露・プーチン大統領がeスポーツ大会開催を指示―『CS:GO』は政治的すぎると除外 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

露・プーチン大統領がeスポーツ大会開催を指示―『CS:GO』は政治的すぎると除外

主にLesta Studioに運営が移った旧Wargaming.netのタイトルが採用される見込みです。

ゲーム文化 eスポーツ
露・プーチン大統領がeスポーツ大会開催を指示―『CS:GO』は政治的すぎると除外
  • 露・プーチン大統領がeスポーツ大会開催を指示―『CS:GO』は政治的すぎると除外
  • 露・プーチン大統領がeスポーツ大会開催を指示―『CS:GO』は政治的すぎると除外

ウラジーミル・プーチン大統領は、ロシア国内におけるeスポーツトーナメントの開催を指示しました。運営を担うのはLesta Studioです。ロシアのウェブメディアが報じています。

採用されるゲームは『World of Tanks』『World of Warships』『World of Tanks Blitz』と、ロシア圏を中心にヒットしたタイトルが検討されている模様。また、Lesta Studioの担当者はロシアメディアの取材に対し、中国「Tencent」が保有するライアットゲームズの『リーグ・オブ・レジェンド』も採用される可能性があるとしています。

『World of Tanks』

なお、ロシアでも多くのプレイヤーを持つ『Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』については、「ゲーム内での一方的な政治的報道」により採用に至らないと説明しています。これは今年5月に、『CS:GO』のゲーム内において、ロシアでは検閲対象となる情報を発信する有志制作のマップが公開されたことを指していると考えられます。

採用が決定している前述の3タイトルについては、これまでベラルーシを拠点において活動していた「Wargaming.net」の作品です。現在同社はベラルーシおよびロシアからは完全に撤退。ゲーム運営はLesta Studioに移管されています。

2022年2月のウクライナ侵攻以降、ロシアから数多くのゲーム企業が撤退。任天堂やマイクロソフト、ソニーといった家庭用ゲーム機向けストアも閉鎖されている状況にあります。これを受けてか、ロシアではゲーム産業に対する取り組みを強化。2022年12月には、幅広いジャンルのIPを生み出す「ロシア版Electronic Arts」を目指した取り組みや、ロシア製のゲームエンジンの開発などのプロジェクトを掲げています。今回のトーナメント開催もその一環と言えるでしょう。

《Okano@RUGs》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「進撃の巨人」のシガンシナ区を『マイクラ』で再現!エレン家の内部まで緻密に構築

    「進撃の巨人」のシガンシナ区を『マイクラ』で再現!エレン家の内部まで緻密に構築

  2. 実写ドラマ「フォールアウト」シーズン2にはニューベガスを牛耳るあのキャラクターも関与―制作スタッフが明らかに

    実写ドラマ「フォールアウト」シーズン2にはニューベガスを牛耳るあのキャラクターも関与―制作スタッフが明らかに

  3. プレイヤーが独自の経済や流通を構築できるオープンワールドゲームってあるの?

    プレイヤーが独自の経済や流通を構築できるオープンワールドゲームってあるの?

  4. ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

  5. 『8番出口』に”両方の”『AC6』も!「RTA in Japan Summer 2024」取り扱いゲーム発表

  6. リアル世界を『マイクラ』で再現!?コーネル工科大学院生、Googleマップの3Dタイルを『マインクラフト』のボクセルに変換する技術を開発

  7. 『サイバーパンク2077』おしゃべり銃「スキッピー」の限定版レプリカが予約開始!

  8. 『ELDEN RING』DLC「SHADOW OF THE ERDTREE」ユーザー評価は?SteamレビューやMetacriticユーザースコアから見る

  9. 『VALORANT』新スキン「エヴォリ・ドリームウィングス」は同スキンが近くにいると使い魔がニッコニコに!変わる表情、プレイヤーと一緒にジャンプなどこれまでにない要素が盛りだくさん

  10. 第5回CRカップ『ストリートファイター6』の出場者&チーム分け発表!高木、ボンちゃん、葛葉など“マスター以上”の猛者ばかり

アクセスランキングをもっと見る

page top