アドルの北海大冒険がPCでも!英語/日本語対応版『イースX』Steamなどにて2024年秋配信 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

アドルの北海大冒険がPCでも!英語/日本語対応版『イースX』Steamなどにて2024年秋配信

なお、中国語/韓国語版は別販売元から3月14日にSteamで発売予定です。

PC Windows
アドルの北海大冒険がPCでも!英語/日本語対応版『イースX』Steamなどにて2024年秋配信
  • アドルの北海大冒険がPCでも!英語/日本語対応版『イースX』Steamなどにて2024年秋配信
  • アドルの北海大冒険がPCでも!英語/日本語対応版『イースX』Steamなどにて2024年秋配信

NIS Americaは、日本ファルコムのARPG『イースX -NORDICS-』について、2024年秋に海外英語版ならびに日本語対応のPC版を配信すると発表しました。

同作は長年続く『イース』シリーズのナンバリング10作目となる作品で、『イースII』から間もない時期のアドルの冒険が北の海をまたにかけて繰り広げられます。ジャンルとしては『イースIX』等と同様、三人称視点のARPGとなっています。海が舞台ということもあり、今作では船の操作や釣りなどの要素も。

『イースX』海外英語版ならびに日本語対応PC(Steam/EGS/GOG)版は2024年秋に発売予定です。なお、Steam上ではすでに別会社より中国語/韓国語版が発表されており、そちらは3月14日発売予定のためお買い求めの際はご注意ください。

《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』10年以上の早期アクセス期間を経て6月ついに正式リリース!ロードマップも公開

    クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』10年以上の早期アクセス期間を経て6月ついに正式リリース!ロードマップも公開

  2. 実写ドラマの興奮冷めやらず『Fallout 76』にファンが続々参戦。Steam版同接は過去最高の5万人を記録

    実写ドラマの興奮冷めやらず『Fallout 76』にファンが続々参戦。Steam版同接は過去最高の5万人を記録

  3. 『ドラゴンズドグマ 2』次回アップデートではポーン関連の調整が多め。4月配信パッチ内容公開

    『ドラゴンズドグマ 2』次回アップデートではポーン関連の調整が多め。4月配信パッチ内容公開

  4. ラジコンカーで街中を爆走するレースゲーム『Volt Recharge』発表―カスタマイズした機体で白熱の画面分割/オンライン対戦に挑め

  5. 穏やかな森の中で暮らすサバイバル『Under Canopies』Steamストアページ公開―動物の飼育や料理を楽しみながら自然と調和して生活

  6. モンスター収集RPGホラー『Monstronomy』Steamでリリース―ダークウェブで発見された“ポケモン”風ゲームに隠された恐怖とは

  7. 『Cities: Skylines II』圧倒的不評なDLC「Beach Properties」の返金対応が発表―開発方針も見直しへ

  8. 基本プレイ無料の王道SRPG『鈴蘭の剣:この平和な世界のために』正式リリースが2024年夏に決定。ファイナルCBTも実施予定

  9. 発売から4年“非常に好評”『No one lives under the lighthouse Director's cut』日本語に対応!一人称視点灯台ホラーADV

  10. Steam版『バニーガーデン』突如リリース!お紳士の憩いの場がPCでも開店

アクセスランキングをもっと見る

page top