ケーブルの悩みが一気に解決!補助電源コネクタ不要「GeForce RTX 4070」と対応マザーボードをASUSが開発 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ケーブルの悩みが一気に解決!補助電源コネクタ不要「GeForce RTX 4070」と対応マザーボードをASUSが開発

ASUSが独自規格のスロットからの給電により動作する補助電源コネクタ不要のGeForce RTX 4070を開発したとのことです。

PC パーツ・周辺機器
C)Getty Images (Photo by Michael Bocchieri / スタッフ)
  • C)Getty Images (Photo by Michael Bocchieri / スタッフ)
  • ケーブルの悩みが一気に解決!補助電源コネクタ不要「GeForce RTX 4070」と対応マザーボードをASUSが開発
C)Getty Images (Photo by Michael Bocchieri / スタッフ)

裏配線にエアーフロー、更にはコネクターの過熱発火まで。PCゲーマーなら一度は頭を悩ませるあのケーブル周りの問題も、これで一気に解決できるかもしれません。

テック系情報を扱うWCCF TECHは、ASUSが独自規格のスロットからの給電により動作するGeForce RTX 4070と、これに対応するマザーボードを開発したと伝えています。

まさかの補助電源コネクタ無し!その秘密は?

一部のロープロファイルといった省電力型を除いては、大凡ほとんどのグラフィックボードには補助電源が必要です。

というのも、グラフィックボードを接続するPCIeスロットの給電能力は通常75Wまで。これ以上の電力を使用する場合は、別枠での電源供給が必要なのです。

性能が上がれば上がるほど必要な電力量も増加し、GeForce RTX 4070ではおよそ200Wに設定されていて、到底PCIeスロットだけでは足りません。

では、如何にしてASUSがこの問題を解決したか、それは単純明快で、PCIeスロットに並ぶ形で最大600Wまでの電力供給を可能とする独自規格のスロットを増設。これにより、独自スロット付きの対応マザーボードと組み合わせることで、補助電源コネクタ無しでのGeForce RTX 4070の動作を可能としたのです。

少しでも減らしたいケーブル、ただ気になるのは…

パソコン内部の入り組んだケーブルは、見た目的にもエアーフロー的にもあまりいいものではありません。加えて、接続不良によるコネクターの過熱発火など、昨今の要求電力量の増加も相まって電源周りのトラブルは増加しつつあります。

そういった点では、この補助電源コネクタ不要のグラフィックボードというのは非常に魅力的です。

ただ気になるのは、これが独自規格である点。必然的にグラフィックボードと対応するマザーボードをセットで扱う必要があり、わざわざ買い換えようかと思うかはその性能次第ではないでしょうか。

ケーブル不要で、差し込むだけでセッティング完了というのは、非常に手軽で便利ではありますが、果たしてどのような製品になるのか、PCゲーマーとしては気になるところです。


MSI GeForce RTX 4070 VENTUS 2X 12G OC グラフィックスボード VD8471
¥93,507
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《K.K.》

SFとオープンワールドとミリタリー系が主食です K.K.

1990年3月の京都府生まれ。ゲーム好きのパソコン好き。ついでに言えば動物も好き。心理学部卒ゆえに人の心がわかると豪語するも、他人の心にはわりと鈍感で、乙女心となるとからっきし。むしろ動物の気持ちのほうがよくわかるが、本人は「尻尾と耳がないからだ」と弁解中。 2022年から「ゲームスパーク」で執筆中。パソコン代の足しにと始めるも、賃金はほとんど課金ガチャに消えている模様。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『ELDEN RING』海外公式Xアカウント通し謝罪―DLC発売前には記載あったスタッフ含め海外翻訳者の一部がクレジットから欠落していた件について

    『ELDEN RING』海外公式Xアカウント通し謝罪―DLC発売前には記載あったスタッフ含め海外翻訳者の一部がクレジットから欠落していた件について

  2. 『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

    『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

  3. 近世ヨーロッパ舞台のRTS『Renaissance Kingdom Wars』Steamにて早期アクセス“非常に好評”スタート。500以上の地域で戦い、帝国の支配者を目指そう!

    近世ヨーロッパ舞台のRTS『Renaissance Kingdom Wars』Steamにて早期アクセス“非常に好評”スタート。500以上の地域で戦い、帝国の支配者を目指そう!

  4. 『原神』修正された「ヌヴィレット」の高速回転バグ、批判続出でロールバックへ―「登場後のキャラ修正は、どのような意図でもユーザーを傷つけてしまう」

  5. オープンワールド・アクションRPG『S.T.A.R.W.I.E.L.D.』Steamで現地時間8月1日リリース―未知の惑星でバイク!ビール!カニ!ショットガン!あとバナナ!

  6. 『ELDEN RING』DLCで「無限復活するツリーガード」の発見報告相次ぐ―とある手段を踏むことで再出現

  7. 基本プレイ無料ACT『Metal Slug: Awakening』Steam版配信!再集結した「メタスラ」ヒーローたちを操り仲間達と強敵やミッションに挑め

  8. 「闇」にクラスチェンジした姿はクール!『聖剣伝説 VISIONS of MANA』探索や戦闘を盛り上げる“3つの新クラス”が判明

  9. 高度に再現されたPC-98時代の雰囲気を日本語で!美少女系SFRPG『STARVEIL PROTOCOL A.A.A.』日本語対応を発表

  10. 『オーバーウォッチ 2』新ヒーロー「ジュノ」お披露目! 浮遊感溢れるサポートヒーロー

アクセスランキングをもっと見る

page top