あなたのSteamアカウントは「遺産」にはならない―ある海外ゲーマーの嘆き | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

あなたのSteamアカウントは「遺産」にはならない―ある海外ゲーマーの嘆き

Steamアカウントの相続問題に悩まされるゲーマー。将来の不安が広がるも…落とし穴はそこではないかも。

ゲーム文化 カルチャー
あなたのSteamアカウントは「遺産」にはならない―ある海外ゲーマーの嘆き
  • あなたのSteamアカウントは「遺産」にはならない―ある海外ゲーマーの嘆き

世界最大のPCゲームプラットフォーム「Steam」。アカウントベースでのゲーム購入システムを持ち、Game*Spark読者ならば御存知の通り、日本でもようやく近年急速にその存在感を広げています。しかし、そんなSteamのアカウントは、所有者に不測の事態があった場合どうなるのでしょうか?ある海外ユーザーの報告が話題となっています。

海外ニュースサイトTECHSPOTが報じるところによれば、海外掲示板Reseteraでとあるユーザーが「遺産」とするために相続が行えるかをSteam運営のValveに問い合わせたところ、答えは「NO」だったのだそう。もちろん、別のアカウントにライブラリの内容を統合することもできないとのこと。

これに対し、海外ユーザー達は様々な反応を示していますが、全体的にはやはり自分の費やした金銭が将来的に家族へ残せるものとならないことに対しての懸念的な内容が目立ちます。一方、現実的には(パスワードなどを事前に共有できていれば)有名無実の制限であるだろうとする声もあり、また海外掲示板Redditでは米国の場合は米国法に基づいた手続きによりアカウントの相続ができるのではないかとする指摘があります。

アカウントベースのゲーム購入システムが抱える悩みに、数十年後、100年後のゲーマーはどのように向き合っていくことになるのでしょうか?想像を広げてみるのも良いかも知れません。ただ「Steamが100年継続するのか」のほうが気になる方も多そうですね。

《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

    駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

  2. 『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

    『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

  3. 『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

    『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

  4. 『Cult of the Lamb』日本に来た教祖様が終電逃してヤケ酒…京都府PRキャラとも激突するやんちゃぶりを見せる

  5. 雰囲気抜群のビークルでウェイストランドを走り回ろう!終末世界でもドライブが楽しめる『Fallout 4』向けMod配信

  6. 格闘ゲームの祭典「EVO」、2025年はなんと4回も開催!アメリカにフランス、そして日本も

  7. 『パルワールド』が“Twitch”にて最も盛り上がったゲームに―2024年リリースタイトルのなかで圧倒的にトップ

  8. ゲームトレイラーと本編の内容が違った…!『メタルギアソリッド2』『Hello Neighbor』他、海外ゲーマーたちの叫び

  9. なにかと嫌われがちなQTE…その中でも最悪のものとは?がっかりラスボスから有名ミームになったものまで

  10. 「悲しいけどテキストだけでRPGのクエストをクリアする人、ほとんどいないのよね!」『The Elder Scrolls Online』ディレクターが海外メディアに語る

アクセスランキングをもっと見る

page top