早期アクセス時点で“非常に好評”カリブ海オープンワールドサバイバル『Survival: Fountain of Youth』Steamで正式リリース | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

早期アクセス時点で“非常に好評”カリブ海オープンワールドサバイバル『Survival: Fountain of Youth』Steamで正式リリース

2023年8月に日本語対応のアップデートも実施されていました。

ゲーム文化 インディーゲーム
早期アクセス時点で“非常に好評”カリブ海オープンワールドサバイバル『Survival: Fountain of Youth』Steamで正式リリース
  • 早期アクセス時点で“非常に好評”カリブ海オープンワールドサバイバル『Survival: Fountain of Youth』Steamで正式リリース
  • 早期アクセス時点で“非常に好評”カリブ海オープンワールドサバイバル『Survival: Fountain of Youth』Steamで正式リリース
  • 早期アクセス時点で“非常に好評”カリブ海オープンワールドサバイバル『Survival: Fountain of Youth』Steamで正式リリース

Twin Sails InteractiveおよびCE-Asiaは、Odinsoft開発のオープンワールドサバイバル『Survival: Fountain of Youth』をWindows向けに正式リリースし、あわせてトレイラーを公開しました。

カリブ海を舞台にサバイバル

本作は大航海時代のカリブ海を舞台としたオープンワールドサバイバル。プレイヤーは船が難破して荒れ果てた土地に流れついてしまった乗組員として生き残るために行動し、ゆくゆくは古代文明の痕跡を調査して伝説の「生命の泉」の謎を解き明かすことを目指します。

11の島々で構成された諸島を探索し、集めた資源から様々なものを作っていきます。工房や畑、集水器、鍛冶機械などを揃えて拠点をアップグレードしていきますが、サバイバルのためのアイテムは棒と石で作る道具から高度なマスケット銃まで何百種類もあるとのことです。

そんな本作は2023年4月に早期アクセスが開始されていましたが、記事執筆時点(2024年5月21日)の時点ではSteam上での評価が1,876件中87%が好評の“非常に好評”となっています。



正式リリースではカスタム難易度などが実装

2023年8月には日本語対応のアップデートも実施されていた本作は、この度の正式リリースにともなってバージョン1.0となるアップデートが実施されています。好みにあわせて調整ができるカスタム難易度が実装され、装備の鉄セットが登場。さらにティア5のサバイバルアビリティや新たなサバイバルタスク、スキルブック、動物、資源、設計図も追加されています。

新しい武器タイプとして爆弾が登場し、バランス調整も実施されているアップデートの詳しい内容はこちらで確認できます。


『Survival: Fountain of Youth』は、Windows向けにSteamにて3,173円(5月29日まで2,855円)で販売中です。


PlayStation 5(CFI-2000A01)
¥66,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
PlayStation 5 デジタル・エディション(CFI-2000B01)
¥59,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《いわし》

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

    駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

  2. 『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

    『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

  3. 『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

    『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

  4. 『Cult of the Lamb』日本に来た教祖様が終電逃してヤケ酒…京都府PRキャラとも激突するやんちゃぶりを見せる

  5. 雰囲気抜群のビークルでウェイストランドを走り回ろう!終末世界でもドライブが楽しめる『Fallout 4』向けMod配信

  6. 格闘ゲームの祭典「EVO」、2025年はなんと4回も開催!アメリカにフランス、そして日本も

  7. 『パルワールド』が“Twitch”にて最も盛り上がったゲームに―2024年リリースタイトルのなかで圧倒的にトップ

  8. ゲームトレイラーと本編の内容が違った…!『メタルギアソリッド2』『Hello Neighbor』他、海外ゲーマーたちの叫び

  9. なにかと嫌われがちなQTE…その中でも最悪のものとは?がっかりラスボスから有名ミームになったものまで

  10. 「悲しいけどテキストだけでRPGのクエストをクリアする人、ほとんどいないのよね!」『The Elder Scrolls Online』ディレクターが海外メディアに語る

アクセスランキングをもっと見る

page top