次世代機戦争の勝者はXbox 360!?米アナリストが五年後を予想 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

次世代機戦争の勝者はXbox 360!?米アナリストが五年後を予想

ニュース 最新ニュース

アメリカの最大手金融グループであるMerrill Lynch(メリルリンチ)のアナリストが、2011年には全世界におけるシェアで[b]マイクロソフトのXbox 360が次世代機戦争を制する[/b]ことになる、というリサーチ結果を公表しています。



米メリルリンチの分析専門家によれば、ライバルに先駆けて発売されたXbox 360が多くのゲーマーへ既に深い根を下ろしていること、また、そこに一歩遅れて出荷台数の少なさや欧州延期の問題を抱えたままロンチされるPS3、この二つの要素が組み合わさることによって、Xbox 360の勝利がより確実なものになると話しています。この分析家のリサーチ結果から明らかになったのは、2011年には北米におけるXbox 360のマーケットシェアが全体の50%に達し、SCEと任天堂がそれぞれ27%、23%と続く(予想外?)の数値です。

また、肝心の日本はどうなるのかというと、北米とはまったく異なる状況になることが予想されており、SCEが[b]57[/b]%、任天堂が[b]39[/b]%のマーケットシェアを制圧し、残ったすずめの涙[b]4[/b]%がマイクロソフト(Xbox 360)に行き渡ることになると言われています。(国内と日本でここまで大きな溝が生じているのは現在もあまり変わらない状況ですが、五年後になっても同じ状態が予想されているのは、日本のXbox 360ゲーマーにとって少々心配な話ですね・・・

最後に、こうした各地域ごとのデータをまとめると、ワールドワイドな各ハードのマーケットシェア分布は、2011年にXbox 360が39%、PS3が34%、Wiiが27%という結果になって、過去に繰り返されてきたような「一人勝ちー」な状況にはならないことが指摘されています。

このリサーチ内容で一つだけ引っかかるのは、アメリカでも日本でもWiiがPS3よりも低いシェアに留まっている理由がはっきりしていないことでしょうか・・・ 非常に気になるので、もし新しいソースが見つかったらまたお伝えするつもりです。[size=x-small](ソース: [url=http://biz.gamedaily.com/industry/feature/?id=14461]GameDaily BIZ[/url])[/size]
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『アサシン クリード オリジンズ』 「隠れし者」1月23日国内配信!本編から4年後が舞台

    『アサシン クリード オリジンズ』 「隠れし者」1月23日国内配信!本編から4年後が舞台

  2. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  3. 映画2作の間を描く「ブレードランナー」VRゲーム『Blade Runner: Revelations』発表!

    映画2作の間を描く「ブレードランナー」VRゲーム『Blade Runner: Revelations』発表!

  4. 『オーバーウォッチ』新マップ「Blizzard World」1月23日入場開始―海外発表

  5. 病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

  6. PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

  7. ヒラメキパズル新作『Scribblenauts Showdown』が海外発表!―今度はみんなでバトルだ

  8. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  9. SIE新副社長にジム・ライアン氏―SIEEプレジデントなどを兼任

  10. 『HOUSE OF THE DEAD』新作プレ・ロケテスト開催決定!セガが誇るガンSTG

アクセスランキングをもっと見る

page top