一大ブーム巻き起こした『Only Up!』同名作品がSteamで発売…!?名前だけでなく中身もそっくりな無法っぷり | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

一大ブーム巻き起こした『Only Up!』同名作品がSteamで発売…!?名前だけでなく中身もそっくりな無法っぷり

使用アセットに違いがみられるなど完全に同じ物ではないですが本家のコピーを目指したのは間違いなさそうです。

PC Windows
一大ブーム巻き起こした『Only Up!』同名作品がSteamで発売…!?名前だけでなく中身もそっくりな無法っぷり
  • 一大ブーム巻き起こした『Only Up!』同名作品がSteamで発売…!?名前だけでなく中身もそっくりな無法っぷり
  • 一大ブーム巻き起こした『Only Up!』同名作品がSteamで発売…!?名前だけでなく中身もそっくりな無法っぷり
  • 一大ブーム巻き起こした『Only Up!』同名作品がSteamで発売…!?名前だけでなく中身もそっくりな無法っぷり
  • 一大ブーム巻き起こした『Only Up!』同名作品がSteamで発売…!?名前だけでなく中身もそっくりな無法っぷり
  • 一大ブーム巻き起こした『Only Up!』同名作品がSteamで発売…!?名前だけでなく中身もそっくりな無法っぷり

WGI GAMINGはイライラ系3Dプラットフォーマ―アクション『Only Up !』をWindowsPC向けにSteamにて発売しました。

あの『Only Up!』とは別作品、とはいえ今回はまた違った特徴が?


ちょっと待てと思われる読者も多いことでしょう。本作タイトルは2023年夏ごろに大きく話題を呼ぶも突如として配信を停止した同ジャンルゲームと全く同じ物。但し、当然開発者やゲームの中身は別となっています。

本作は宇宙を夢見る貧困外の少年「ジャッキー」として謎に満ちた天高く伸びる塔を登るプラットフォーマ―アクション。放棄された貧民街、幽霊の出る工場、乾燥した砂漠、数千マイルの高度に頂点に達する日本の都市、飛行機と恐竜の墓場等、雑多ながらもどこか規則的な様々なオブジェクトで構成された世界を、頂上目指し上へ上へと進み続けます。

どう考えても寄せすぎな本家模倣作品

エリア紹介からも想像が着くかもしれませんが、なんと本作、かなり本家『Only Up !』を意識したものとなっており、ストアページの画像や開発者直々のプレイ動画を見てもオブジェクトの配置にどこか見覚えがあるものばかりです。使用アセットに違いがみられるなど完全に同じ物ではないですが、本家のコピーを目的としているのは間違いないように思えます。

本作
オリジナル『Only Up!』

ちなみに本作開発者は2023年9月にも本家のフォロワーゲーム『ONLY UP : Rising』を発売していましたが、そちらの方は執筆時点ではやや不評評価。本家と比べ一本道で退屈であるとの意見や、バグの多さが指摘されていた他、現在では『Only Up! 1』と名前を変えたことから誤認を狙う意図があるのではとの批判もありました。


同名タイトルのリリースは気軽に許していい物か?

本家より主人公の少年がちょっとだけマッチョにも見える模倣版『Only Up !』はWindowsPC向けにSteamにて発売中。なお、執筆時点でSteamでは『Only Up !』名義の作品がもう1本存在しますが、そちらも本家ではない偽物であることにご注意ください。『HELLDIVERS 2』の偽物も現れるなど、同名タイトルのリリース対し何らかの対策が必要にも感じられます。





PlayStation 5(CFI-2000A01)
¥66,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《焦生肉》

ゲームに関わって飯食いたい 焦生肉

ストーリー重視でゲームをプレイするけどシステムも特徴がないとイヤ!なわがままゲーマー。わがままなくせにコンプリート癖もある上つまみ食いも大好きなので積みゲーが溜まる溜まる。ゲームで飯を食うことを夢見てたらほんとにそんな機会に恵まれた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』10年以上の早期アクセス期間を経て6月ついに正式リリース!ロードマップも公開

    クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』10年以上の早期アクセス期間を経て6月ついに正式リリース!ロードマップも公開

  2. 実写ドラマの興奮冷めやらず『Fallout 76』にファンが続々参戦。Steam版同接は過去最高の5万人を記録

    実写ドラマの興奮冷めやらず『Fallout 76』にファンが続々参戦。Steam版同接は過去最高の5万人を記録

  3. 『ドラゴンズドグマ 2』次回アップデートではポーン関連の調整が多め。4月配信パッチ内容公開

    『ドラゴンズドグマ 2』次回アップデートではポーン関連の調整が多め。4月配信パッチ内容公開

  4. ラジコンカーで街中を爆走するレースゲーム『Volt Recharge』発表―カスタマイズした機体で白熱の画面分割/オンライン対戦に挑め

  5. 穏やかな森の中で暮らすサバイバル『Under Canopies』Steamストアページ公開―動物の飼育や料理を楽しみながら自然と調和して生活

  6. モンスター収集RPGホラー『Monstronomy』Steamでリリース―ダークウェブで発見された“ポケモン”風ゲームに隠された恐怖とは

  7. 『Cities: Skylines II』圧倒的不評なDLC「Beach Properties」の返金対応が発表―開発方針も見直しへ

  8. 基本プレイ無料の王道SRPG『鈴蘭の剣:この平和な世界のために』正式リリースが2024年夏に決定。ファイナルCBTも実施予定

  9. 発売から4年“非常に好評”『No one lives under the lighthouse Director's cut』日本語に対応!一人称視点灯台ホラーADV

  10. Steam版『バニーガーデン』突如リリース!お紳士の憩いの場がPCでも開店

アクセスランキングをもっと見る

page top