来週のファミ通で、『ロストプラネット』が高評価?日本の360に海外の注目が集まる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

来週のファミ通で、『ロストプラネット』が高評価?日本の360に海外の注目が集まる

海外ゲームニュースサイトのKotakuに、なんとカプコンから[b]ロストプラネット[/b]に対する出来立てほやほやな[b]日本のファミ通クロスレビュー[/b]記事が送られてきたそうで、どうやらハードコアなアクションシューティングとしてはかなりの高評価を獲得しているよ

家庭用ゲーム Xbox360

海外ゲームニュースサイトのKotakuに、なんとカプコンから[b]ロストプラネット[/b]に対する出来立てほやほやな[b]日本のファミ通クロスレビュー[/b]記事が送られてきたそうで、どうやらハードコアなアクションシューティングとしてはかなりの高評価を獲得しているようです。



英語からの転訳なので、実際の内容と異なる可能性もありますが[url=http://www.kotaku.com/gaming/capcom/kotaku-magu-famitsu-hearts-lost-planet-220327.php]元の記事[/url]からそのまま掲載。

[quote]
Xbox360は、確かに強力なラインナップを発展させています。
まったく!あの日本のプレスさえ、唸るほどに。

"
9点―大作SF映画のようなカッコよさ。生き残るためにはエナジーを集め続ける必要があるので、自信がない人はイージーモードで。世界中のプレイヤーと対戦するのはとても楽しそう。

9点―プレイは正統派FPSにとても似ていて、ストレス無くプレイできるゲームバランス。落ちてるものは人間の武器でも乗り物の武器でも使えるのが画期的。バイタルスーツの重い動きはその圧倒的火力とマッチして緊張感を増す。

9点―雪や空の空気感から戦闘まで、このリアリティーは本気にさせる。人によっては操作に最初戸惑うかもしれないが、巨大な敵やロボットとの戦いはとても熱い。ストーリーは最初から最後まで波乱に満ちていている。

9点―武器のバランスがマルチプレイヤー向けに良く調整されるにもかかわらず、ストーリーモードは本当に熱い。雑魚とのバトルは激しくてとても挑戦的、巨大でパターンクリア型のボス達は達成感アリ。
"

日の出ずる国で、ブルードラゴンへの好意的なレビューに今度はロストプラネットが続きます。日本のゲーマー達にとって、Xbox360はこれから無視し続けることが出来るゲーム機でしょうか?[/quote]

ロストプラネットは日本で12月22日に、北米で1月22日の発売予定です。この元記事を信じるならば、実際に[b]来週の週間ファミ通[/b]で掲載されるようです。

海外では先日のブルードラゴン発売の[url=http://www.joystiq.com/2006/12/07/blue-dragon-sets-japan-ablaze/]行列が報じられた[/url]こともあり、以前より体験版がリリースされて以来既に高い前評判を誇るロストプラネットのレビュー内容そのものよりも、日本でもやっと次世代機らしいタイトルが揃ってきたXbox360の日本市場での反応に再び注目が集まっているようです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.kotaku.com/gaming/capcom/kotaku-magu-famitsu-hearts-lost-planet-220327.php]Kotaku[/url])[/size]

[i]ロストプラネット:エクストリームコンディション[/i] 過去の記事一覧
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Fallout 76』2019年のロードマップが発表、春から秋にわたって3つの大規模アップデートを予定

    『Fallout 76』2019年のロードマップが発表、春から秋にわたって3つの大規模アップデートを予定

  2. アクションRPG『Eternity: The Last Unicorn』3月5日より海外で発売!エルフとして平和の奪還を目指す

    アクションRPG『Eternity: The Last Unicorn』3月5日より海外で発売!エルフとして平和の奪還を目指す

  3. 賛歌が鳴り響く『Anthem』が発売開始ージャベリンに乗り込み仲間と戦え

    賛歌が鳴り響く『Anthem』が発売開始ージャベリンに乗り込み仲間と戦え

  4. ロックマンが波動拳?『ストリートファイターV』新コスチュームにリュウの「ロックマン」、さくらの「ロール」など

  5. 『Fallout 76』プレイ時間900時間以上のコアプレイヤーが突如BAN…原因は「弾薬の集めすぎ」?

  6. 『フォートナイト』S7フレンドリーマッチに岡崎体育さんと三代目JSBのELLYさんが参戦!w-inds.橘慶太さんらも出場

  7. 『NieR:Automata Game of the YoRHa Edition』パッケージはオリジナル版とどう違う?並べて確認してみた

  8. 『Anthem』初日アップデートのパッチノート公開、ロード時間改善やPC向け操作改良など

  9. 『Fallout 76』海外プレイヤーが本来は入れないVault 63に迷い込む―BANを恐れるもセーフ

  10. 祝・プレイステーション4国内発売5周年!─公式アカウントが感謝のツイート

アクセスランキングをもっと見る

page top