商標は出版社が作家を守るため取る慣例のはずが…『女神転生』原作者が語る『真・女神転生』誕生秘話 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

商標は出版社が作家を守るため取る慣例のはずが…『女神転生』原作者が語る『真・女神転生』誕生秘話

きっかけはアトラスからの直談判で、エンターテイメント業界の法律部門ではよく知られたエピソードだといいます。

ゲーム文化 カルチャー
商標は出版社が作家を守るため取る慣例のはずが…『女神転生』原作者が語る『真・女神転生』誕生秘話
  • 商標は出版社が作家を守るため取る慣例のはずが…『女神転生』原作者が語る『真・女神転生』誕生秘話
  • 商標は出版社が作家を守るため取る慣例のはずが…『女神転生』原作者が語る『真・女神転生』誕生秘話

アトラスが開発するRPG『女神転生』シリーズ原作「デジタル・デビル・ストーリー」の著者として知られる作家の西谷史氏が、シリーズの転換点となった『真・女神転生』の誕生秘話をTwitterで明かしました。

作家と出版社、商標の関係と西谷氏の怒り

ツイートによると『真・女神転生』の開発はアトラスからの直談判がきっかけで始まったといい、その理由が原作小説の出版を担当していた徳間書店が「いつになっても女神転生2を作ろうとしない。」からだと西谷氏の法的代理人から説明を受けたことを明かしています。

ゲーム『女神転生』のヒットに徳間書店の広告力の功績を感じていた西谷氏でしたが、代理人からその後告げられた「徳間書店は、女神転生の商標権を申請していない。だから、アトラスが商標権を取得したんです。」という事実を知って『真・女神転生』の開発に踏み切ったそう。当時小説を基にアニメやゲームが作られる際は、それぞれ原作の二次利用という形で契約が結ばれており、その際出版社が作家を保護するため商標権を得るのが慣例だったといいます。

その“普通”が行われなかったと知った西谷氏は徳間書店の作品に対する姿勢に怒りを感じ、アトラスからの直談判に対し「やりましょう。これで女神転生は真・女神転生として大きくなれる」とゴーサインを出したと語ります。この事件は決して表に出ずともエンターテイメント業界の法律部門ではよく知られた話となっているそうです。

シリーズの原点を知る貴重な機会にファンの意見も殺到

今日まで続く人気RPGシリーズの原点ともいえ、当時の作家と出版社、その他メディアミックスの担当会社それぞれの思惑や関係が伺い知れる貴重な機会となった本エピソード。西谷氏は「この時点で、僕の小説は真・女神転生の原作といっていいと思うが、あなたはどう思う?」とファンに問いかける形でツイートを結び、ファンからの様々な意見がリプライに寄せられています。

※ UPDATE(2023/05/01 12:18):文中の西谷氏の人名に誤りがあったので修正しました。お詫びして訂正いたします。


《焦生肉》

ゲームに関わって飯食いたい 焦生肉

ストーリー重視でゲームをプレイするけどシステムも特徴がないとイヤ!なわがままゲーマー。わがままなくせにコンプリート癖もある上つまみ食いも大好きなので積みゲーが溜まる溜まる。ゲームで飯を食うことを夢見てたらほんとにそんな機会に恵まれた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『スカイリム』最強キャラ・黒檀の戦士を爆速で倒すRTAが3年ぶり記録更新!わずかひと振り、12分足らずの旅で地に伏せる強者

    『スカイリム』最強キャラ・黒檀の戦士を爆速で倒すRTAが3年ぶり記録更新!わずかひと振り、12分足らずの旅で地に伏せる強者

  2. 『Apex Legends』ストリーマー「NIRU」が遂に競技シーンへ昇格!ALGS Year4 APAC North Split2参戦チームが出揃う

    『Apex Legends』ストリーマー「NIRU」が遂に競技シーンへ昇格!ALGS Year4 APAC North Split2参戦チームが出揃う

  3. 【コスプレ】『ニーア レプリカント/ゲシュタルト』発売記念!まるでCGのような完成度が神々しい…カイネ、ニーア、ヨナらまとめ【42枚】

    【コスプレ】『ニーア レプリカント/ゲシュタルト』発売記念!まるでCGのような完成度が神々しい…カイネ、ニーア、ヨナらまとめ【42枚】

  4. 目を奪われるほど美しい!…だけど住みたくはないゲームの世界は?黄金樹が印象的な『ELDEN RING』やネオン煌めく『サイバーパンク2077』が思い浮かぶ

  5. 実写ドラマ「フォールアウト」の"Vaultスーツ"はどのように作られたのか?決め手はイタリア産のとある生地だった―海外メディアが報じる

  6. あの狂気が再現…!映画「ジョーカー」の非公式オープンワールドゲーム映像が凄まじいクオリティ

  7. ドラマ「フォールアウト」で熱視線の“作中時系列”問題に新たな説が浮上。登場人物が「わざと嘘をついていたのかも」と初作開発者が語る

  8. クリアした…もう1周だ!終わってもすぐ2周目を遊びたくなるゲームたち

  9. 『DOOM II』ステージ1のRTA世界記録が25年ぶりに破られる―あっという間の4秒97、一瞬だけど偉大な進歩

  10. 自分のゲームプレイを見たがるゲームド素人の妻……どんなタイトルを見せればいいんだろう

アクセスランキングをもっと見る

page top