eスポーツ応援プラットフォーム「nap」、REIGNITEとパートナーシップーファンアートをへの投げ銭でチームに収益還元 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

eスポーツ応援プラットフォーム「nap」、REIGNITEとパートナーシップーファンアートをへの投げ銭でチームに収益還元

プロeスポーツチーム「REIGNITE」と「nap」がパートナーシップを結び、ファンアートと投げ銭で選手やチームを支援することが可能に。

ゲーム文化 eスポーツ
eスポーツ応援プラットフォーム「nap」、REIGNITEとパートナーシップーファンアートをへの投げ銭でチームに収益還元
  • eスポーツ応援プラットフォーム「nap」、REIGNITEとパートナーシップーファンアートをへの投げ銭でチームに収益還元
  • eスポーツ応援プラットフォーム「nap」、REIGNITEとパートナーシップーファンアートをへの投げ銭でチームに収益還元
  • eスポーツ応援プラットフォーム「nap」、REIGNITEとパートナーシップーファンアートをへの投げ銭でチームに収益還元
  • eスポーツ応援プラットフォーム「nap」、REIGNITEとパートナーシップーファンアートをへの投げ銭でチームに収益還元

napは、eスポーツ選手やチームを応援するための新しいプラットフォーム「nap」において、Reignite Entertainmentが運営するプロeスポーツチーム「REIGNITE」とのパートナーシップを締結したことを発表しました。

「nap」は、ファンアートを通じてeスポーツチームや選手を支援することができるサービス。このプラットフォームでは、ファンアートの投稿と投げ銭が可能となっており、投げ銭によって得られた収益は選手やチーム、そしてファンアートを制作したクリエイターに還元されます。

今回のパートナーシップにより、REIGNITEに所属する選手やコーチ、ストリーマーのファンアートを制作・投稿することが可能になります。

REIGNITE GM/取締役COO 二見 花香氏 コメント

日本において、まだまだesports事業で成功するのは簡単なことではなく、将来的に業界を盛り上げる可能性がある「新規参入事業」を起ち上げるのは、とても覚悟のいることだと思います。

藤野さんから初めてお話を頂いた時の、容易なことではないと知りながらも好きな業界の発展のためその一端を担いたいという情熱と、金銭事情により次々と消えていくチームや選手を支援するためのプラットフォームを作りたいという志に賛同し、REIGNITEはnapと提携することを決めました。

REIGNITEもチームとしてまだ発展途上であり、「まずはやってみよう」の精神で様々な事に挑戦している最中です。 napとともに、esports事業の創立と発展、そしてこのコミュニティへの貢献を目指して、新たなプラットフォームを盛り上げていきたいと思います。

napは、2024年4月11日に正式リリースを予定しています。

《e-Sports Business.jp》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「すべてのRPGは兜を隠すオプションを実装すべき」…海外掲示板投稿に是非が集まる

    「すべてのRPGは兜を隠すオプションを実装すべき」…海外掲示板投稿に是非が集まる

  2. 夢の宿屋を目指す経営シム『Inn Tycoon』無料プロローグ版がSteamで配信―日本語にも対応のチルでリラックスした体験

    夢の宿屋を目指す経営シム『Inn Tycoon』無料プロローグ版がSteamで配信―日本語にも対応のチルでリラックスした体験

  3. 【週刊トレハン】「大人のおもちゃにもDOOM」2024年7月7日~7月13日の秘宝はこれだ!

    【週刊トレハン】「大人のおもちゃにもDOOM」2024年7月7日~7月13日の秘宝はこれだ!

  4. 今回は「アラサカ」色強めに…!『サイバーパンク2077』ポップアップショップが新宿で開催―ダイバーシティ東京では「エッジランナーズ」のアイテムが販売予定

  5. アトラスが毎年恒例のアンケートを開始!2024年も所要時間は約50分

  6. 可愛いパルたちがあなたのお部屋に!『パルワールド』より「ツッパニャン」「ンダコアラ」「オコチョ」のぬいぐるみ発売決定―予約受付開始

  7. 何回も始めたけれど、クリアできたことのないゲームってある?

  8. 2003年、のちのゲーム史を分けたかもしれない「残り開発期間12ヶ月」の判断―幻の旧『Fallout 3』開発中止の裏側を初代『Fallout』主要スタッフが明かす

  9. 「悲しいけどテキストだけでRPGのクエストをクリアする人、ほとんどいないのよね!」『The Elder Scrolls Online』ディレクターが海外メディアに語る

  10. 『アーマード・コア6』1周年記念のポップアップショップ開催が決定―オリジナルグッズや34機のAC機体パネルの展示など充実の内容で登場

アクセスランキングをもっと見る

page top