『Auto Assault』のクリエイターがUnreal Engineを使った新作FPSを開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Auto Assault』のクリエイターがUnreal Engineを使った新作FPSを開発中

映画マッドマックスのような世界観をフィーチャーした異色のMMORPGとしてNCsoftから今年4月にリリースされたAuto Assault。そのクリエイターであるNetDevilが、新作ファーストパーソンシューター(FPS)を開発しているという情報が入りました。

ニュース 最新ニュース
[size=x-small]今ひとつ盛り上がりに欠けたMMORPG Auto Assault・・・[/size]
映画マッドマックスのような世界観をフィーチャーした異色のMMORPGとしてNCsoftから今年4月にリリースされた[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Auto+Assault&kcatid=&x=0&y=0]Auto Assault[/url]。そのクリエイターであるNetDevilが、新作ファーストパーソンシューター(FPS)を開発しているという情報が入りました。



ゲームのタイトル名すらまだ明かされていませんが、AGEIA PhysX物理エンジンとUnreal 3 Engineを使用したかなり大掛かりなプロジェクトで、PhysXを使用した物理表現にはとりわけ力が入っているようです。“破壊可能なマップオブジェクト”と聞くと、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11524]Crysis[/url]でもう先を越されてるよ、と言いたいところですが、開発者の話では、[u]マップ上のあらゆる物体を壊すことができる[/u]のが本作のウリであるとか。一つの例として、敵対キャラクターの立っている天井部分を射撃することで、天井のフロアが崩れ落ちて相手に降りかかる、といった表現も可能になっているそうです。

マップ上の置物が壊せるのってそれほどすごいことなのか?と疑問を持った方もいるかもしれません。言葉ではいまいち説明しきれない部分もあるので、参考にCrysisのデモ映像を一目見ておくことをおすすめします。[size=x-small](ソース: [url=http://www.bluesnews.com/cgi-bin/board.pl?action=postmessage&boardid=1&id=0&threadid=73916]Blue's News[/url])[/size]

Auto Assault過去の記事一覧

(C)2006 NC Interactive, Inc. All rights reserved. Auto Assault, NCsoft, the interlocking NC logo and all associated logos and designs are trademarks or registered trademarks of NCsoft Corporation. NetDevil is a registered trademark of NetDevil LTD. All other trademarks are the property of their respective owners.
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 噂:SIE、「E3 2019」は不参加―関連カンファレンスも予定なし

    噂:SIE、「E3 2019」は不参加―関連カンファレンスも予定なし

  2. 『レインボーシックス シージ』攻撃側オペレーター「Nomad」国内トレイラー!この能力は一体…

    『レインボーシックス シージ』攻撃側オペレーター「Nomad」国内トレイラー!この能力は一体…

  3. 『Fallout 76』2018年11月14日は「再生の日」―ウェストバージニア州が正式に制定

    『Fallout 76』2018年11月14日は「再生の日」―ウェストバージニア州が正式に制定

  4. 娘の為に製作開始された『Battle Princess Madelyn』12月6日発売決定!―日本版はPS4/スイッチを対象に12月20日発売

  5. 『レインボーシックス シージ』防衛側新オペレーター「Kaid」紹介トレイラー!詳細は11月18日に発表

  6. 倒産のTelltale一部タイトルがSteamより削除に―復活などは未定か

  7. 鮮やかな暗殺、再び『ヒットマン2』国内向け発売開始―全てを凶器に変えろ

  8. ナイアンティック新作ARゲーム『ハリー・ポッター:魔法同盟』2019年配信決定─事前登録も受付中

  9. 『Fallout 76』日本国内からのアトムの購入は発売時点で不可能と発表

  10. サバイバルACT『LEFT ALIVE』世界観やシステムの詳細が明らかに―ヴァンツァーの設定も

アクセスランキングをもっと見る

page top