『フォートナイト』に登場したソリッド・スネークの“お尻ナーフ”が話題に―昔はもっと豊かだったのに… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『フォートナイト』に登場したソリッド・スネークの“お尻ナーフ”が話題に―昔はもっと豊かだったのに…

ナノマシンのせい?

ゲーム文化 カルチャー
『フォートナイト』にソリッド・スネークが登場するも“お尻が弱体化”されていると話題に―昔はもっと豊かだった
  • 『フォートナイト』にソリッド・スネークが登場するも“お尻が弱体化”されていると話題に―昔はもっと豊かだった
  • 『フォートナイト』にソリッド・スネークが登場するも“お尻が弱体化”されていると話題に―昔はもっと豊かだった
  • 『フォートナイト』にソリッド・スネークが登場するも“お尻が弱体化”されていると話題に―昔はもっと豊かだった
  • 『フォートナイト』にソリッド・スネークが登場するも“お尻が弱体化”されていると話題に―昔はもっと豊かだった

Epic Gamesの『フォートナイト(Fortnite)』では、12月5日よりチャプター5 シーズン1が開始し、新エリアや武器カスタム、一部アニメーションの刷新などが実装されました。バトルパスでは、誰もが知るステルスアクション『メタルギア』シリーズを象徴するソリッド・スネークが登場。しかし、その“お尻”が弱体化(ナーフ)されていると国内外で注目を集めています。

◆昔はボンだったスネークのお尻が…

実際に『フォートナイト』ゲーム内でスネークのモデルを確認すると、確かにややお尻に寂しさを覚えます。過去の(シリーズでとりわけグラフィックが革新的に向上した)『メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ(MGS2)』と比較してみても、ボリュームが弱体化し、視線が集まるお尻の割れ目も目立たなくなっていることがわかります。

『MGS2』より

国内で『メタルギア』シリーズのファンアカウントとして知られる「兵隊」さんは、最初の弱体化は『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』のゲスト参戦で起こっていると指摘。当時公開された参戦ムービーでは、今回の『フォートナイト』と同様に、お尻の割れ目が目立たないことが確認できます。

海外では“Dummy thicc(豊かな偽お尻)”であるとミーム化するなど、熱狂的な支持を集めているスネークのお尻。更に別のタイトルにゲスト参戦したときにはお尻がへこむのではと冗談をいうファンもみられます。

本稿執筆時点でスネークのお尻が強化されるかは不明です。


『フォートナイト』はPC/ニンテンドースイッチ/Android/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One向けに配信中。コスチューム「ソリッド・スネーク」は後日バトルパス報酬としてアンロックされます。

一方、豊かなお尻のソリッド・スネークが登場する『MGS2』を含む『MGS1』~『MGS3』やファミコン版『メタルギア』が収録された『METAL GEAR SOLID: MASTER COLLECTION Vol.1』は、Steam/PS5/PS4/Xbox Series X|S/ニンテンドースイッチ向けに発売中です(ダウンロード版では『MGS2』のみの単体購入も可能)。


SW版 METAL GEAR SOLID: MASTER COLLECTION Vol.1
¥5,736
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

『フォートナイト』にソリッド・スネークが登場するも“お尻が弱体化”されていると話題に―昔はもっと豊かだった

《Okano》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

    大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  3. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  4. ZETA DIVISIONにストグラなどで人気の「ファン太」さんが新加入!さっそく得意なベジータの声マネを披露―「邪魔するぜぇ!」

  5. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  6. 『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

  7. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  8. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  9. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  10. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

アクセスランキングをもっと見る

page top