『シージ』ロシアチームが国籍を理由に大会から失格となる…ユービーアイソフトから招待されたにも関わらず | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『シージ』ロシアチームが国籍を理由に大会から失格となる…ユービーアイソフトから招待されたにも関わらず

第一試合を終えたあとに失格が言い渡されました。

ゲーム文化 eスポーツ
『シージ』ロシアチームが国籍を理由に大会から失格となる…ユービーアイソフトから招待されたにも関わらず
  • 『シージ』ロシアチームが国籍を理由に大会から失格となる…ユービーアイソフトから招待されたにも関わらず
  • 『シージ』ロシアチームが国籍を理由に大会から失格となる…ユービーアイソフトから招待されたにも関わらず

ロシアのプロゲーミングチーム「Virtus.pro(VP)」の『レインボーシックス シージ』部門が、とある国際大会で失格になったことを発表。その理由は選手達の国籍にあるとしています。

Virtus.pro(VP)は2003年にロシアで結成された老舗eスポーツチームであり『Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』や『Dota2』など複数の部門を保持。2020年からはTeam Empireのロスターの一部を迎え入れる形で『レインボーシックス シージ』へ参入しています。なお、チームは2022年のウクライナ侵攻を機に拠点をアルメニア共和国の首都エレバンに移していますが、一般的にはロシアチームとして扱われています。

今回VPによると、チームはヨーロッパを中心に行われる「Malta Cyber Series 2023」の予選へ出場。第一試合を既に終えたさなか、運営事務局から選手達の出身国(VPのメンバーはそのほとんどがロシア出身)を理由に、没収試合(失格)となったとのこと。

チームはこれをプレイヤーに対する明らかな差別であると批判し、『レインボーシックス シージ』の開発、eスポーツ運営を担うユービーアイソフトに報告をしたと説明しています。

不可解な点は、VPの大会出場はユービーアイソフトによる招待だったということと、1つとはいえ試合を既に終えていることにあります。また、競技シーンの本流となるヨーロッパリーグや、そこから派生する国際大会へはVPが出場を認められているという現状を鑑みると、今回の失格との辻褄はあいません。コミュニティからは批判の声が相次いでいます。

《Okano@RUGs》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ドラマ「Fallout」登場キャラのステータスは?ルーシーからマ・ジューンまでS.P.E.C.I.A.L.の値が公開

    ドラマ「Fallout」登場キャラのステータスは?ルーシーからマ・ジューンまでS.P.E.C.I.A.L.の値が公開

  2. これがホントの「PSP」?初代PlayStationを物理的に携帯機に改造した海外ゲーマー

    これがホントの「PSP」?初代PlayStationを物理的に携帯機に改造した海外ゲーマー

  3. 人気ストリーマー・SHAKAがウクライナ『VALORANT』チーム「NAVI」のウォッチパーティホストに就任…ANGE1応援団長が認められる

    人気ストリーマー・SHAKAがウクライナ『VALORANT』チーム「NAVI」のウォッチパーティホストに就任…ANGE1応援団長が認められる

  4. まさかの25年越し裏技発見!N64『悪魔城ドラキュラ黙示録外伝』に仕込まれていた”コナミコマンドじゃないコマンド”、その内容とは

  5. ドラマ「フォールアウト」ウェイストランドは本物のゴーストタウンと砂漠を用いた撮影だった―実は「怒りのデス・ロード」と同じ砂漠、重なる新旧人気世紀末作品のイメージ

  6. 「一番くじ モンスターハンター 20th Anniversary」発売決定!禁忌モンスター「ミラボレアス」が堂々フィギュア化

  7. 『スト6』競技シーンで活躍のストーム久保選手がプロゲーマーを引退へ…配信や動画投稿は続けつつ「別の道へ」

  8. 16世紀カリブ海が舞台の島サバイバル『Survival: Fountain of Youth』5月正式リリース決定!

  9. 一番印象に残っているボスのセリフは何?『サイバーパンク2077』『バイオハザード5』『Portal』などから数々の名言!

  10. 巨大な宇宙亀の背中で文明を繁栄させるコロニービルダー『World Turtles』正式リリース!

アクセスランキングをもっと見る

page top