch(有機ELモデル) スプラトゥーン3エディション
¥38,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Munenori Taniguchi》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『桃鉄』最新作が安い!『マリオ』『ポケモン』などもお手頃価格─『バルダーズ・ゲート3』2,728円など、ゲオ店舗のセールを現地調査

    『桃鉄』最新作が安い!『マリオ』『ポケモン』などもお手頃価格─『バルダーズ・ゲート3』2,728円など、ゲオ店舗のセールを現地調査

  2. 【PC版無料配布開始】コインランドリー兼ゲーセンシム『Arcade Paradise』&サバイバルホラー『Maid of Sker』Epic Gamesストアにて

    【PC版無料配布開始】コインランドリー兼ゲーセンシム『Arcade Paradise』&サバイバルホラー『Maid of Sker』Epic Gamesストアにて

  3. 『ちびロボ!』シリーズの主要メンバー達が紡ぐ新アクションADV『koROBO』発表!7月23日よりクラファン実施

    『ちびロボ!』シリーズの主要メンバー達が紡ぐ新アクションADV『koROBO』発表!7月23日よりクラファン実施

  4. トランプ氏銃撃事件の犯人を騙る「フェイクのSteamアカウント」に翻弄される海外メディア―意味深な書き込みは不謹慎なイタズラか

  5. 鬼ならぬゲイブ氏も笑う?次回サマセ含む、2025年前半のSteamセール・フェス情報が早くも公開「放置ゲームフェス」や「ゾンビvs吸血鬼フェス」など注目イベントも

  6. 古のゲーム情報がまた消えてしまう…ベクターのソフトウェア作者向けホームページサービスが2024年12月20日に終了

  7. 『グランド・セフト・オート』シリーズ最新作『GTA6』正式発表!流出受けてトレイラーを予定より早く公開―舞台は「バイスシティ」

  8. 『Days Gone』のBend Studioは新規IPを開発中―元開発者らの情報を元に偽りの希望が提供されているとし、コミュニティマネージャーが謝罪

  9. 最大90%オフ! 対戦格闘ゲーム対象のセールイベント「Steam格闘ゲームフェス」開催

  10. 地下採掘サンドボックス『Core Keeper』コンソール版が2024年夏に登場!―Steam版正式リリースにあわせて配信

アクセスランキングをもっと見る

page top