似顔絵チャンネル『Mii』でいろんな有名人を作成 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

似顔絵チャンネル『Mii』でいろんな有名人を作成

ショーなどでもすっかりおなじみの岩田聡任天堂社長や、宮本茂部長の他、シュワルツェネッガーからブッシュ大統領、サダム・フセイン、金正日(なんて可愛い!)、マイケル・ジャクソンからマリリン・マンソン(!)、果てはスヌーピーのチャーリー・ブラウンまでず

家庭用ゲーム Wii








Wii本体の持っているプレイヤーの分身となるアバター作成機能、似顔絵チャンネル『Mii』で世界中のさまざまな有名人を作ったビデオが公開されました。定番の人物から意外な有名人まで続々と『Mii』にされていますが、どれもみな特徴を捉えつつもWiiらしい、とても可愛いものになっています。


ショーなどでもすっかりおなじみの岩田聡任天堂社長や、宮本茂情報開発部長の他、インドのガンジーからヒットラー、シュワルツェネッガーからブッシュ大統領、サダム・フセイン、金正日(なんて可愛い!)、マイケル・ジャクソンからマリリン・マンソン(!)、果てはスヌーピーのチャーリー・ブラウンまでずらりと並んでいます。

実際に『Mii』で使われてる眉毛や鼻などパーツの構成まで見られるので、これを見ると簡単に真似して作ってみることが出来るのが嬉しいですね。GUIのボタンは大きいですが、まさにマウスのようにスムーズにカーソルを動かして操作してるのも印象的。この有名人作成は日本でも流行りそうです。
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『カスタムロボ』ディレクターが手がける対戦ロボACT『Synaptic Drive』にはSteam版も―プレイ映像も公開!

    『カスタムロボ』ディレクターが手がける対戦ロボACT『Synaptic Drive』にはSteam版も―プレイ映像も公開!

  2. PS4版『PUBG』の存在が韓国ゲームレーティング委員会により判明―海外メディアによる報道

    PS4版『PUBG』の存在が韓国ゲームレーティング委員会により判明―海外メディアによる報道

  3. 『レインボーシックス シージ』カジュアルでもチームキルは30分のBAN―最新アップデートで

    『レインボーシックス シージ』カジュアルでもチームキルは30分のBAN―最新アップデートで

  4. もう一つの地球防衛軍『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』国内向け最新トレイラーが公開!

  5. 『CoD:BO4』ベータ終了直前に「Blackout」モードの最大同時参加プレイヤー数が100名へ増加

  6. 『Fallout 76』チームプレイ時のXP配布やアイテム漁りに関する仕様が公式SNSより一部公開

  7. 『レッド・デッド・リデンプション2』キャラ/ロケーション新情報―厳しい自然に、前作のあのキャラたちも登場【UPDATE】

  8. 『Dead by Daylight』新チャプター「断絶した血脈」は間もなく配信予定!BP2倍イベントの詳細も

  9. 激ムズACT続編『LA-MULANA 2』家庭用ゲーム機版発表!PS4/XB1/スイッチにて2019年春発売予定

  10. 非対称対戦サバイバルホラー『Dead by Daylight』PS4パッケージ版発売決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top